呪術廻戦【最新話ネタバレ】190話考察【鹿紫雲の領域展開で秤死亡】

ニュース
【要約】
呪術廻戦
最新話の189確定速報ネタバレ
②190話の考察
→鹿紫雲の領域展開で秤死亡
③感想

呪術廻戦【190話ネタバレ】最新話確定振り返り!

 

✅瀕死の秤が時短で引き戻して復活
✅海中に鹿紫雲を追い込み形成逆転
✅海中バトル
 
まずは最新話の呪術廻戦189話の内容を振り返っていきましょう。
 
 
187話の最後では秤の不死身ラウンドが終了し、脇腹を貫かれ、勝負はついたと思いました。
 
 
しかし、その瀕死の状態で再び秤は領域展開を発動します。
 
 
この領域展開は鹿紫雲の説明する通り、確率変動中ではなくなり時短扱い(抽選のスピードは上がるが大当たりの確率は低いまま)となりますので、このまま鹿紫雲の攻撃が続けば、そのままダメージは通ってしまいます。
 
 
その厳しい状況の中で秤は大当たりを引き戻し、瀕死の状態から回復します!
 
 
そして再度、鹿紫雲との打撃戦が始まりました。
 
 
そして秤は鹿紫雲も海中に落とします。海に放り出された鹿紫雲は呪力を放出したまま海に落下しました。
 
 
鹿紫雲の呪力はほぼ電気と同等であり、海中で呪力がなくなるまで放出するか、陸に上がるまで呪力を断つしかないという状況に追い込まれます。
 
 
秤はその様子を空中から呪霊につかまってうかがっていました。海中で呪力がダダ漏れになっているのは狙い通りだった様です。
 
 
しかし鹿紫雲はそこから反撃を見せます。反転術式の使い手は脳を一瞬で潰すか毒物で殺せるということを知っており、塩素ガスを発生させて秤を攻撃しました。
 
 
この攻撃で秤も息ができなくなり、海へ落ちてしまいます。
 
 
秤は毒のダメージが大きいかと思いきや、いきなり鼻を吹き出し復活!不死身状態のフルオート反転術式は毒でさえ瞬時に回復してしまうんですね。
 
 
不死身ラウンドの残り時間5秒という状態でしたが、秤は【攻めるね!】と言い、守りには入りません。
 
 
最後のコマでは水中で爆発が起こって189話は終了しました。
 
 
秤が【漢】って感じでめちゃくちゃカッコよかったですね。
 
 
次の190話ではそろそろ決着がつきそうです。
 
 
ということで次の190話について展開を考察していきます。
 

呪術廻戦【最新話ネタバレ】190話考察

 

呪術廻戦190話ネタバレ考察:海中バトルの行方

 

次の話で海中のバトルの行方がどうなったかが分かると思います。

 

おそらく次は秤が鹿紫雲を追い詰めているのではないでしょうか。

 

ですが鹿紫雲は実力の全てをまだ見せていないのではないかと思います。

 

追い詰められて領域展開を発動するのではないでしょうか。

 

領域展開なしでもかなりの強さを誇った鹿紫雲ですのでもし領域展開が使えるとすればかなりの強さであると考えられます。

 

宿儺と戦いたいと言う理由で、現世に舞い戻ってきたので、宿儺ほどまではいかないまでもかなりの強さであるとうかがえるのでここで脱落はしないのではないでしょうか。

 

なので今回のバトルは鹿紫雲が勝利するのではないかと思っています。

 

呪術廻戦190話ネタバレ考察:鹿紫雲の領域展開

 

鹿紫雲の術式は雷のようなものは扱っていますね。

 

もし領域展開をするとなればその攻撃が必中となりますのでとんでもない効果となり、秤といえど鹿紫雲の領域展開を耐え凌ぐのは難しいのではないでしょうか。

 

これだけの強さの鹿紫雲ですので領域展開を使えないということは考えにくいです。

 

呪術廻戦190話ネタバレ考察:不死身状態の秤を倒す

 

次の話では秤の不死身の状態は終了しているでしょう。

 

しかし鹿紫雲は不死身状態の秤を倒すと宣言しており、もう一度秤が大当たりを引き無敵状態になった上で領域展開を発動するのではないでしょうか。

 

もしそうなったらどうやって不死身の状態の秤を突破するのかが楽しみです。

 

呪術廻戦190話のネタバレ考察:星綺羅羅

 

この秤のピンチに相棒である星綺羅羅が助っ人にくる可能性もありますね。

 

星綺羅羅は現在はコロニー外で見張りをしています。

 

コロニー外からは中の様子は分かりませんが、なんとかルールをかいくぐって秤を助けて欲しいです。

 

なのでここから秤が鹿紫雲に勝つにはやはり星綺羅羅のコロニー外からの支援ではないでしょうか!

 

呪術廻戦190話のネタバレ考察:鹿紫雲と石流龍

 

鹿紫雲の回想シーンで出てきた石流龍

 

この2人は同じ時代の術師だったんですね。なので今後2人が現代でも顔を合わせるという展開はあるのでしょうか。

 

石流は現在も生きているので、2人が戦うことになっても面白そうですね。

 

過去の2人の話ももう少し掘り下げて描かれる可能性もあります。

 

呪術廻戦190話以降のネタバレ考察:虎杖VS鹿紫雲

 

鹿紫雲の目的は宿儺と戦うことであり、前述にも言ったようにそのために現世に舞い戻ってきましたなので秤と戦った後は虎杖と戦う可能性が高いです。

 

しかし虎杖とコロニーが違うので鹿紫雲は取得した点数を使ってコロニー間を移動できるようにルールを変更すると考えます。

 

宿儺を宿した虎杖との戦いが始まるのではないでしょうか。

 

虎杖も死滅回遊が始まってからまだこれといった活躍がないのでこれからの盛り上がりを考えるとあり得えそうです!

 

呪術廻戦190話以降のネタバレ考察:パンダの安否

気になるのが鹿紫雲にズタズタにされたパンダの安否です。

 

現在、頭だけの状態になってしまっていますがこのまま死亡してしまうのでしょうか。

 

2つのコアを破壊されていますが、まだ死んではいないことがわかっているのでこれからまだ活躍するのではないでしょうか。

 

負けそうな秤に助っ人として復活することも考えられますね。

 

ネット上でもパンダを心配する声が多く見られました!このまま死んでほしくないですね。

 

呪術廻戦190話以降のネタバレ考察:高羽史彦

 

五条悟に対抗できる唯一の術式を持っている高羽史彦

 

術式の名前は【超人(コメディアン)】

 

この能力は高羽がウケると確信した想像を実現することができます。

 

とんでもない能力ですね笑

 

伏黒と共闘して以来登場はありませんが、今後も間違いなく登場します。

 

東京コロニーにいることは分かっているので、今後は虎杖と遭遇する可能性もありますね!

 

なんとなく2人の愛称は良いような気がしています。

 

呪術廻戦190話以降のネタバレ考察:京都校メンバー

 

死滅回遊にはまだ京都校のメンバーは参戦していません。

 

しかし181話にて、意味深に三輪 霞が登場しています。

 

わずか2コマでしたが、なんだか闇堕ちを匂わせるような描かれ方でした…

 

闇落ちをしていないことを願いますが、このシーンが描かれたということは死滅回遊の参加を意味しているのではないかと思います。

 

三輪だけでなく、他のメンバーの参加にも期待したいです。

 

特に左手を失った東堂葵が虎杖のピンチを再び助けてくれるのではないかと個人的には期待しています笑

 

呪術廻戦190話以降のネタバレ考察:伏黒と天使

 

倒れた伏黒の元にやってきた天使こと来栖 華

なぜ伏黒の元へやってきたかはまだ分かりません。

ちなみにこの来栖 華も1000年前の術師です。五条悟の封印を解く鍵となる存在です。

 

もしかして伏黒のことを知っているのかも…?

 

そして伏黒は倒れる直前には姉である津美希の声を聞いており、来栖が津美希と何か関係があるのかも知れません。

 

秤VS鹿紫雲の後に描かれそうですね。味方であって欲しいです!

 

呪術廻戦190話以降のネタバレ考察:釘崎野薔薇の生死

 

皆さん気になっているのが釘崎野薔薇が生きているかどうかではないでしょうか。

 

虎杖が伏黒に尋ねた際には、伏黒は無言をつらぬいていましたね。

 

このことから釘崎は死んでいると考えている人が多いんですが、個人的にはこのまま登場をしないのはあり得ないと思うので生きていると思っています!

 

釘崎へのダメージは新田新の術式により悪化しないようになっています。そして、味方には反転術式の使い手である家入硝子がいますね。

 

ちなみに野薔薇の花言葉は【痛手からの回復】です。

 

これを聞くと、もう生きていて復活するような気がしませんか?

 

虎杖や伏黒が死滅回遊にてピンチに陥った際に、復活して助けに来る展開が考えられます!

 

人気キャラなので、再登場が待ち遠しいです。

 

呪術廻戦最新話【他ネットの考察】

 

パンダが秤金次の魂を取り込む

 


今のところ秤金次が優勢ですが、鹿紫雲の強さは尋常ではありません。

最悪の場合、秤金次が死んでしまうこともあり得そう…。

とはいえ、秤が死んでもまだ希望があるかも知れません。

今近くには首だけになったパンダがいます。

パンダは呪骸ですし、複数の魂を保持していましたよね。

つまり、秤金次の肉体が死んでも魂をパンダが取り込むこともできるのではないでしょうか。

今のパンダは首だけですが、普通に会話ができるところを見ると核自体は失われてはいないそう。

もしかしたらパンダが秤の魂を取り込み、鹿紫雲を2ndラウンドを始めるかも知れません。

 

瀕死のパンダが敗北した秤の魂を取り込む…。あり得そうです。

 

もしそうなったら熱い展開です。2人の力で鹿紫雲を倒して欲しいですね!

 

 

秤では鹿紫雲にトドメを刺すことは不可能

 

ボーナスで無制限に呪力が溢れ続ける秤ですが、鹿紫雲のように敵に大ダメージを与えるような手段を持ってはいないと思われます。

石流のグラニテブラスト・乙骨の純愛砲のような高出力の技を持っていれば話は別ですが、術式から察するには秤は高出力の技を使用できないのではないでしょうか?

黒閃などで鹿紫雲を圧倒・勝利する展開もあり得なくはないものの、出力不足により敗北してしまうかもしれません。

 

こちらの考察では秤の火力不足を懸念しています。

 

しかし、秤に関しても能力の全てをまだ見せていないかもしれないので、そちらにも期待ですね!

 

コロニーが合体

 

このまま虎杖や乙骨が合流できないと、ストーリーとして面白くありません。

 

そこで、コロニー間の移動ができるというルールが追加されるか、もしくはコロニーが合体する可能性もあるのではないでしょうか。

 

いきなり、全てのコロニーが合体するよりも、近くのコロニー同士がくっついた方が現実的ではないでしょうか。

 

ルール追加で、コロニーを合体させると誰かが言ってくれたら合流できるかも知れませんね。

 

高専メンバーがいつか合流できる日を心待ちにしておきましょう。

 

先ほど、鹿紫雲が宿儺と戦うためにコロニー間の移動を可能にするという考察をしましたが、この考察のように合体して高専メンバーたちが集結するのも非常に面白い展開ですね!

 

それでは現在の呪術廻戦についての感想レポについてみていきましょう!

 

呪術廻戦【感想まとめ】

 

伏線に鳥肌

 

考察に過ぎんが自分の中で鳥肌たった伏線。
秤はギャンブラー。そして過去に呪術廻戦で出てきたギャンブラーといえば、伏黒甚璽。当時五条悟に似ていると言われた鹿紫雲。
そして秤の食らった攻撃の位置と、伏黒甚璽の食らった攻撃の位置。
重なりすぎている。
 
この伏線には気が付きませんでした!
 
確かにこれは作者、意識していそうです。
 
このような伏線を探すのも面白いですよね。
 
 

残保留

 

次回の呪術廻戦で秤絶対死ぬ。
ほんでその後、残保留で当てて地獄から舞い戻るに1万円賭ける。
 
パチンコには残保留というものがあり、確変中の保留が通常に戻っても、残っていることを言います。
 
豪運の持ち主の秤であれば、通常時からも再び引き戻しそうですね。
 

乙骨と鹿紫雲

 

呪術廻戦の乙骨と鹿紫雲のどっちが強いか1人でずっと脳内会議してる。
 
やはり、あのキャラとあのキャラではどっちが強いのかというのは考えちゃ今よね。
 
もし、鹿紫雲が秤に勝利すれば、乙骨VS鹿紫雲の展開もあり得えそう!
 

鹿紫雲には術式がない

 

鹿紫雲はおそらく術式はないと思う。
だから領域展開やらないんじゃないかな?
無敵時間の秤と互角以上の呪力出力と呪力量と術式と言っていいレベルの呪力特性の稲妻!
術式なしでも鹿紫雲は特級クラスだと思う。
 
鹿紫雲には術式がないという考察は多く見られました。
 
確かに今までの戦いを見ても、ピンチになっても使わないということは、本当にないのかも知れません。
 

バトルがアツい

 

呪術廻戦の秤パイセンと鹿紫雲のバトルがアツすぎる。
死滅回遊に入ってから一番面白い。
 
非常に秤VS鹿紫雲の戦いは注目を集めています。
 
そろそろ決着がつきそうなので、展開に目が離せませんね。
 
次の話が楽しみです!!
ニュース
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました