久保建英の号泣の【3つの理由】泣いた感動の本当の原因は吉田麻也?オリンピックだから?

・このサイトで1分でわかること
✅日本代表のオリンピックで久保建英の号泣の【3つの理由】
✅感動の泣いた本当の原因は吉田麻也?

久保建英の号泣?

東京オリンピック2020惜しくもメダルを獲得できなかった日本代表。。

残念ながら3位決定戦で予選リーグで勝つことのできたメキシコに負ける展開になってしまいました。。

元々メキシコは優勝候補でもあり毎年メダルを獲得していることから勝利することが難しいのではないかと言われていた中で予選リーグで勝利したことから相当な悔しさもあったのだと考えられます。

実際にネット上でも久保君が試合終了時泣き崩れていたことで感動し話題になっています実際の SNS のコメントがこちらです。

ネット上でもかなり話題になっているのがわかりますね。

それではなぜ久保選手がここまで合計したのか理由についてみていきましょう!

久保建英の号泣の理由

僕がここまで合計したのには三つの理由があると考えられません。

その三つの理由がこちらです。

とにかく負けが悔しかった
日本代表という責任の中手ぶらで帰る
吉田麻也やオリンピック最後の選手への想い
以上の三つの理由が考えられます!
 
それではひとつずつ詳しく理由についてみていきましょう!

とにかく負けが悔しかった

まず、第一に考えられるのがとにかくメキシコに負けて悔しかったという思いも相当あると考えられます。

というのも本人がインタビューで話していましたが試合後に泣き止んだ後、予選リーグで勝った相手ということもあり油断をしていた部分もあるということを話していました。

そのことから精神的に少し油断していた相手に負けてしまいその自分の精神的な問題なども考えてまだまだ甘かったことに対して悔しさを覚えたという可能性はかなり高いですね、、

久保君自身、相当責任感も強いことから今回メキシコに負けたことが相当悔しかったのだと考えられます。

また久保くんに関しては今まで代表戦やクラブチームになどで若いチームでやっていた時もあまり大きな大会で負け続けるという事がありませんでした。

久保君が所属していたバルセロナの少年時代のチームが強いということもありますがそれ以外にも U 20 A U 16など若い代表点検の中でここまで負け続けるという経験がなかったことから今回の試合で重要な時だったにも関わらず負けてしまったことに悔しさが大きかったのだと考えられます。

実際にインタビューでもここまで思い切り件は初めてということを話していました。

だからこそ今回ここまで泣いてしまったというのも頷けますね。

今までに経験したことないほどの悔しみがあったのでしょう。

日本代表という責任の中手ぶらで帰る

また日本代表として20歳ながら U 24という年上の人たちの中では若いながらもエースとして活躍してきた久保選手

そんな中、期待されながらも結果が4位ということでメダルをとってこれなかったことへの悔しさも相当大きかったのだと考えられます。

また元々は金メダルを目指していることを常に話していた久保選手にもかかわらず有言実行することができずメダルすら獲得できないという風に思い込んでしまっているのもあると考えられます。

まず3位決定戦に日本が上がれたこと自体すごいです、、

サッカーの人口がさらに増え世界的にもサッカーが強くなってきた中でメダルを争うをしている時点で驚きですがそれだけでは久保選手は満足できていない部分もあるのだと考えられます。

吉田麻也やオリンピック最後の選手への想い

そして吉田麻也選手や他の選手などのように一生で一度のチャンスのオリンピックの人たちがいる中でメダルなどの獲得ができず何も残せなかったことに対しての責任感を感じている可能性もかなりあると考えられます

以上の三つの理由から久保選手はあそこまで涙を流していたのだと考えられます。

それでは、ネットの反応について見ていきましょう。

久保建英の号泣のネットの反応?

ネットの反応にもあるようにかなり感動している人も多いようですね!

今後ワールドカップやクラブチームでの活躍に期待しましょう!

最後にまとめを見ていきましょう!

久保建英の号泣の【3つの理由】泣いた本当の原因は吉田麻也?オリンピックだから?のまとめ

久保建英の号泣の【3つの理由】泣いた本当の原因は吉田麻也?オリンピックだから?についてはカンタンにまとめると以下のようになります。

✅ 久保建英の号泣の【3つの理由】
とにかく負けが悔しかった・日本代表という責任の中手ぶらで帰るから・吉田麻也やオリンピック最後の選手への想い
泣いた本当の原因は吉田麻也?
オリンピック最後の吉田麻也やその他の選手にメダルを上げたかった
ニュース
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました