プデュ【JO1】アンチはなぜ止まらない?批判が集まる【3つの理由と対策】

引用元:https://tower.jp/article/news/2019/12/12/tg008 タワーレコード オンライン プデュ
引用元:https://tower.jp/article/news/2019/12/12/tg008 タワーレコード オンライン
スポンサーリンク
このサイトでわかること
①アンチスレの内容
ファンのみんなの反応
③批判が集まる3つの理由と対策
2019年12月11日幕張メッセにて
『PRODUCE 101 JAPAN』の
最終メンバーが発表されました!
 
『PRODUCE 101 JAPAN』とは、
101人の候補生から、ファン投票で、
上位11人デビューすることが
できるというオーディションです!!
総得票数は324万2751票という
とんでもない盛り上がり!!!
そんなJO1を批判する
アンチスレが酷すぎる!
その内容や対策など詳しくご紹介!
ファンのみんなの反応をまとめました!
 
その前にJO1のプロフィールを
簡単にご紹介しておきます!
スポンサーリンク

JO1のプロフィール

グループ名 JO1(ジェイオーワン)
結成日   2019年12月11日
事務所 LAPONE ENTERTAINMENT
(吉本興業と韓国のCJ ENMの合併会社)
引用元:ツイレポ

引用元:ツイレポ

さすが、約6000人の応募者の中から
選ばれた11人だけあって、皆さん
そう見ることのできないイケメンですね(^^♪

アンチスレの内容

誹謗中傷が犯罪レベル
ブサ●ヲタ
泥舟出航
●●は水死体みたい
解散しろ!
消えろ!
黒丸には、個人を特定できるような
名前を記入し、本当にひどいことが
書かれています…
上記の内容は、
名誉毀損罪や侮辱罪、脅迫罪、
業務妨害罪などに当てはまり、
会社に所属している人は
バレてしまうとほぼ間違いなく解雇
されてしまいます…
学生や未成年でも将来に間違いなく
メリットはなく、デメリットしかなく
悪影響しかありません。

皆の反応

批判が集まる3つの理由と対策

【売名・炎上商法】
大きな波に乗り、自分が有名になったり
認知されたいと思うがために、
思ってもないことでも
発言してしまうことが多くあります…
まず認知されることが大切という
考えから行われる戦略ですが、
その認知は長くは続かず、現在では
なかなか通用しなくなってきています!
【嫉妬・現実逃避】
批判している相手が
自分にないものを持っており、
羨ましさや、妬みから
『自分はできていない…』
『私は成功していない…』など
考えたくない!!!と思い
自分を肯定し、守るために
相手を批判して
『自分は悪くない』『相手がおかしい』
と攻撃的になってしまいます。。
【承認欲求を満たし優越感を得たい】
『有名な人にこんな反論ができる!』
『批判することでその批判に同調して
自分を認めてくれる!』という承認欲求を
満たして、優越感などを感じたいがために
批判してしまうのです。
芸能界の人たちは、イメージが大切なことから
なかなか誹謗中傷されても、
反論ができなかったり、
訴えうことが難しい現状です。
ジャニーズ事務所やディズニーは
その辺を徹底しておりますが、
なかなかこうはいきません…
【ファンができる2つの対策】
①相手にしない
批判してしまう理由の3つともに
言えることは、
『とにかくかまってほしい』
ということです。
その相手のお願いに答えてしまうと
批判している人は、もちろん嬉しく
なってしまいます…
もっと過激なことで攻撃し始めてしまい
ファンも批判されしまっている人も
無駄な力を使ってしまうことになるので
相手にしないようにしましょう。
しかし、あまりにひどい内容は、
直接相手はせずに、
②通報することが良いです。
直接相手をしたいところですが、
それでは相手方の望み通りに
なってしまいますので、
そのアンチや酷いことを言っている人が
利用している媒体に通報しましょう!
アンチや酷いことを言うことに時間を
かけている人に自分の媒体を持っている人は
なかなかいません…
大多数が『Twitter』や『YouTube』などの
媒体を利用して批判しているので、
運営側に通報し、対応してもらいましょう!
すぐには対応することは
ないかもしれませんが

通報の声が大きくなれば
運営側が対策していくことでしょう!
『出る目は打たれる』
いつも注目の的となっている
人やぐるーグループはあること、
ないことを書かれ、毎度本当に、
大変な思いをしているかと思います。。。
今後も時代の一線を行くグループとして、
険しい向かい風があることでしょう(*_*)
陰ながら応援しています(#^^#)
 
最後までお読みいただき
ありがとうございました!
こちらの記事もお見逃しなく!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました