奥川恭伸の実家(家族構成)は?兄が結婚で母親父親がバトミントンの代表?

ニュース
奥川恭伸の実家(家族構成)は?兄が結婚で母親父親がバトミントンの代表について詳しく画像付きで解説!
東京ヤクルトスワローズの投手である奥川恭伸さん。

引用:ベースボールキング

2019年のドラフトで一位になったことをきっかけにプロ入りした現在20歳の若手選手で150キロを超える力のあるストレートが特徴の選手です!
奥川さんは小学校4年生の時に野球を始め、高校生の時に甲子園に二度出演するなど数々の経歴を持っています。
また、奥川さんの初年度の年俸は1600万円だそうです!
若手選手とは思えない金額ですね!
今回はそんなヤクルトの若手選手・奥川恭伸さんについて紹介していきます。
・このサイトでわかること
実家はどこ?
実家の家族構成は?
兄が結婚?
母親父親がバトミントンの代表?

実家はどこ?

奥川さんは2001年4月16日生まれ、身長は181㎝、体重は78㎏で実家は石川県かほく市にあります。

特に商売などはしていない一般家庭のようです。

引用:コトバンク

かほく市は能登半島の西側の付け根にある人口3万4000人ほどの小さな町です。

そんなかほく市から同年、奥川恭伸さんと現在読売ジャイアンツでキャッチャーを務める山瀬新之助さんがプロデビューを果たしました!

週刊:ベースボールONLINE

ポジションはピッチャー。

身長178㎝、体重89㎏と大きな体が特徴的で低い軌道から猛烈なスピードで二塁へ到達する送球が持ち味の選手です。

山瀬さんは奥川さんが野球を始めた小学校4年生から高校までバッテリーを組んでいたようです。

現在二人は別々のチームで活躍していますが、とても仲がよかったのですね!

小さな町から二人のプロ野球選手がほぼ同時にデビューするのはすごいことだと思います。

そんな小さな町・かほく市にある奥川家の家族構成はどのようになっているのでしょうか?

奥川恭伸の実家の家族構成は?

奥川さんの家族構成はこちらです。

隆(たかし)さん
真由美(まゆみ)さん
圭崇(けいしゅう)さん

奥川家は四人家族のようですね!

恭伸さんは現在プロ野球選手として活躍していますが、ほかの家族の方はスポーツ経験があったのでしょうか?

奥川さんは一体どのような環境で幼少期を過ごしたのでしょうか?

兄の圭崇さんから順に紹介をしていきます!

兄が結婚?

結論:結婚している可能性は低い

兄の圭崇さんは奥川さんの7歳年上のようです。

圭崇さんは高校時代は金沢市立工業高等学校野球部で内野手といて活躍していました

奥川さんはよく圭崇さんが野球をする姿を眺めるために3歳から野球場に通っていたそうで周りからは「野球少年」と呼ばれていたようです。

奥川さんは野球をする兄の姿に憧れて野球を始めたのかもしれませんね!

そんな圭崇さんは現在プロ野球選手ではなく消防士として活躍しています!

消防士はとても体力が必要で過酷な訓練をしているというイメージがありますが、野球の経験がある圭崇さんには向いていそうな職業ですね!

ちなみに兄・圭崇さんの結婚についての情報は見つかりませんでした

なので結婚しているかどうかはっきりとは分かりませんが、結婚しているという噂がない消防士という過酷な職業に就いているということから結婚している可能性は低いと考えられます。

高校時代に野球の経験があった圭崇さん。

ご両親にもスポーツの経験はあったのでしょうか?

母親父親がバトミントンの代表?

結論:母親とバトミントンをしてた※代表ではない!
父の隆さんは兄の圭崇さんと同じ金沢市立工業高校の野球部で主将を務めていました。
奥川さんや圭崇さんと同じく野球経験者だったようですね!
隆さんは幼少期の奥川さんについてこのように語っています。
「私は野球をやっていたので、小さいころには基本的なことを教えた記憶があります。
小学生の頃は打撃が大好き。毎日自宅でスポンジボールを打っていました。」引用:サンスポ
奥川さんは幼少期に父親から野球の指導を受けていたようですね!
そんな父・隆さんは現在、試合のたびに奥川さんの応援にかけつけているようです。

引用:朝日新聞デジタル

息子思いでとてもいいお父さんですね!
一方母の真由美さんはバドミントンの経験者でした。
母・真由美さんは小学校から高校までと地元の事業団チームで約十二年間バドミントンをプレイしていたようですが、バドミントンの選手ではなかったようです。
当時小学一年生だった奥川さんはそんな母・真由美さんとよくバドミントンをプレーしていたようです。
真由美さんはこのことについて以下のように語っています。
「バドミントンのラケットの使い方は、ピッチャーの肘の使い方ととても似ているんです。
ラケットは構え方が横ですが、肘を前に振り下ろす動きがピッチャーと同じ。
(右投手の場合は)ラケットを振った時の足の使い方は逆になるのですが、投げるポイントは一緒なのかなと思っていました。」引用:ヤキュイク
また、奥川さんも「ラケットを振る中で自然と肘の使い方や腕の振り方が身についた。」といっています。
野球とバドミントンは一見、関連性のない競技のように思えますが幼少期のバトミントンの経験が現在の奥川さんのプレーに生かされているようです。
母親も息子に対してスポーツの指導を行っていたようですね!

まとめ

今回はプロ野球選手である奥川恭伸さんの家族について紹介しました。
奥川家は父と兄が野球経験者、母がバドミントン経験者というスポーツ一家でした。
きっとご両親のスポーツの才能が奥川さんに引き継がれているのだと思います。
奥川さんの家族は幼少期にスポーツ面で様々な指導をし、現在は試合の応援に行ったり生活面のサポートをしています。
奥川さんはとても良い環境で育ったようですね!

引用:週刊ベースボール

現在高い注目を集めている選手である奥川恭伸さん。
まだ20歳と若い彼の今後の活躍に期待していきましょう!
最後にネットの反応について見ていきましょう!

ネットの反応

やはりかなり注目されているのがわかりますね!

今後の活躍にも注目していきましょう!

◆◆◆ご愛顧感謝◆◆◆

※読者様の報告のおかげで、記事のタイトルや構成・文章内容の類似記事を摘発することができました。

改めて感謝申し上げます。

また何か問題がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡下さい。

また摘発の内容に関しても、第三者機関と相談の上、公開・報告させて頂きます。

今後ともご協力宜しくお願い致します。

今後も最新情報やお役立ち情報を
お届けしたいと思いますので
見逃したくない方は Twitterの
フォローしていただければと思います。
正確な情報を
出来る限り早くお伝えします(^^♪
【ANSER】の
運営者のツイッターはこちら↓
ゆずるのツイッター
最後までお読みいただき
ありがとうございました!
ニュース
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました