水曜日のダウンタウン落とし穴放送禁止NG行為とは?オシッコ?カエル?

ニュース
このサイトで1分でわかること
・水曜日のダウンタウン放送NG行為とは?
チャンス大城はオシッコ?カエル

水曜日のダウンタウン落とし穴放送禁止NG行為とは? チャンス大城はオシッコ?カエル?

2021年11月24日に行われた水曜日のダウンタウンの落とし穴企画!

そんな中でチャンス大城さんが行った NG 行為とは一体何なのか?

 

について話題になっています。

 

実際のネットの考察はどういうことなのか見ていきましょう!

 

実際のネットの反応がこちらです!

オシッコ

やはり一番予想されていることに関してのことのようですね。

 

それではもう一つ考えられる内容について見ていきましょう。

 カエルを食べた

やはり近くにあった葉っぱを食べているということから何か落ちているものを食べるということに関しては抵抗が無いと考えられます。

 

なので近くにあったカエルを食べた可能性がかなり高いのではないかと推測できます。

 

実際に海外ではしっかりと食用として食べられているため可能性としては十分に考えられますね。

 

しかし、当然放送としては日本では放送できないので放送しなかったという可能性も十分に考えられます。。

 

また、チャンス大城さんは

 

『放送NG行為』

 

で画面が切り替わる前にこんなことを話しいていました。。。

 

『喉が渇いた・・・』

 

つまり、前者のオシッコの可能性が高いのがわかります。

 

ちなみに、好きで尿を飲む人も一部ではいるようです。。。

 

実はこんな話もあります。

 

フリーアナウンサーの古舘伊知郎(65)が、5日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で「飲尿療法」を3年間続けた経験を語って話題だ。 「飲尿療法」は自分の尿を飲むという健康法で、古舘は「尿は体の中の悪い部位の情報を知り尽くしている情報の塊」と説明。 飲むことで「免疫機能が発動して悪い部分を治す」と力説した。

こちらを見てもわかるように本当に好きする人もいるようですね・・・

さらにこんな話も。

尿は98%が水です。 残りの2パーセントは尿素と、 ごくわずかな塩素、カリウム、マグネシウム、ホルモンなどを含みます。 腎臓で血液をろ過したものなので、 水を沢山飲んで出した尿はほぼ100パーセント水ということもあります。 国際宇宙ステーションでは宇宙飛行士の尿をろ過して真水にして、 飲料水としてリサイクルしています。 また、海難事故で漂流した人は、 海水をそのまま飲むと塩分が多いので、 自分の尿を飲んでしのぎます。 糖尿病や膀胱炎、腎臓病でなければ、 尿は飲んでも身体には無害です。

を見ていただいてもわかりますが、

実際に飲むことは可能のようですね!

 

もちろんやってみない方が良いとは思いますが究極状態に陥った時はやってみてもいいのかもしれません!

 

そして気になるのがチャンス大城さんが話していた山に埋められた話についてですね!

 

いったいどのようなことなのかについて見ていきましょう!

山に埋められたこととは?

実際に山に埋められた話についてはすべらない話で以前公開していました。

 

簡単に話をすると、

 

チャンス大城さんの学生時代の話ですが、

学生の頃やんちゃな先輩に目をつけられ山に本当に埋められたようです。

 

二つの山がありチャンス大城さんの友人は一つの向かい側の山にチャンス大城さんはもう一つの山に二人は埋められたようです。

 

そしてたまたまカップルが通りかかったものの、

首から上が出ている状態だったことから驚いて逃げて行ってしまったようです。

 

その中山に来ていたおじいさんに何とか助けられたようです。

 

その当初は本当に死ぬと思ったようですね。

 

実際に今回の落とし穴の件とかなり似ていることから思い出したのだと考えられます。

 

このような壮絶な思いをしていることからパニック状態になってしまったのかもしれませんね。

 

そう考えるとさらにかわいそうに思えてしまいます、、

 

そして、もし見逃してしまった人も、もう一度みたい人も大丈夫!

水曜日のダウンタウンの今までの放送は無料でパラビで視聴することができます。

すでにパラビに登録している人はもちろん登録していない人も、

実は無料で見ることができるチャンスがあります。

それは、パラビへの初回限定のお試し無料登録です。

パラビは現在、期間限定で2週間の無料お試しキャンペーンをやっています!

※2週間以内に解約すれば無償

他に見れる作品など気になる人はこちらをクリック↓

パラビのみんなの口コミを見ていきましょう。

かなり絶賛する人も多いようですね。

ニュース
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました