【2022最新】BTSの事件まとめ!ノムチョア・アミボム・ランプ・神戸・ヨーロッパ・釜山ペンミ・スーパーマンとは?

BTS
このサイトで1分でわかること
・【2022最新】BTSのノムチョア事件とは?
・【2022最新】BTSのアミボム・ランプ事件とは?
・【2022最新】BTSの神戸事件とは?
・【2022最新】BTSのスーパーマン事件とは?
・【2022最新】BTSのヨーロッパ事件とは?
・【2022最新】BTSの釜山ペンミ事件とは?

【2022最新】BTSの事件まとめ!ノムチョア事件とは?

ノムチョア事件とは、2016年7月13日に行われたBTSのLIVE「花様年華 on stage: epilogue」(大阪公演)終了後に、テテさんがホテルでVLiveをしていた際にジミンさんの部屋から「オッパ、ノムチョア」という女性の声が聞こえたという事件のことを指します。

では、その時の様子を見ていきましょう。

 

1人でVLiveを始めたテテさんが、BTSメンバーの部屋に遊びに行こう!とメンバーそそれぞれに、部屋番号を聞くメッセージを送ったところから始まります。

テテさんは、1番に返事が来たジョングクさんの部屋に遊びに行き、ジョングクさんと一通り遊んだ後、今度はジミンさんに「ジミン今入るぞ!」とメッセージを送りましたが返事は来ませんでした。そのため、テテさんは諦めて一旦自分の部屋に戻ろうとします。

しかし、自分の部屋の鍵を忘れてしまったことに気づき、しばらく廊下でぼーっとしていると、「オッパ、ノムチョア」という女性の声が聞こえたのです。

この、「オッパ、ノムチョア」という韓国語は、日本語で「お兄さん、すごくいい」という意味です。

そこでファンの間では、ジミンさんが自分の部屋に女性を連れ込んでいたのではないかという噂がたってしまったのです!

ただ、一方では男性と女性の声がすることから、誰かを部屋に連れ込んでいたわけではなく、成人向けのビデオを見ていたのではないかとも言われています。

真相は分かりませんが、仮に本当に部屋に女性を連れ込んでいた声が入っていたのであれば、この動画は消されそうですが、今も消されていないので問題になるような行動ではなかったのかもしれません。

ただ、事件はこれだけではないのです…。

【2022最新】BTSの事件まとめ!アミボム・ランプ事件とは?

「アミボム」とは、BTSのコンサートで使用するペンライトの名称のことです。

このアミボムはコンサートを楽しむには不可欠なファン必須のアイテムなわけなのですが、

なんとある1人の女性が、この「アミボム」を使って自○行為をしている動画をBTSの公式Twitterに送ったというのがこの事件です。

現在はその女性のアカウントには鍵がついており、見ることはできなくなっているようですが、ファンからすると許せない行為ですよね…。

他にもペン離れが急増してしまった事件も起こりました。

【2022最新】BTSの事件まとめ!神戸事件とは?

2015年の12月26~28日に行われたBTSのLIVE「花様年華on stage>~Japan Edition~」(神戸公演)が開催される予定になっていました。

26日の公演は通常通り行われましたが、27日に事件は起こりました。

コンサートの開園時間から30分が過ぎた頃にいきなり「本日のコンサートは中止となります」とアナウンスが入ったのです。

中止になった理由は、テテさんとSUGAさんがリハーサル中にめまいを訴え病院でCT検査などを受けた結果、ドクターストップがかかったからです。

BTSとしては7人全員そろっていないと完璧なコンサートが出来ないという理由から、公演中止とすることが決まったようです。

もちろん楽しみにしていたARMYたちは大きなショックにより、泣き叫ぶ人もいたようです。そこで、リーダーであるRMさんが状況を説明し謝罪した後、5人で3曲のみ披露しました。

その後、翌日28日の公演も中止になりBTSメンバーは韓国に帰国しましたが、日本のARMYたちへの謝罪や、今後の対応などの発表がされないまま、韓国の音楽番組には変わらない姿で出演していたといいます。

こういった姿勢から、多くの方が離れて行ってしまうことになったのです…。

体調不良での中止は仕方ないことかもしれませんが、その後の対応はしっかりとしてもらいたいものですよね。

この事件はある人の発言からさらなる波紋を呼ぶことになります…。

【2022最新】BTSの事件まとめ!スーパーマン事件とは?

テテさんが神戸公演中止後初となるTwitterを更新したのです。

そのツイートがこちら。

訳:僕らのかわい子ちゃん達が心配してたって?
#
オッパは大丈夫

心配しないで オッパはスーパーマン

このツイート自体テテさんは日本のARMYたちを安心させるためにしたものかもしれません。

ただ、期待とは反対に日本のARMYたちは、公演中止後の案内や、謝罪がなかったことにさらなる怒りを覚えることになってしまったのです…。

コンサートにまつわる事件は他の国でも起こってしまいます。

【2022最新】BTSの事件まとめ!ヨーロッパ事件とは?

2018年に行われていたワールドツアーでの出来事です。

順調にツアーは進んでいたものの、10月9~10日のロンドン公演の直前に、ジョングクさんが足を負傷してしまったのです!

足の負傷によりパフォーマンスすることが出来ないため、椅子に座って歌唱のみという形での参加となりました。

自身の不注意で足を負傷してしまい、100%のパフォーマンスすることが出来なくなってしまったことを悔やみ、公演中には泣いてしまったようです。

更に不幸はまだ続いてしまいます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

次はジミンさんが首や背中の痛みを訴え、出演予定のイギリスのテレビ番組「ザ・グラハム・ノートン・ ショー」の収録に不参加となってしまいました。

その後も、10月19~20日のパリ公演ではテテさんが体調を崩し声が思うように出なくなってしまったのです。

様々な国でのヨーロッパ公演では公演や移動が重なり本人たちもかなりの疲労がたまってしまっていたのかもしれません。

BTSは韓国のニュースで取り上げられるほどの事件も起こしてしまっています…。

【2022最新】BTSの事件まとめ!釜山ペンミ事件とは?

2019年6月15日釜山にて初めてのファンミーティングが行われるというときに事件が起きました。

当日、本人確認で引っかかったファンとスタッフの間で暴動が起きたのです。

現場ではパトカーが出動する事態になり、SNSでも拡散されていました。

この暴動の発端となったのが「本人確認」の実施のようです。

BTSの韓国公演はそれまではほとんど、本人確認が実施されておらず転売チケットで入場しているファンも多かったようです。

この抗議者の大部分はなんと、「小学生とその父兄や中学生」だったというのです。

この理由は、クレジットカードのない小学生や中学生の代わりに父兄がインターネットでチケットを購入していたため、名前が一致しないという理由で入場ができなかったというものです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

家族関係を確認するために、住民登録謄本を確認して自分の子供を入場させてほしいという父兄の要求も運営側は拒否し、入場させませんでした。

更には、入場時間が当初19時30分までとなっていたものの19時で閉められたというのも問題になったようです。

これも先述した「本人確認」により、入場拒否されたファンたちが強行突破して入場を試みており、それを防ぐために入場を止めるしか方法はないと判断したのだとか。

その結果、自分名義のチケットを持っているファンが19時以降入場が出来なくなり、抗議をしていた人もいたようですが、聞き入れてもらえず入場ができなかったようです。

クレジットカードを持てない小学生や中学生のファンの為にももう少し柔軟な対応をしてほしかった気もしますね…。

最後にまとめを見ていきましょう!

『【2022最新】BTSの事件まとめ!ノムチョア・アミボム・ランプ・神戸・ヨーロッパ・釜山ペンミ・スーパーマンとは?』についてのまとめ

『【2022最新】BTSの事件まとめ!ノムチョア・アミボム・ランプ・神戸・ヨーロッパ・釜山ペンミ・スーパーマンとは?』についてはカンタンにまとめると以下のようになります。

・【2022最新】BTSの事件まとめ!ノムチョア事件とは?
→ジミンさんが女性をホテルの部屋に連れ込んだのでは?という疑惑
・【2022最新】BTSの事件まとめ!アミボム・ランプ事件とは?
→アミボムを使って自慰行為をした動画が投稿された

・【2022最新】BTSの事件まとめ!神戸事件とは?
→2015年12月に行われた神戸公演が急遽中止になった
・【2022最新】BTSの事件まとめ!スーパーマン事件とは?
→神戸公演中止後テテさんがツイートした内容が問題になった
・【2022最新】BTSの事件まとめ!ヨーロッパ事件とは?
→グクさん、ジミンさん、テテさんの体調不良
・【2022最新】BTSの事件まとめ!釜山ペンミ事件とは?
→ファンミの本人確認により入場不可になったファンが大量発生

 

 

更新中

 

 

 

 

 

 

BTS
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました