山口壮大のオリンピックデザインがださい?良い?感想や評判評価じゃっぷブランドとは?

ニュース
山口壮大のオリンピックデザインがださい?良い?感想や評判評価じゃっぷブランドとは?について詳しく画像付きで解説!
このサイトで1分で分かること!
✅山口壮大のオリンピックデザインがださい?良い?
感想や評判評価は?
✅じゃっぷブランドとは?

2021年開催の東京オリンピックのデザイナーとして注目されている山口壮大さん。

そんな山口壮大さんのデザインが話題になっています!

山口壮大はオリンピックデザイナー?

今回東京オリンピックの衣装を制作した山口壮大さんが注目されています。

その今までとはかけ離れた日本の衣装に SNS でもかなり衝撃的に思っている人も多いようです。

実際に今まで日本が世界に発信してきた衣装とは異なるため賛否両論があるようですね。

ちなみに山口壮大さんとはどういった人なのかと言うとプロフィールを簡単にまとめるとこちらです

名前山口壮大(やまぐち そうた)
年齢39〜40歳(2021年現在)
生年月日1982年
出身地愛知県常滑市
家族4人家族
職業デザイナー
一部では今回のデザインから韓国人なのではないかという風に言われたり反日の人なのではないかという風に言われていますが実際にそういった事実は確認できていません。
 
それでは今回のオリンピックのデザインの感想や評価についてみていきましょう。

山口壮大のオリンピックデザインの感想や評判評価は?

今回山口壮大さんが手がけたオリンピックの衣装のデザインについて批判的に思っている人のかなりいるようですが絶賛している人もやはり一部ではいるようです。

実際の SNS のコメントがほちらです。

否定的な意見

SNS などのコメントを見ていただくと分かる通り今回の衣装についてあまり面白くないと思っている人も多いようですね。

実際今回の衣装がかなり今までとは違う洋風と和風を掛け合わせてどちらかと言うと洋風の海外チックな衣装になっていることから違和感を感じてしまっているものだと考えられます。

それでは反対に絶賛しているコメントを見ていきましょう。

肯定的意見

肯定的な意見を見ていただくと分かる通り今回の衣装に対して絶賛している人や擁護している人もかなり多いようですね。

デザイナーというのはやっぱり新しいものを生み出していかなければ終わってしまう生き物なのでもちろん伝統ということを大事にしながら少しずつ違いも出していく作品を出して行かなければいけないことからこのように今までにない作品が描かれたのではないかと考えられます。

それではなぜ一部ではダサいや面白くない風に言われるのか理由についてみていきましょう。

山口壮大のオリンピックデザインがださい?

SNS のコメントにもあるようにくださいというふうに批判的なコメントや反日なのではないか韓国人よりの衣装なのではないかという風に言われている理由としては、やはり日本といえば着物というイメージがあることからそこからかけ離れた以上になっていることと韓国の民族衣装に似ているので違和感を感じる人も一部ではいるのだと考えられます。

確かに日本の衣装と言われると少し今までと違うので違和感はありますがこれもまた魅力的ですね。

批判的なコメントをしている人の意見を十分にわかります。

確かに最近では韓国の文化が日本にかなり浸透していることから違和感を持つ人も多いのだと考えられます。

最近ではアイドルといえば日本のアイドルというよりも韓国のアイドルという人も多いことや日本の音楽番組やバラエティ番組にも韓国人が出ていることが多いのでどこか違和感を感じている部分が今回爆発した部分も少なからずあると考えられます。

しかしこのように批判的なコメントばかりではありません。

山口壮大のオリンピックデザインが良い?

SNS の他の反応を見ていただくと分かる通り絶賛している人や今回の衣装に関して擁護している人もたくさんいます。

やはりデザイナーという人や衣装について深く理解のある人は今回の衣装に関しても寛大に魅力的に感じている人は多いようです。

山口壮大さんの経歴についてみていきましょう。

山口壮大の経歴は?

出身:愛知県
ヴィンテージの店のスタッフ
セレクトショップ『ミキリハッシンをオープン』
パルコに『テナントショップパルコをオープン』

このようにまだまだ年齢は若いにも関わらず多くの事業に手を出しデザイナーとしてその才能を発揮しているようですね。

元々はスタイリストを目指していた山口壮大さん実はあの一流スタイリストの北村道子さんの弟子になりたかったようです。

しかし制作がメインのスタイリングだったため断念しヴィンテージを扱うショップの店員になりました。

アパレルショップの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

その後、自身がオーナーとなってセレクトショップ『ミキリハッシン』をオープンしました。

さらに、その後にはそのデザイン力が買われて、パルコにチームラボとコラボしたショップ をオープンさせました。

よく SNS でも話題になっています。

実際の住所がこちらです!

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目42−1

いいものを選んだのではなく上位のランダム3つがたまたま、

どんどん活動の幅を広げていった山口崇台山今後は世界を目指すようです。

そして2021年、世界に発信することができる東京オリンピックの表彰式の衣装も手がける人物にまでなったようです。

素晴らしい経歴を持っていますがその経歴は順風満帆というよりも挫折しながらも努力していたことがわかりますね。

それでは学歴についてみていきましょう。

山口壮大の【学歴】wikiプロフ!

結論:文化服装学院卒業

結論にも書いてあるようにどうやら大学の『文化服装学院』を進学し卒業しているようです。

山口壮大さんは本当に優れた学生だったようで第22期学院長賞受賞しています。

この賞は言うまでもなくその学校で最も優れているデザイナーとしてのポテンシャルのある人に与えられる賞となっているので大学生の頃からそのデザイン力は買われていたことがわかります。

この時、賞を勝ち取ったテーマに関しても現在のようにかなり今の着物などとはかけ離れた現在のような衣装だったようです。

その衣装もみんながスーツを作るなか和風と洋風を組み合わせた晴れ着を作り、その独特な感性が評価され賞を受けました。

今回の衣装に関してもその成功体験があったからこそこのような衣装が作られた可能性が高いですね。

山口壮大さんの卒業した中学校や高校に関しては不明で明確にはわかっていません。

しかし大学の文化服装学院に関しては特に頭が良く偏差値が高くなければいけないという学校ではないためもしかすると超高学歴というわけではない可能性が高いですね!

このような経歴があることから今回の衣装のような作品が生まれたのかもしれませんね。

これからも山口壮大さんの活躍を応援し注目していきましょう!

ニュース
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました