アバランチ原作&脚本ネタバレ【最終回結末】FF7【黒幕の犯人は誰】

ドラマ
このサイトでわかること
・アバランチ原作&脚本ネタバレ
・あらすじ
【最終回結末】FF7【黒幕の犯人は誰】

2021年10月18日から放送されている月曜日10時のドラマ『アバランチ』

綾野剛が主演ということでネット上でもかなり注目を集めています!

その中は話題になっているのが『今回の作品の原作や脚本、結末』についてですね!

詳しく内容について解説していきます。

まずは原作脚本についてです!

アバランチ原作&脚本ネタバレ

今回の作品に関しては明確な原作に関しては存在しません!

実際にネット上では原作についてかなり話題になっていますが、

公式でも今回の作品に原作がないことは公表しています!

今回の作品は完全オリジナル脚本となっている作品です

そして今回の作品の脚本を務めている人物は

藤井道人3だと考えられます!

というのも今回実は脚本家に関しては記載がありません!

原作どころか脚本家についても記載がないのはなかなか難しいことですね!

しかし今回の作品に関しては藤井道人さんが監督をしていることは、

すでにわかっているのでそうなってくると脚本も担当しているのではないか?

と推測することができます。

本来脚本と監督に関しては別々になりますが、

藤井道人さんに関してはそのようなことはなく監督も脚本も同じで自ら勤めるということがあります!

実際に『ヤクザと家族」という作品に関しても脚本と監督を作成しています!

かなり謎の多い作品になってはいますがおそらく伏線や考察などもかなり多くなっているのだと考えられま!

す実際に今回のアバランチというタイトルに関してもかなり伏線や、考察がありそうですね!

ちなみに英語で直訳するとこのアバランチェという意味は雪崩という意味になります

この意味などに関しても間違いなく関係してくるとは考えられますが、

後ほど考察に関しては解説したいと思います!

それでは、考察や最終回ネタバレについてみて行く前、

今回の原作のあらすじについてまずは見ていきましょう!

あらすじ

破天荒な正体不明の組織アバランチ!

その謎の破天荒集団が巨悪と戦うストーリーになっています!

政治家、官僚、大企業といった富と権力を持った今日者だけではなく、

一般市民においてももモラルハザードが叫ばれて久しい令和の日本が舞台となっています!

謎に包まれた手段でもあるアバランチが過激にかつ痛快な活躍をしていき、

日本に新しい形の正義感を訴えかける劇場型ピカレスクエンターテイメントとなっています!

※ピカレスクとは直訳すると悪者という意味で社会的に悪者とされる主人公を描いた小説ピカレスク小説が16世紀から17世紀のスペインで流行しました!

それでは今回のドラマの大まかなあらすじについて分かったところで続いては、

詳しく放送回ごとにあらすじを詳しく見ていきましょう!

もうネタバレなども含まれているのでご注意ください

◆第1話あらすじ◆

「東京の新たな大規模都市開発のプロジェクト普通のリーダーが謎の失踪」

こんなニュースや報じられるなかで検査庁捜査一課から派遣されてきた福士蒼汰!

誰もよりつかない地下室に設けられた新たな配属先に訪れる!?

その配属先というのが特別版再対策企画室と言われている扉の先に行ったのは必要が木村佳乃ただ一人だけ。

ここで自分は一体何の仕事をするのか状況がいまいち読めない福士蒼汰上司に言われるままに、

そして違和感を持ちながらも忠実に従う福士蒼汰

そうするといきなり綾野剛から声をかけられます、、

初対面のはずが綾野剛に関しては福士蒼汰のことを経歴から素性まで全てを把握しています、、

薄気味悪さを感じながらビルの階段を上っていきます。

そしてその後ビルの一室に綾野剛のほか、

千葉雄大や木村佳乃、高橋メアリージュン、田中要次などの5人が揃っています。

そして皆が揃ったことでモニターに映し出されたのは例の失踪事件のニュースについてですここからアバランチが始まる!?

◆第2話あらすじ◆
※情報が未公開の為、わかり次第更新
◆第3話あらすじ◆
※情報が未公開の為、わかり次第更新
◆第4話あらすじ◆
※情報が未公開の為、わかり次第更新
◆第5話あらすじ◆
※情報が未公開の為、わかり次第更新
◆第6話あらすじ◆
※情報が未公開の為、わかり次第更新
◆第7話あらすじ◆
※情報が未公開の為、わかり次第更新
◆第8話あらすじ◆
※情報が未公開の為、わかり次第更新
◆第9話あらすじ◆
 ※情報が未公開の為、わかり次第更新
◆第10話あらすじ◆
※情報が未公開の為、わかり次第更新
◆最終回あらすじ◆
※情報が未公開の為、わかり次第更新

それではあらすじを見たところで原作のネタバレについておいで行きましょう!

【最終回結末】FF7【黒幕の犯人は誰】

まず今回の物語に関しては間違いなくこの AVALANCHE (以下アバランチ)という組織が、

正統派の正義では裁くことができないような人たちをさばいていく特別な組織であると考えられます!

つまり正義ではあるが比較的に悪者に等しい集団を集めた組織なのではないかと考えられます。

そのやることはわるものそのものですがそうしていかなければ排除できない正義を正せない人たちがいます。

どうしても正攻法で倒そうと思っても倒すことができない悪者がいます、、

当然終わるものに関しては正攻法で戦ってはいけません。

そんな中でこちらも正攻法で倒しに行くのではなく相手と同じ土俵に立って倒していくという集団がこのアバランチなのだと考えられます、、

そして今回のアバランチについてですが明らかに何かを参考にしていると噂になっています!

その噂になっているのは FF 7についてです!

この FF 7についてはどういうものなのか一切わからない人もいるでしょう、、

これはファイナルファンタジー7のことを言います!

ファイナルファンタジー7は、1997年に発売されたゲームです!

言うまでもなく大ヒットした世界に誇れる作品ですが、

その作品が実は最近フルリメイクされました。

そのフルリメイク版は今でも大大人気であり、ネット上でも常に話題になっています!

そしてそのゲームでもあるファイナルファンタジー7のことを何かしら参考にしているのは間違いないと考えられます。

というのもアバランチというのはファイナルファンタジー7に出てくる反体制組織です。

実際に今回のドラマのあらすじともかなり似ています!

二つの作品がかなり共通するのはアウトローな集団に立ち向かっていくところについてです。

ファイナルファンタジー7では神羅カンパニーという巨大企業が世界を支配していました。

それはクリーンな世界ではなく、

都合のいいように真実が隠された世界です。

かなりドラマの内容とも似ているのとファイナルファンタジー7の雰囲気にドラマのポスタービジュアルなどがかなり似ています。

二つとも廃墟などで気になっているもうにしていないというのが考えられません!

おそらくこうになっているのではないかということが推測できます!

常識の枠にはまらない人達が集められたこの集団!

しかしその常識外れな考え方や行動により悪者をさばいていきます!

ファイナルファンタジーと同じあらすじになるとすれば最初の敵は一つの大きな会社でしかありませんが、

その裏には政府やさらに大きい組織などが関わってきます!

最初はまだまだ小さい悪でしかなかったもののその敵はさらに巨大になっていくというストーリー展開になることが考えられます!

そして最終的には組織の中に裏切り者などが出てきますが、

最終的にアバランチは解散しそして大きな悪も正すことができる展開になっていくことでしょう!

悪者を悪者がやっつけるというかなりアウトローな展開になっていくのではないかと推測できます!

最後にまとめを見ていきましょう。

まとめ

・アバランチ原作&脚本ネタバレ
原則に関しては存在しないオリジナルストーリーで藤井道人が監督を務めていることから脚本も藤井道人の可能性が高い
・あらすじ
綾野剛など演じる常識の枠に外れた人達が集まりアバランチという組織が悪を倒す!?
【最終回結末】FF7【黒幕の犯人は誰】
日本のゲームの名作のファイナルファンタジー7が何かの伏線になっている可能性が高い!

そして、見逃してしまった人やもう一度みたい人も大丈夫!

今回の放送はFODプレミアムで視聴することができます。

すでにFODプレミアムに登録している人はもちろん登録していない人も実は無料で見ることができるチャンスがあります。

それはFODプレミアムへの無料登録です。

FODプレミアムは現在期間限定で2週間の無料お試しキャンペーンをやっています!

この無料お試しキャンペーンを使えば見逃してしまった人も放送地域外で見ることができない人も2週間無料で視聴することが出来ます!

なので、見逃してしまった人、

もう一度見たい人や、

放送対象外の人はこちらのリンクをクリックして2週間無料でお試し視聴をしてみましょう!

もちろん2週間以内に解約すれば無償です。

見逃し動画や放送地域外の方は今なら期間限定無料視聴が2週間できるFODプレミアムに登録!

他に見れる作品など気になる人はこちらをクリック↓

FODプレミアム公式サイト

FODプレミアムのみんなの口コミを見ていきましょう。

かなり絶賛する人も多いようですね。

気になる人は一度利用してみてもいいかもしれませんね。

※下記リンクから登録もできますが、他サイトからの場合キャンペーンが異なる場合があるので、お気を付けください。

ドラマ
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました