GENERATIONS口パク疑惑?生歌・被せが下手うまい?FNS紅白MステCDTV

ニュース

GENERATIONS口パク疑惑?生歌・被せが下手うまい?FNS紅白MステCDTVについて詳しく画像付きで解説!

2020年の紅白歌合戦にも出演するGENERATIONS!

GENERATIONS公式アカウント (@generationsfext) | Twitter

引用元:GENERATIONS公式サイト

その活躍は近年目まぐるしいです!

歌やダンスの実力や注目度が高い上に毎年出場することが恒例にもなりつつありますね!

それほど実力をつけているということです!

しかしそんな GENERATIONS がまさかの口パクではないかと話題になっています

GENERATIONS口パク疑惑?

実力派ボーイズグループとして名高い GENERATIONS ですが口パクをしているのではないかと話題になっています、、

ジェネレーションズはその歌唱力とダンスパフォーマンス力で注目されています!

実際の動画がこちらです!

確かに歌唱力もダンス力も日本トップクラスですね!

そんな GENERATIONS が日本の音楽番組で口パクをしていたのではないかと言われています、、

SNS やツイッターなどでは口パクという単語がサジェストキーワードになるほど注目されているようです。

サジェストキーワードとは簡単に言うと予測変換のことです。

予測変換されているということはコメントされたり検索されたりしている回数が多いことを証明しています。

実際の口パク疑惑のコメントがこちらです。

確かに内容を見てみても口パクだと思っている人は多いようですね!

実際のところはどうなのか見ていきましょう!

GENERATIONS生歌・被せが下手うまい?FNS・Mステ・CDTV

結論生歌

GENERATIONS の場合はほとんど被せも使うことがなく生歌のパフォーマンスをしています!

ボーイズグループでダンスをしなければいけないのに対してこのような完全生歌は本当に珍しいですね!

一部で「歌っていいない。」「生歌ではないのではないか?」と言われていますが、これはメンバーたちが普段、ステージ以上の練習を積み重ねており本番が練習よりも難易度が高くないために息が切れたり音程がずれたりすることがないのでしょう。

それほど努力しているということですね。。

実際に GENERATIONS は他のグループと違いボーカルとパフォーマーでも分かれています。

ボーカルが口パクをしていたなどわかれば GENERATIONS の今後の活動に大きく影響しますね、、

そういったリスク追ってまで口パクするとは到底思えません。

そのことからも GENERATIONS は口パクではなく生歌を歌っていると考えられます!

実際の GENERATIONS の生歌がこちらです!

どう聞いても生歌で本当に魅力的な声をしていますね。。

確かにあまりにも上手すぎて生歌ではなく口パクだと思っても仕方がありません、、

確かに近年口パクでは一切ない人であっても口パクだと言われることが多くあります…

アーティストグループや特にアイドルグループのなどはどんなに上手くて、音源がなかったとしても口パクだと言われてしまいます。

その例が BTS です。。

BTS (音楽グループ) - Wikipedia

BTS は明らかな口パクではない生歌でも口パクだと言われてしまいます。。

メンバーがそれが嫌でわざと歌詞を歌わなかったり、合いの手を入れたりとしていることから口パクではないことは少し考えれば分かることではありますがファンでもない人が基本的には口パクだと言っているのでそこまで詳しく調べたり被せだと思う思考がないのだと考えられます。

なのでファンは気にすることなくこれからも応援していきましょう!

批判されるのはファンにとっては本当に嫌なことではありますが人気であればあるほど注目がされていればされているほど批判が多いのは統計学的にも出ています。

あの鬼滅の刃でおなじみのLiSAですた、ピアノ演奏にもかかわらず、口パクといわれています。

LiSA - Gurenge (紅蓮華) / THE FIRST TAKE - YouTube

ピアノ演奏で口パクはどう頑張っても歌手声明を終わらせかねないリスキーなむしろ、生歌よりも難しいことだとかんがえられます。

このことからもわかるように、人気歌手であればほぼ100%口パクといわれます。

これからも一緒に気にすることなく日向坂46を応援していきましょう!

◆◆◆ご愛好感謝◆◆◆

※読者様の報告のおかげで、記事のタイトルや構成・文章内容の類似記事を摘発することができました。

改めて感謝申し上げます。

また何か問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡下さい。

また摘発の内容に関しても、第三者機関と相談の上、公開・報告させて頂きます。

今後ともご協力宜しくお願い致します。

今後も最新情報やお役立ち情報を
お届けしたいと思いますので
見逃したくない方は Twitterの
フォローしていただければと思います。
正確な『KPOP』の情報を
出来る限り早くお伝えします(^^♪
【ANSER】の
運営者のツイッターはこちら↓
ゆずるのツイッター
最後までお読みいただき
ありがとうございました!
ニュース
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました