オーマイボス恋は別冊で原作は韓国ドラマ?パクリ疑惑やプラダを着た悪魔など内容やタイトルが似てる?

ニュース

オーマイボス!恋は別冊で(ボス恋)の原作は韓国ドラマ?パクリ疑惑やプラダを着た悪魔など内容やタイトルが似てる?について詳しく画像付きで解説!

2021年1月12日から始まる新ドラマ『オーマイボス!恋は別冊で』の原作が韓国ドラマやパクリ疑惑などと話題になっています!

カンタンなあらすじ…

「自分にとって本当に大切なもの」を見つける主人公・平凡女子の成長物語。

“普通が一番!超安定志向”の平凡女子の主人公の奈未(上白石萌音)が、冷徹ドSの鬼上司・宝来麗子(菜々緒)がいる戦場のようなファッション雑誌編集部に飛び込み成長するお仕事ドラマ&ラブコメディー。

実際に原作はどうなのか見ていきましょう。

【ボス恋】原作は韓国ドラマ?

結論:ドラマオリジナル脚本だか
韓国ドラマのタイトルや内容の類似は本当

結論にもあるようにボス恋は、韓国ドラマのリメイク版や原作でもなくオリジナル脚本のようです。

脚本を担当したのは田辺茂範(たなべ しげのり)さんでかなり有名な日本の脚本家の方です!

過去の作品は『美食探偵 明智五郎』『レンタルの恋』『女子高生の無駄づかい』『インハンド』『まだまだ恋はつづくよどこまでも』となっており前回上白石萌音ちゃんと佐藤健さんが出演していたドラマの脚本も手掛けています!

韓国に親しい人なのかも調べてみましたがそういったことではないようです!

それでも「原作は韓国ドラマなのではないか?」

と「韓国ドラマと似ている」とかなり話題になっているようです!

実際の SNS のコメントなど反応を見てみましょう。

確かにかなり話題になっているようですね!

内容だけではなくタイトルもかなり類似するものがあると話題になっているようです。。

それではどういったものが内容が似ていてタイトルが類似しているのか詳しく見ていきましょう!

【ボス恋】原作のパクリ疑惑は?プラダの内容やタイトルが似てる?

ひとつずつタイトルが似ているものと内容が似ているものとで分けて解説します。

タイトル類似①オーマイビーナス

タイトルの「オーマイ」という部分が確かに類似していますね。

なかなかかぶるような内容でもないことからここまで話題になっているのだと考えられます。

しかし内容に関してはラブコメという部分は一緒ですがそれ以外内容は違います!

ただ、SNSではかなり話題になっているようです!

タイトルと内容が類似②ロマンスは別冊付録

ロマンスは別冊付録 - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 | Filmarksドラマ

こちらに関しては「別冊」という単語が似ているだけになります。

確かにこちらもあまり使われるドラマのタイトルではないことから似ていると言われてもおかしくありませんね。

こちらに関しては、内容も少し類似しています。

というのも人気作家つおコピーライターの優しく温かいラブストーリーになっており出版社が舞台となっています。

今回のボス恋に関しても出版社が舞台であることから少しだけ似ている部分も確かにありますね。

内容類似①彼女はキレイだった

こちらは内容が、似ていて主人公がファッション誌の編集部で働くことになるという部分とド S 副編集長の男性などがかなり似ています。

明らかにパクリとは言えませんがパクリ疑惑が出てもおかしくない内容には確かになっています実際にこちらはかなり韓国でも高視聴率をたたき出しましたが日本でも見られるほどの有名作品です!

一度見てみてもいいかもしれませんね!

SNSでもかなり話題になっているようです。。

内容類似②プラダを着た悪魔

Amazon | プラダを着た悪魔(特別編) [DVD] | 映画

こちらは韓国ドラマや映画ではありませんが世界的にヒットした映画です。

説明は不要かもしれませんがファッションという部分と上司が怖いという部分で類似していますね。

因みにプラダを着た悪魔の映画の内容や展開を簡単にまとめるとこちらです。

①いもっぽい女が一流デザイナーの雑用係に
②垢抜け厳しい一流デザイナーも認めるように
③仕事は順調だがパートナーをおろそかに結果別れる
④仕事は上手くいってるがこのままではいけないと辞める
⑤次の職場へ面接前職での辞め方から悪い評価をされると思いきや一流デザイナーから絶賛のコメントのおかげで合格新しい道へ
⑥街で2人がすれ違うも気にせず2人は歩く一流デザイナーはにこやかに…

最初の設定に関しては本当に似ていますね。

実際に上司が人使いが荒く厳しいところも似ています。

今後の展開も類似することがあるようなのであればこのような展開になることでしょう。

①上白石萌音が気持ちを入れ替え菜々緒に認めてもらえるよう努力するように(同時に玉森裕太との関係も良好に)
②その後上白石萌音の垢抜け、働きぶりが良くなり菜々緒も認める存在に(反対に玉森裕太とはかけが悪くなる)
③このままでいいのか考えた結果会社を辞めることに(玉森裕太との仲は回復)
⑤次の職場へ面接。前職での辞め方から悪い評価をされると思いきや菜々緒から絶賛のコメントのおかげで合格新しい道へ
⑥街で2人がすれ違うも気にせず2人は歩く菜々緒はにこやかに…
かなりあり得そうな展開ですね。。

以上のように完全に一致しているものではないようですが所々に居ていると思われても仕方ない言えないようなことはかなりあるようです。

実際に最も『プラダを着た悪魔に似ている。』

『プラダを着た悪魔のパクリ。』という声が多かったです。

SNSでは『ボス恋』と入力すると『プラダを着た悪魔』と出てくるほど、注目されていました。

それほど検索されたり、コメントされたりしているのだとかんがえられます。

実際のコメントがこちらです。。

しかしすでに出ているドラマや映画があまりにも多すぎることからこれから出るものはすべてこのようにパクリ疑惑が出てしまいます!

実際に内容を見てみて間違いなく同じようなストーリーであればパクリと断定してもいいかもしれませんがおそらく違う部分が多いと考えられるのでまだまだパクリ疑惑を確定させるには早いでしょう!

また脚本家に関しても有名な脚本家であることからパクになどをすることがなくオリジナルな部分が数多く出てくると考えられます。

完全に新鮮味のある新しいものというわけにはなかなかいきませんがオリジナル部分を楽しみましょう!

最後にボス恋のあらすじや出演者など相関図にまとめて解説します!

あらすじや出演者の相関図まとめ

相関図がこちらです!

画像
引用元:TBSボス恋公式サイト

そしてあらすじがこちらです!

 東京で暮らす幼馴染で片思い中の日置健也 (犬飼貴丈) を追いかけ、地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未 (上白石萌音) 。安定志向の奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることに。面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから潤之介 (玉森裕太) と知り合う。あるアクシデントに見舞われるが、潤之介との運命的な出会いによって、なんとか面接を乗り切った奈未は、無事採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

 初出社当日、社内で迷子になってしまった奈未は、通りかかった宇賀神慎一 (ユースケ・サンタマリア) に助けてもらい、無事に編集部に辿り着く。そこでは編集部の面々が慌ただしく荷物を移動しており、何も分からないまま立ち尽くす奈未は、やって来た上司の半田進 (なだぎ武) から急いで青山へ行くように命じられる。

 指定されたレストランに着くや否や、ある女性から大量の荷物を持つよう言われる奈未。やっとの思いで編集部に戻ると、そこには中沢涼太 (間宮祥太朗) や和泉遥 (久保田紗友) 、和田和美 (秋山ゆずき) 、加賀栞 (太田夢莉) をはじめとした編集部のメンバーが勢揃いしており、その中心には先ほどの女性・宝来麗子 (菜々緒) の姿も。奈未は、麗子が新たに創刊したファッションモード誌「MIYAVI」の編集長であることを聞かされるのだった。

 そして、事態が飲み込めない奈未に与えられたのは、その超ストイックな編集長の雑用係という仕事で…。

引用元:TBSボス恋公式サイト

ボス恋がつまらない?面白い?視聴者の評判は…

【ボス恋】つまらない・面白くない【3つの理由】パクリ疑惑や面白い絶賛?

◆◆◆ご愛顧感謝◆◆◆

※読者様の報告のおかげで、記事のタイトルや構成・文章内容の類似記事を摘発することができました。

改めて感謝申し上げます。

また何か問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡下さい。

また摘発の内容に関しても、第三者機関と相談の上、公開・報告させて頂きます。

今後ともご協力宜しくお願い致します。

今後もお役立ち情報をお届けしたいと思います!

見逃したくない人はTwitterのフォローしていただければ確実に情報を知れます!

正確な情報を出来る限り早くあなたにお伝えします(^^♪

当サイト【ANSER】の運営者のツイッターはこちら↓

ゆずるのツイッター

最後までお読みいただきありがとうございました!

ニュース
ANSER
タイトルとURLをコピーしました