JO1【ペン卒】続出の【3つの理由】ヤバすぎる…フォロワーも減少?

プデュ
引用元:JO1公式サイト
JO1のペン卒が続出しているとSNS上で話題に!ペン卒の意味と続出している3つの理由をご紹介
・このサイトでわかること
①ペン卒とは?
ペン卒続出の【3つの理由】
③ファンを騙そうとしている人も!
みんなの反応

引用元:JO1公式サイト

ペン卒とは?

そもそもペン卒ってどういう意味?

まずそこからだよね(笑)

日本語ではないよね?(笑)

そう!ペンとは韓国語でファンという意味!

なるほど!じゃあペン卒はファン卒業ってことだね!

そう!ファン卒業って意味!

ペン卒⁼ファン卒業

ペン卒続出の【3つの理由】

①受験などに専念するため
②嫌いなメンバーがいる?
③他のアーティストに専念

受験などに専念するため

JO1のファンは10代の学生が最も割合として多いと言われています

実は5月は学期テストがある時期です

だいたい5月の中旬から下旬にかけて学期テストが行われます

それに伴いJO1のファンを一旦離れ、勉強に専念する学生が増えているようです

でも、Twitterのフォロワー数も減少傾向にあるようです

大丈夫!これは一時的なことで6月から7月にかけてまたフォロワー数が挽回すると考えられます

完全に卒業したとは言えないので心配いらないでしょう

しかし、次が少し問題…

嫌いなメンバーがいる?

メンバーの中に好きではない人がいるため、ペン卒するという人も多いようです…

JO1は、11人メンバーがいることから、なかなか全員を心から好きになることは難しいかもしれません

しかし、本当に好きなのであれば同じ仲間のことを悪く言って卒業する人は今後JO 1に良い影響を与えるとは思えません

さらに本当にJO1のことが好きであれば1人、2人合わないメンバーがいたとしてもファンを卒業することはありえないこと!

これに関しても大きく心配することはないでしょう!

むしろプラスと考えた方がいいことです!

しかし、メンバーのことを批判している人に対して本当のファンが否定してしまうとさらに事が大きくなります

引用元:ナタリー

悪口を言われているメンバーやJO1全体の印象が悪くなってしまう可能性があります

そっとしておくのがベストです

好きな人が悪口を言われているのは、かなりしんどいね…

だけど、それが最もいい方法なのが現実…ぐっと我慢して一緒に無視しましょう

最も問題なのは次

他のアーティストに専念

他のアーティストに魅力を感じペン卒してしまうファンが続出しているようですね…寂しい…

特に最も多いのがBTS(バンダン)への乗り換え

なぜバンダンへの移り変わりが多いかと言うと…

JO1が窓口になっているからです!

詳しく説明すると以下の手順

一般ウケの良いJO1を好きになる

他の韓国系のアーティストも見てみる

最も今乗りに乗っているバンダンを好きになる

という流れです!

バンダンは既に成熟しているグローバルボーイズグループ

それに対してJO1は、まだまだ成長途中の段階そこが魅力でもあるんだけど!

しかし、楽曲はJO1はまだ多く出していません!

バンダンは数々のヒット曲を輩出しており、間違いなく今のアジアNo.1のボーイズグループ

それを見て好きになるのは仕方のないところもありますね

よって他のアーティストに移り変わるファンも多くなっています!

しかし、今後JO1も日本で認知されるようになりファンが多くなれば海外に進出することは可能性としてかなり高い

引用元:ナタリー

今後の成長が楽しみですね!

ファンを騙す人たち

結論から言うと転売目的

え?どういうことですか?

ペン卒といい、信頼させ高価な値段で売りつけるんです。。

※もしくは、転売屋の売れ残りなどを販売している人も多いよう…

怖すぎますね…

今どきの転売は本当に高度だから、いかにファンに紛れて利益を得るかプロとしてしているのが本当に見分けがつかない難しいところ

絶対、高値では買ったらいけませんね!

そう!売れれば売れるほど転売は過激になる!

本当に欲しくても我慢しよう…

みんなの反応

今後も最新情報やお役立ち情報を
お届けしたいと思いますので
見逃したくない方は Twitterの
フォローしていただければと思います。
正確な『JO1』やの情報を
出来る限り早くお伝えします(^^♪
JO1結成からの2ヶ月で30万人に
見られているサイト【ANSER】の
運営者のツイッターはこちら↓
ゆずるのツイッター
最後までお読みいただき
ありがとうございました!
最後までお読みいただき
ありがとうございました!
こちらの記事もお見逃しなく!!!

 

プデュ
ANSER
タイトルとURLをコピーしました