【2022最新】おすぎとピーコの現在の顔画像は?今は病気で別居中

フリー画像 NiziU
このサイトでわかること
・【2022最新】おすぎとピーコの現在の顔画像は?
・おすぎとピーコは今は病気で別居中

【2022最新】おすぎとピーコの現在の顔画像は?

2022年5月10日にNEWS ポストセブンがおすぎとピーコの現在について記事を作成しました。

 

バラエティ番組などでテレビで見ない日があった双子の二人ですが急に2021年から見なくなってしまいました。

実際に2021年の夏に実はおすぎとピーコさんの個人事務所はひっそりと閉鎖していました。

そしてその後が気になり NEWS ポストセブンの記者が現在のことを気にしておすぎとピーコさんの家に行くことにそうするとピーコさんがおすぎさんのことについておすぎはもう死にました。

そういうことを発言し記者も衝撃を受けることにずっと認知症で入院していたのですが2月に亡くなりましたということを話ます。

しかし実際にはお二人とも生きておりえお杉さんも生きていることが判明しています!

どうやら二人とも認知症になってしまったことによりこのような記者への対応になったようです。

現在の顔画像については芸能活動していないので

一切わかりませんが最近でいうと芸能活動していた二人二人が一緒に活動している時の写真が分かるのはこちらです!

 

こちらを見ていただければ分かりますが71歳とはとても思えない元気な姿であることがわかりますね。

さらに最も最近の画像というのがこちらとなっています。

2021年4月のおすぎさんがこちらです!

 

そして2021年12月の5時に夢中に出演した ピーコさんがこちらです!

お二人とも76歳前後とはとても思えないほど若々しいですね!

実際にお二人とも2021年までは芸能活動をしていたことと

さらに魅力的なその性格とお話の仕方により地元の九州の人たちからもずっと愛されていました。

ここまで元気だった人たちは認知症になるお互いのことが認識できなくなるほどの状態にあるというのは衝撃的です。

双子のオネエタレントとしてつい最近まで経験に芸能界で頑張っていた二人がここまでの病気にかかっていると思うと衝撃的です。

それでは続いておすぎとピーコさんの病気とは一体どのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

おすぎとピーコは今は病気で別居中

おすぎとピーコの二人の病気については認知症という病気であることは分かっています。

認知症はかなり日本では特に多くの人がかかってしまう病気です。

最も多いのはアルツハイマー型認知症である圧痛ハイマー型認知症では脳に異常なタンパク質がたまり脳の神経細胞の数が減少していきます!

その結果脳の障害により記憶力の低下や妄想などが出てくることが多くなっています。

 

認知症になってしまうと本人が辛いだけではなく周りの人が辛い思いをすることがかなり多くなってしまっています。

例えば一緒に住んでいる家族やその周りの人が特に負担を感じることが多くなります。

実際に国で定められている介護認定医なども認知症の人に対してはかなり重く出ることがあります。

例えばなかなかうまく自分の足で歩くことができない人と自分の足でうまく歩くことができるが認知症がひどい人であれば認知症の人の方が介護の認定が重く出ることが多いです。

 

そのことから考えてみてもわかりますが

本当に認知症というのは重い病気であることがわかりますね。

 

そんな二人が認知症になってしまっているということでネット上でもかなり話題になっているのだと考えられます。

 

それでは続いてネットの反応について詳しく見ていきましょう。

実際のネットの反応がこちらです。

確かに今回の記事の内容については明らかに最後まで読ませるために最初に衝撃的なことを書いているという文章の構成であることがわかりますね。

そのことから考えてみてもネット上では違和感を感じる人も一部でいるのだと考えられます。

明らかに住所の書き方に悪意のようなものが感じることから今回の文章を読んで違和感を感じる人も多くなってしまっているのだと考えられます。

実際に記事の書き方や内容がかなり衝撃的な内容になっているのは間違いありません。

この文章の書き方に対して違和感を感じる人がいても当然でしょう。

 

 

確かにこの文章をもしも最後まで読むことができていない人がいればおすぎさんが死んでしまったということで終わってしまう人もいるかもしれませんね。

それは本当に意味が分からないことになってしまっているので文章を書く人も気を付けなければいけません。

しかし文章を書いている側の人がそもそも内容を重要視しているのではなく生地をどれだけ長く多くの人に見てもらうかというものを重視しているのでこのような結果になってしまっているのだと考えられます。

 

このようにネットの反応を見て頂いても分かりますが今回の内容について違和感を感じている人がかなり多いのが分かりますね。

今回の文章の構成はあまりにもひどすぎるので文章をを伝える側の人がしっかりと受け手の事を考えながら構成しなければいけないのは間違いありません。

 

NiziU
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました