Ado新曲歌詞【意味考察】踊りやボクシングではない!作詞作曲は誰?

ニュース
Ado(アドさん)新曲歌詞【意味考察】踊りやボクシングではない!作詞作曲は誰?について詳しく画像付きで解説!
このサイトで1分で分かること!
✅歌詞【意味考察】踊りやボクシングではない!
✅作詞作曲は誰?

Ado新曲歌詞【意味考察】踊りやボクシングではない!

結論:踊ろうテンション上げていこうという楽曲ではない
→ボカロの文化が広がり、ボカロ=オタクやボカロ=マイナーの時代は終わった!これからもやってやるぞ!と言う楽曲
歌詞の解説に入る前にこの楽曲の作成の背景を見るとわかりやすいです。
今回の楽曲は5月9日スタートのNHK「夜光音楽 ボカロP 5min.」(日曜深夜0・35)のテーマ曲に起用されることになっています。
そして、この番組の主題歌として作られた楽曲だと考えられます。
ちなみに「夜光音楽 ボカロP 5min.」は、合成音声技術のボーカロイドを使って楽曲制作をしている音楽プロデューサー「ボカロP」にスポットを当てた番組です。
そのことから考えても今回の楽曲は「ボカロの文化が広がってきて、やってやるぞ!と言う楽曲」という意味が込められています。
djの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
「踊」は作詞したDECO*27(デコ・ニーナ)氏で、作曲したGiga氏が楽曲提供しています。
ボカロPで知られる楽曲制作のプロです。
そんな人たちが今までのボカロ文化とは違うぞ!!!
今までは日陰者だったボカロの文化は、これからは表舞台の最高峰だ!!!
といわんばかりのメッセージのこもった楽曲になっているとかんがえられます!
詳しくなぜそうなるのか、詳しく解説します!

Ado新曲歌詞【意味考察】

最初の一行目から半端なK.Oという歌詞から入っており明らかにボクサー関係の楽曲であることが分かります。

しかしここで伝えたいのは同然ボクシングのことではなく中途半端ならやっていないと言う気持ちが最初からこもっているのだと考えられます。

こちらではつまらない日常で自暴自棄に落ち込んでおり悪いこともしていたがそういった日常はもういいかという始まりの助長を描いています。

そしてボカロという文化に足を踏み込みそこでブランドも何もない中ひたすら頑張り上を目指していった背景がこの文章からわかります。

この繋がらを一人より二人というのは同じ考えの志を持った人と一人でも多く繋がったら勝ちや連帯感を連想させているようにも思えますがただ単純におそらく自分のことをフォローしてくれる人が一人一人増えていったら安心で勇気が持てたと言うことを言っているのだと考えられます。

ちなみにここでの仲間はボカロ仲間ということの考えの方が大きいでしょう。

そしてボカロの文化はみんなで協力すれば日本という閉鎖的な音楽文化の中でもすぐに注目される!

みんなでボカロの文化を一気に浸透させるという気持ちが込められています。

 

暗転パーティーというところがかなり注目される歌詞になりますね。

そもそも暗転というのはガラッと変わるという意味を表しています。

そこでのこの背景としては今までボカロという文化が陰に隠れていて明らかにマイナーな文化であり、大勢で楽しむものというよりも孤独に楽しむことの方が多かった文化でもあります。

それが完全に逆転して今では米津玄師やヨルシカ、YOASOBIなど多くのボカロ出身が活躍して注目を浴びる世界になり楽しくなってきたということを表しています。

ここからは視聴者の目線です。

一番に関してはボカロ P の文化を広げている人たちからの目線でしたがそれを聞いている人たちの目線にガラッと変わります。

今までボカロ愛して見ていた人たちはどこか劣等感を感じて押さえ込むところがあったことをここで表現しています。

そして抑えなければいけない感情にテンションが上がったり下がったりする事からかなり視聴者も答えていることをここで表現しています。

今までは表にボカロが好きという風に言うことが出来ずに別には興味はない特に関係ないということで感情を抑え込んでいたがそういった拒絶はもう必要なくなりこれからもっと盛り上がって騒いで行こうと言う意味が込められています。

そして最後サビで閉まります。

ここもほとんど同じ意味で一番と違う点といえば最後のここらでバイバイというのは一番のサビの内容としてはボカロという文化をマイナーと呼んでいた時代が終わりこれからは俺らの時代だだから今までの自分たちのマイナーな部分にさようならとと言っているのに対して最後のサビに関しては楽曲自体が終わることを表しています。

以上のように見ていただければわかるように完全に今回の楽曲に関してはテンション上げていこうぜ踊ろうぜという意味やボクシングをしていて、会場を沸かせる俺の力を見てくれという意味ではありません。

ミュージックビデオや歌詞だけを見ていると確かにそういった考えにもなる部分もありますが作った作詞者の背景やこの楽曲が使われているのはどの主題歌なのかというのを詳しく見ていくと今回の楽曲の魅力がさらには買って行きますね。

確かに今回の楽曲が伝えている通り今までボカロというのはマイナーな文化でしたが今では日本のトップを牽引する文化になっていますね。

今では誰もがボカロに対して批判的であったりマイナーだと思っている人はいないでしょう。

そういったことを今回改めて伝えてくれている楽曲になっているのだと考えられます。

本当にボカロという文化を愛してボカロという文化を広げてきた人の作詞であることから魅力がストレートに伝わってきますね。

しかし今回の内容に関してあまりにもストレートに貸家ミュージックビデオに出てしまうと魅力を感じないと思ってしまう人も一部で入るかもしれないのでそれをより多くの捉え方ができるような楽曲の編成やミュージックビデオの構成になっているのだと考えられます。

もちろん楽曲の捉え方などに関しては人それぞれでいいのだと考えられますがより正確な楽曲の内容を知りたい時はその楽曲が作られた背景を見ると更に深く読み取れるのでおすすめです!

最後にネットの反応についてみていきましょう 

ネットの反応

Adoさんのが良すぎる。何がいいって、Adoさんの歌唱力を究極にひきだす歌詞と音。うん、良い。

ado様のが、歌詞、メロディー、アニメーションなどなど、そして難易度も神すぎて脳みそ震えた。

 

やば…

 

Gigaさんのセンス

TeddyLoidさんのアレンジ

Adoさんの歌唱力

DECOさんの歌詞センス

かゆかさんの神イラスト…ect

Adoの新曲「」 今までの3曲とはリズム感が違ってラップ調だったり、K-popの要素も取り入れているように感じたわぁ

 

めちゃくちゃパリピ感があるカッコいいリズムでめっちゃいい!

 

ただ僕が読解力が無さすぎて歌詞意味全然理解できなかったから誰か教えて〜

ネットの反応にもあるようにかなり今回の楽曲に対して魅力的に感じている人は多いようですね。

今までのアドさんのイメージとは少し違った楽曲になっていることから抵抗もある人はいるのかもしれませんが早退で現任はかなり魅力的に感じている人が多かったように感じます。

今後の活躍もさらに楽しみですね!

◆◆◆ご愛顧感謝◆◆◆

※読者様の報告のおかげで、記事のタイトルや構成・文章内容の類似記事を摘発することができました。

改めて感謝申し上げます。

また何か問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡下さい。

また摘発の内容に関しても、第三者機関と相談の上、公開・報告させて頂きます。

今後ともご協力宜しくお願い致します。

今後も最新情報やお役立ち情報を
お届けしたいと思いますので
見逃したくない方は Twitterの
フォローしていただければと思います。
正確な情報を
出来る限り早くお伝えします(^^♪
【ANSER】の
運営者のツイッターはこちら↓
ゆずるのツイッター
最後までお読みいただき
ありがとうございました!
ニュース
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました