ラルクの30周年ライブで座席変更【炎上】変更の理由やライブの主催者は?

ニュース
・このサイトで1分でわかること
✅L’Arc〜en〜Ciel が30周年ライブで座席変更!
✅変更の理由は?
✅主催している会社は?
 

ラルクの30周年ライブで座席変更で批判殺到!

 

ロックバンドのL’Arc〜en〜Cielの結成30周年の記念ライブが5月21日、22日に東京ドームにて行われます。

 

 

 

非常に楽しみにしているファンが多い中、突如会場の座席レイアウトが変更になり、批判の声が上がっています。

 

変更前のレイアウトがこちらです。

 

 

座席の内訳としてはこちらです。

 

W会員シート:2万2000円
✅SS席:1万6500円
✅S席:1万6500円
✅A席:1万1000円
 
ステージに近い順にやはり高額に設定されています。
 
 
変更前のレイアウトでは「W会員シート」と「SS席」はアリーナ席、「S席」は1階のスタンド部分、「A席」はバルコニー席と2階スタンド席となっていました。
 
 
そして、問題の変更後の座席レイアウトがこちらです。
 
 
 
 
変更後ではの座席の内訳の変更がこちらです。

 
✅W会員シート:変更なし
✅SS席:アリーナ席→アリーナ席+1階スタンド
✅S席;1階スタンド席→1階スタンド席+バルコニー全席+2階スタンド席
✅A席:バルコニー席+2階スタンド席→2階スタンド席のみ
 
かなりの変更があったようですね。
 
 
例えばアリーナでライブを観たいと思った人がSS席を高額で購入したのに、1階スタンド席になってしまったらかなり腹が立ってしまいますよね…。
 
 
SNS上でも多くの批判があがりました。
 
 
実際のコメントの1部がこちらです。
 
 

 

 

 
 
 
 
これらの批判に対して、どのような対応をしていくのかはまだ分かりませんが、なぜこのような座席変更が起こってしまったのでしょうか?
 

 

座席変更の理由は?

 

座席変更の理由については運営からまだ説明がされていません。

 

※発表があり次第追記していきます。

 

しかし今回の座席の変更については、チケットが売れ残っているからではないかという意見が多く出ています。

 

W会員やSS席などが多く売れて、S席やA席が売れ残ったため、分散させるという狙いでしょうか?

 

本当にこういう理由だとしたらSS席を購入した人たちは納得がいきませんよね。

 

ライブの主催者はどこの会社?

 

今回のライブを主催しているのはSOGO TOKYOという会社です。

 

多くのイベントを手がけている会社です。

 

しかし今回の問題を巡っては、主催者側に批判が集まっています。

 

今のところ今回の件の取材には「取材は受けていない」と回答しています。

 

今後返金などの対応はあるのでしょうか。。

 

最後にまとめを見ていきましょう!

ラルクの30周年ライブで座席変更【炎上】変更の理由やライブの主催者は?のまとめ

 

 

ラルクの30周年ライブで座席変更【炎上】変更の理由やライブの主催者は?についてはカンタンにまとめると以下のようになります。

 

 

✅ラルク30周年ライブの座席変更の理由は?
→推測:チケットが売れ残ったから?
✅ライブの主催者は?
→SOGO TOKYO
ニュース
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました