台風15号16号のたまご【進路予想最新】2022年のいつどこにくる?強さは14号並?

台風15号16号のたまご【進路予想最新】2022年のいつどこにくる?強さは14号並? ニュース
このサイトで1分でわかること
・台風15号16号のたまご【進路予想最新】三連休直撃
・2022年のいつどこにくる?米軍やヨーロッパ予想!強さは14号並?

台風15号16号のたまご【進路予想最新】三連休直撃!

 

2022年9月22日から9月24日までの3連休にかけてまた台風が日本に上陸する恐れがあるということでネット上でもかなり話題になっています。

そんな中でも注目されているのが何と言っても台風15号と16号についてですね。

実際に台風15号と16号のたまごが既に発生しており今後日本に直撃すると言われています。

日本の最新情報【2022年9月22日6時】

 日本の最新情報【2022年9月22日7時】

日本の最新情報【2022年9月22日10時】

 

※このままだと台風15号は24時間以内に台風に発達する可能性がかなり高いとされています。

日本の最新情報【2022年9月22日16時】

台風14号では大きな被害を日本にもたらしたことからかなり台風にも現在注目度がありますが今回の台風15号と16号は

 

  • 3連休に台風が直撃してしまうのか
  • どうかいつどこの被害が多いのか

 

などについて詳しく解説していきます。

実際に今年は海水温が日本近海まで高く日本の近くで台風が発生する条件が揃っています。

だからこそ今回今年に限って台風がかなり多く発生し、

しかもそれがかなり大きくなっているのが現状となっています。

それではアメリカの米軍の情報やヨーロッパ情報など最新の情報について詳しく見ていきましょう。

まず世界で最も信憑性の高いと言われている台風や天気の様子を情報というのが米軍の予想となっていますその米軍やヨーロッパの予想がこちらです。

アメリカ海軍予想

画像

ヨーロッパ予想

※ちなみにヨーロッパのスーパーコンピューターによる天気予報や予測については世界一の推移予想制度と言われています。

実際にその制度は数値的に見ても世界トップクラスで的中しているので今回についてもかなり的中していく可能性が高いと予想することができます!

 

台風14号は9月21日で消滅しました。

しかしフィリピン東海上には新しい台風が発生していて台風のたまごが明らかにあります。

さらにそれだけではなくその下の部分に台風16号のたまごも発生していることから考えてみてもかなり状況としては悪い状況となっています。

このことから考えてみてもこのままいくと9月23日から25日にかけて激しい雨が日本の一部で発生することはほぼ間違いなさそうですね。

実際にも日本の天気予報士などの方々も次々と警戒をしています。

それでは詳しく最新情報について見ていきましょう。

今最も注目されているのが台風15号です。

台風15号は2019年に強風で千葉のメガソーラー発電所で火災を発生させた台風でもあります。

今回は台風14号と違い九州や中国地方、四国にはあまり影響はなく主に西日本に影響があるというよりも東日本に影響があることになっています。

今回の場合は台風14号の風速などとは明らかに違い台風14号は風速70 M などとんでもない大型の台風でしたが今回に限っては最大風速現時点では最大風速18 M と現状ではなっています。

ちなみに台風になる条件として風速が17 M 以上とされているので現時点ではそこまで大きいものというわけではなさそうですね。

しかしそれでも三連休にかけて台風が直撃する事から飛行機や電車など交通機関に影響を与えてしまう可能性は十分に考えられます。

2022年のいつどこにくる?強さは14号並?

特に今回の3連休については

  • 9月23日金曜日
  • 9月24日土曜日
  • 9月25日日曜日

と3連休になっていますが9月24日の土曜日から25日の日曜日にかけて最も関東付近に大きな影響があると予想されています。

しかし勢力がそこまで現段階で強いというわけではありません!

このまま早めに温帯低気圧に変わるようなことがあれば飛行機なども無事に飛ぶこともできると考えられます。

しかし関東地方は三連休は雨になる確率の方がかなり高いと予想されます!

このことから考えてみてもかなりの人たちに今回の台風も影響しそうなことがこのことからも分かりますね。

そして3連休ということもあり多くの音楽フェスなどもありますがその音楽フェスなどの野外のものは中止になる可能性もかなり高くなってきます。

実際に台風があるということ自体で外でフェスティバルなどもできないことからかなり怪しい状況になってしまっているのが事実です。

台風15号の名前はファクサイ

ちなみに今回の台風15号の名前は2019年9月に発生した台風で名前の由来はラオスの女性の名前のファクサイとなっています。

大きさはコンパクトでありながら強い台風で千葉県に上陸しました。

千葉県に上陸したときが最も日本の影響が大きく最大風速35メートル以上ということと瞬間最大風速57 メートル となっていたので観測史上1位を記録しました。

強風による被害がかなり多く多くの住宅が一部破壊され大規模な停電も多く起こるてしまいました。

またソーラーパネルなどから引火してしまったことも当時かなり話題になりました!

 

ちなみに台風16号についてはすでにたまごも存在しており台風16号の方が現時点で危ないのではないかとされています。

立て続けの台風に二次災害のご注意

台風15号が小さいと言われていますが台風14号と同じレベルの台風が台風16号の可能性も考えられると言われていることから考えてみてもかなり台風が続き二次災害なども起こる可能性はとても多くなっています。

台風が二つ続けてくるということは川などが氾濫したりがけなどの付近に住んでいる人達は土砂崩れなどに注意しなければいけません。

二つ一気に台風が来るとなると当然、土砂崩れなどが洪水などが起こる可能性が高くなっています。

実際に台風14号の影響だけでも土砂崩れや浸水の影響がかなり多くなっているので事前に対策をしていきましょう。

台風対策

外のものは全部家の中に

また事前に対策できることというのはまず外に置いてある物干し竿などや花瓶など植木鉢などがある場合は全て家の中に入りましょう。

 

実際に外にあるとあなたがそのものを無くしてしまうというだけではなくそのものが隣の家や誰かに当たってしまい大きな被害を与えてしまう可能性があります。

そうなってしまうとあなたの責任になってしまうのでそうならないためにも必ず外に物は置かないようにし自転車なども家の中に入れることができない場合は家にがっちりと切れない糸などで縛り付けておきましょう。

 

またその時は何十にもして縛り付けておく事をお勧めします。

水対策

そしてもしも水が止まったりする可能性もあるので水が止まった時のために3連休の金曜日から三日間については一旦お風呂を張っておくようにしましょう。

1日に取らなければいけない水分というのが3 L となっています。

人は一人一日3リットルと言われているので

もし四人家族なのであれば12 L 1日に必要です。

そうなってくると三日間準備を最低しておくとしても36 L という水が必要になってきます。

36 L の水と言うと一般的なお風呂をいっぱいにしておけば十分に大丈夫なので事前にお風呂の水をいっぱいに張っておくといいでしょう。

しかし台風については実施にやその他の災害と違い事前に対策することができます!

このように対策をしておけばもし万が一何もなかったとしても対策しておけば万が一があった時のためになるので特に中部地方から関東地方にかけては準備しておきましょう。

さらに一番問題なのが電気についてです。

停電対策

台風14号でも2万件以上の場所が台風の影響で停電してしまいました。

停電してしまうと何もできません。

IH などを使っていたりオール電化のところはお湯を沸かすこともできませんし

もちろん電子レンジも使えず冷蔵庫も機能しなくなってしまいます。

そのことから考えてみても事前にご飯などを温めなくても食べれる非常用のご飯食べれるものを準備しておきましょう。

かなり怖いことかもしれませんが台風は実際に地震などとは違い事前に来る時間帯や備えなければいけないことなどもわかっています。

なのでしっかり事前に準備して万全の状態で三連休を過ごしましょう!

そしてもし予定がない場合は出来る限り外出しないことをお勧めします。

台風は地震などとは違い予想できるものではありますが急に遅くなったり早くなったりすることもありません。

また二つの台風が連続して続くようなことがあれば被害も人間の想像を超える可能性も十分にあります。

大きな被害にあわないためにも一番いいのは間違いなく外に出ないことや安全な場所でいることです。

事前に避難場所などを確認して事前の準備が一番大事になっていくのでしっかりと準備した上で行動するようにしましょう。

特に旅行を予定している人などもいると思うので旅行を予定している人は万が一飛行機が飛ばなくなったり万が一電車が止まってしまった時に泊まれる場所なども事前に調べておくといいかもしれません。

事前の準備事前の準備が一番大事になってくるので台風に備えて起きましょう。

 

 

更新中

 

内容を入力してください。

 

内容を入力してください。

 

内容を入力してください。

 

 

 

内容を入力してください。

 

内容を入力してください。

 

内容を入力してください。

 
 

 

 

ニュース
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました