ワンピースフィルムレッド【Adoライブ炎上】批判殺到理由『40分以上MV映画』

ONE PIECE
このサイトで2分でわかること
・ワンピースフィルムレッド【Adoライブ炎上】
批判殺到理由『40分以上MV映画』
・面白い?

ワンピースの
 
過去の映画の全作品
アニメ最新話まで全話
漫画の最新刊まで全巻のうち1巻
 
が期間限定で無料視聴可能!
 

ワンピースフィルムレッド【Adoライブ炎上】

2022年8月16日についに映画が公開されたワンピースフィルムレッド!

 

その中で注目されているのが何と言っても

今回の映画があまりにもAdoさんのライブや

MV なのではないかと思えるほどに歌を歌っていた事について

批判的なコメントや絶賛しているコメントでかなり意見が分かれています。

 

実際に今回の映画が始まってからまずAdoさんの楽曲が3曲歌われました。

それだけでも確かに違和感がある内容ですね。

 

ONE PIECE を見に来ているにも関わらず

いきなりAdoさんが3曲も歌い出すとなると

しかもフルで歌い出すとなると

Adoさんのライブなのではないかと思うのも当然のことです。

 

実際にタイトルが今回 ONE PIECE フィルムレッドとなっていることから

赤髪のシャンクスのことを連想させられました。

 

当然今回の映画は原作にも関わってくるワンピースのシャンクスが

深く関わってくる内容だと思われましたが

残念ながらほとんど関わることはなくなっていました。

その事から考えてみても違和感がある人がかなり多いようです。

そこで批判的な意見や

どのぐらいライブのシーンはあったのか

などについて詳しく解説していきます。

それでは実際にどのくらい今回の映画は歌がメインなのかどうかについていうと

今回の映画は結論から言うと5割から6割は歌がメインとなっています。

実際に上映時間が1時間55分の内の1時間ほどはライブになっています。

 

実際に歌われた楽曲はこちらの楽曲です。

こちらの楽曲を見ていただいてもわかりますが

一つの楽曲が4分から5分ほどだったので

本当に約1時間ほど歌が歌われていたのが分かりますね。

このことからも分かるようにかなり歌の内容が多かったのは間違いありません。

このようにミュージカル映画などが好きじゃない人は

今回の映画はそもそも好きではないと言っても

過言ではないくらいの内容になってしまっています。

 

しかし反対に歌が大好きな人やAdoさんのファンなどは

これ以上ないほどの映画と言っても過言ではありません。

そして内容についても充分濃くなっているので

そこまで心配する必要はないと思います。

 

それでも批判的なコメントがかなり多くなっていますが

実際の批判的なコメントについてまず見ていきましょう。

批判的なコメントがこちらです。

ワンピースフィルムレッド批判殺到理由『40分以上MV映画』

前半は退屈すぎます。

麦わらの一味やシャンクスの扱いがあまりにも雑すぎませんか。Adoさんのプロモーション映画かと思いました特に前半は退屈すぎます。本当に尾田栄一郎先生がこの映画に関わっているのか疑問に思うくらいでした。あまりにも音楽中心すぎて新しい試みなのかもしれないけど ONE PIECE ファンにとってはかなり魅力に思わなかったかもしれない作画が微妙で所々崩壊してたと思う。ここ最近の ONE PIECE 映画の中でもトップレベルに良くなかったように感じますね。

本当にライブに来ている感覚でした。

ワンピースは大好きですし、Adoさんの歌もとても好きで毎日聞いていません。どちらとものファンですがその上で個人的な感想としては全体的には微妙でした。さすがにAdoさんがメインすぎますよね。それ以外は本当におまけです。全然シャンクスの部分はありません。ワンピースフィルムレッドと言ってシャンクスが出てくることから連載を見ている人も絶対に見なければいけないという形にしているのがわかる確かにラストの戦闘シーンでウソップがかっこよかったけどそれでもおまけって感じがします。本当にライブに来ている感覚でした。ファンの方からしたらいいのかもしれませんが ONE PIECE を見に来た人からはとても良いと言えるものではないのではないでしょうか。

上映の1/3以上が新しいキャラのミュージックビデオ

今までの映画で天気の子の RADWIMPS であまりにも衝撃を受けてドン引きしましたがあれ以上のミュージックビデオ映画でした。 ONE PIECE を見に行ったのになぜか上映の1/3以上が新しいキャラのミュージックビデオをで終わってしまいました。こんなことがあっていいのでしょうか。確かに後半のシャンクスとギア5の熱い展開は最高でしたがあまりにも麦わらの一味とシャンクスの存在が薄すぎてこれなら ONE PIECE 外伝として売り出してほしかったしかもタイトルがワンピースフィルムレッド明らかに観客は悪い意味で度肝を抜いたでしょう。ここまで微妙な作品は初めてかもしれません。Adoさんのことは好きでも嫌いでもありませんし歌が上手いなという印象だったけど本当に付き合ってられなかった。
更新中

 

 

こちらのコメントを見ていただいたのに

関係ある魅力的な印象を持ってる人たちが

確かに多く存在しているのが分かります。

 

実際にあまりにもミュージックビデオ映画だったのが

間違いなくかなり魅力に欠けるという人はいても仕方ありません。

 

事前にミュージックビデオの部分がかなり多いと言っていましたが

私自身あまりにもAdoさんの歌唱が多すぎて

 

「もういいよ」

 

と思ったところもありました。

 

実際に今回の作品がかなりミュージック関係の作品であることが分かっていても最初にいきなり3曲の楽曲が歌われてそこで終わると思いきや、

そこからも定期的に4曲10分に1回ぐらいのスパンで音楽が奏でられていたことから違和感を感じる人がいてもおかしくありませんね。

実際に個人的にも少し違和感がありました。

実際一部ではミュージカル映画なのではないかとも言われています。

確かにミュージカル映画と思われても仕方ない作品であることは間違いありませんね、、

 

 

 

脚本的にも音楽が重要になっているのは分かりますが

それでも麦わらの一味とシャンクスをあまりにも出さなすぎです。

これがもしもワンピースフィルムウタなのであれば納得できますが

あまりにもAdoさんがメインにも関わらず

タイトルがシャンクスを押している内容になってしまっている。。

 

批判が一部であってても仕方ないな要素なっています。

しかしそんな中でも今回の作品に魅力を感じた人も多くなっていません。

実際に魅力を感じた人たちのコメントがこちらです。

ワンピースフィルムレッド面白い?

疑問が残る作品だったんじゃないかな。

・Adoさんが本当に魅力的で歌が上手なのがわかりました。今回の映画で全面的にAdoさんの魅力が伝わってきました。映画的なことを言うと龍とそばかすよりはしっかりしていたけどワンピースとして最新話まで見ていた人たちにとっては疑問が残る作品だったんじゃないかな。夏休み映画としては文句なく楽しめました。後半の畳み掛けの掛け合いだったりは ONE PIECE は本編で見れないのかなと思ってしまう場面もありちょっと感動しました。

本当に素敵でライブに来ているかのよう

・今回の作品もめちゃくちゃ良かったです。歌歌の実の能力があまりにも強すぎて海の皇帝になることができるんじゃないかと思うぐらいでした。そしてやっぱりとにかくシャンクスがかっこいいなかなかレアな演出もあって鳥肌が止まらない内容でした。ルフィの魅力もまた伝わってきて最高の映画だと思います。何よりもAdoさんの歌が、本当に素敵でライブに来ているかのように思えて幸せでした。

映画館の迫力とはやっぱり別物

・Adoさんの曲が全て良かったら YouTube でもミュージックビデオも何度も見ましたが映画館の迫力とはやっぱり別物です。本編が進むごとにどんどん悲しくなって行きましたがとてもいいキャラクターでした。麦わらの一味も良かったけどやっぱりシャンクスを最高でした。
更新中

 

 

こちらのコメントを見ていただいても判る通り

本当に魅力を感じた人も多くなっていますね。

実際にかなり魅力的な展開も多く存在しました。

特に今回の作品の中で所々に

伏線になっていたのが本当に素晴らしかったですね。

 

映画を集中して見ていたらかなり面白いですし、

特にして忠節に見ていても面白い内容になっています。

 

ただ大人や最新のワンピースを見ている人からすれば

物足りなさがどこかで会ったにしても仕方ない部分もありません。

 

というのもかなり色んな所で疑問を感じながら

しっかり見ていなければ大人の人は楽しむことができなかったことでしょう。

 

それではどんなところを見ていけば

面白かったのかについて詳しく解説しますね。

 

ここからはかなり多くのネタバレになってしまっているので

そのことを事前に考慮したうえでお聞きくださいまず何と言っても

最初から実は歌う歌の実の能力が伏線が張られていました。

 

というのも最初麦わらの一味が島に入った時、

天気を気にした人はいたでしょうか。

 

なぜかライブをするということで政にも関わらず

ONE PIECE の中で映画の中の話なのに

まさかの曇りは霧がかっていましたね。

 

そしてもうすぐライブが始まるということで歌が会場全体や会場の外まで

聞こえた瞬間になぜか天気は晴天になり晴れ晴れとしました。

ウタが歌を歌ったので腫れたのではないかと思いましたが

実際には違いました。

 

現実世界と仮想空間がここで

明らかに変わっていることがわかりません。

なので実は最初からその伏線がしっかりとできていたことがわかりますね。

そう考えるとかなり細かいところまで考えている作品であることは間違いありません。

それ以外にも最高の部分というのは何と言ってもシャンクスが娘を宝箱の中から拾った時にそこにはウタがいました。

そしてその時に3曲が娘を見ていましたが次はシャンクスがゴールドロジャーを見ているような風景が描かれていました!

このことから考えてみても昔シャンクスはゴールドロジャーに拾われたという可能性がかなり高いと考えられません。

なのでサンクスも自分の娘のように拾ってあげたのではないかと予想します!

そのことから考えてみても本当に様々なことがわかりますね!

 

またシャンクスはルフィのギア5同等の力を持っていることは間違いありません。

むしろ海軍大将を二人を覇王色の覇気によって威嚇して最後に退散させていることから考えてみても間違いなくとんでもない力であることは間違いなさそうですね!

そして何よりも今回の作品で良かったところはそのような細かい設定のところだけではありません!

 

今回一番良かったのは ONE PIECE で描かれていないところを描いていたということです。

具体的にどういうことかというとワンピースの中では常に海軍と海賊目線の話でしかありませんでした。

正義を語っている海軍ですが実は海賊が正義の時もあります!

 

しかし大半は海賊が正義ではなく海軍が正義なことも多いです!

しかしそれでも海軍が助けてくれないところもあるのが事実です!

そんな埋もれた人達の被害者はかなり多くそういった人たちは海軍にも海賊にも魅力を感じていません。

むしろ大半の人たちが海賊を恨んでいることでしょう。

 

そんなところを今回の映画で描いていることから考えてみても本当に新しい作品で魅力的な作品になっていることは間違いありません。

何と言ってもそんな救われない人達をウタが助けようとしているところが本当に素敵ですね。

以上のことから考えてみても今回の作品については間違いなく素晴らしい作品でした。

これからさらに愛されていく作品になって欲しいですね今後の展開についても注目して見ていきましょう。

 

ワンピース1056話【無料ネタバレ】最新話確定考察【シャンクスの復讐】

 

ワンピースフィルムレッド【ネタバレ試写会考察】ロジャーがシャンクスの育ての親

 

ワンピース映画入場特典いつまで【カード&漫画コミック売り切れ】第2弾と第3弾は?

そして現在、期間限定でワンピースの漫画やアニメを完全無料で視聴可能!

最新刊まで公式で電子書籍無料視聴キャンペーン中

連載の修正済みの単行本の内容がこちらで無料で視聴可能になっています!

※無料登録ポイント600ポイントで1巻無料視聴可能⇩

アニメはもちろん無料で31日間視聴可能

今なら動画配信コンテンツのU-NEXTで

1か月のお試し無料視聴出来ます。

 

①無料で最新刊の単行本とアニメ全話が視聴可能!
②31日以内に解約すれば料金はかからない!
③契約・解約は1、2分で完了!

※なおこちら以外のリンクから登録してしまった場合
お試しキャンペーンがない場合があるのでそちらだけ注意してください。

 

お試し無料視聴はこちらです⇩

【31日無料視聴】U-NEXTキャンペーン公式サイト

 

 

 

ワンピース フィルムレッド【ウタ死亡】その後連載で再登場するのはいつ?

 

ワンピースフィルムレッド【感想評判まとめ】つまらない微妙ひどい面白くないは噓!面白い!

 

ワンピースフィルムレッド【映画時系列まとめ】おかしい?ワノ国後でニカ/ギア5の伏線!

 

ワンピースフィルムレッド【映画エンドロール後】ネタバレ考察!ウタの口パクはなんて言った《ガイモン登場》

 

【動画】ワンピースフィルムレッド映画【ウソップ無限回転ループ】トラブル上映中止

ONE PIECE
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました