ゲットレディ【意味考察】ドラマタイトル『準備する』ではなく『覚悟しろ』?

ゲットレディ【意味考察】ドラマタイトル『準備する』ではなく『覚悟しろ!』 ドラマ
このサイトで1分でわかること
・Get Ready(ゲットレディ)【意味考察】
ドラマタイトル『準備する』ではなく『覚悟しろ!』

Get Ready(ゲットレディ)【意味考察】

2023年1月8日から放送されているGet Ready!

そんなGet Ready!の中で注目されているのが

Get Ready!とはいったいどういう意味なのかということについてです。

 

実際にGet Ready!についてどういう意味なのかと言うと直訳すると準備をする準備ができたという意味になっています。

この意味がどういうことなのか詳しく考察していきます。

実際に今回Get Ready!という名前になっていますが、

なぜこのようなGet Ready!という名前になっているのかと言うと今回の作品がチームで行いさらにはチームで多くの準備をして結果的に人を助けるという内容になっています。

ただ単に暇までの医療ドラマとは違い誰かが多額なお金を払って人を助けるというわけではなくその前に多くの準備が必要となっています。

具体的にどういう準備が必要なのかどういう手順があるのかと言うと様々な準備が存在しています。

その準備というのがこちらとなっています。

 

  1. ジョーカーがお金持ちで通常助からない人を見つける
  2. 値段の交渉をする
  3. 主人公が本当に助ける価値があるのかどうかを判断する
  4. 手術をする

 

こちらの手順を見ていただいていただければわかりますが本来ありえないほどの準備と手間がかかっていますね。

さらには手術というのは基本的に準備というものが一番大事になっているのでこの事から考えてみても今回の作品の名前がこのようなタイトルになっているのではないかということが予想できます。

それでは今後の展開についても楽しみになっていきます。

今後の展開やこれからどのような形で結末がついていくのかを注目してしましょう。

しかし準備するという意味だけではないと予想します。

続いて予想される意味というのがこちらとなっています。

ドラマタイトル『準備する』ではなく『覚悟しろ!』

おそらく準備するという意味だけではなく覚悟しろという意味もあるのだと考えられます。

実際に英語で彼女というのは準備するという意味だけではなく英語では覚悟しろ今に見てろよという意味が存在しています。

つまり今回の主人公は恐らく何かに逆襲や復習をしたいという思いもあるのではないかと考えられますね。

なぜならば、こうして医療の最先端技術を常に向上させています。

お金が必要というよりも技術を必要としています。

おそらく過去に技術があれば誰かを救うたけど出なかったそれが今回の大きな病院のせいなのかと考えられます。

そして病院のせいであることからその病院を最終的に続けるまで技術を発展させてそういった病院を最終的に葬りたいのだと考えられます。

実際にすぐ治療などを諦める病院などは病院だとは言えませんね。

自分たちの保身をするためにそして手術が失敗したという風に出回らないためにチャレンジもしないような人たちはいらないという思いからも技術を自分たちが発展させてそういう医者を葬りたいと思っているのではないかと考えられます。

 

>>>Get Ready!がブラックジャックのパクリな【5つの理由】似てるではなくリメイクオマージュ確定!

 

>>>Get Ready仮面ライダー【仮面】怖いダサい?セリフが聞きづらい

ドラマ
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました