リバーサルオーケストラ【意味&考察】タイトルが伏線になっている【3つの理由】

リバーサルオーケストラ【意味&考察】タイトルが伏線になっている【3つの理由】 ドラマ
このサイトで1分でわかること
・リバーサルオーケストラ【意味&考察】
タイトルが伏線になっている【3つの理由】

リバーサルオーケストラ【意味&考察】

2013年12月1月11日から放送されているリバーサルオーケストラ!

そんな中今回のリハーサルオーケストラのタイトルはどのような意味があるのかということで話題になっています。

実際にどういう意味があるのか詳しく解説していきます。

結論から言うとリバーサルというのは絆纒屋逆洗敗北という意味があります。

このことから考えてみても分かりますが逆転するオーケストラという意味があると考えられますね。

なぜこのような意味になっているのかと言うと今回の作品についてはもともとポンコツだったオーケストラが一流のオーケストラを目指してオーケストラが逆転するという内容になっています。

タイトルが伏線になっている【3つの理由】

ポンコツだったオーケストラが一流のオーケストラを目指してオーケストラが逆転するという内容

このことから考えてみても逆転という意味が備わっているリバーサルという単語が使われてオーケストラと組み合わせてリバーサルオーケストラという意味。

またそれだけではなく今回オーケストラでは完全に落ちこぼれのグループとなっています。

つまり負けているオーケストラということからその意味も込められているのだと考えられますね。

複数意味が込められているのがこのことからも分かります。

また今後の展開として一流を目指すようになっていますがもしかするとドラマでは珍しく最終的には一流になることはできず敗北するのかもしれません。

もしかしたら今回の作品の結末がタイトルに書いているのかもしれませんね。

10年前とある理由から表舞台からいなくなってしまっている

また元々門脇麦ちゃんが主演となっていて門脇麦ちゃんが演じる人物というのは市役所勤務をしている西さいたま市役所広報広聴課に勤めている。

どこにでもいる公務員となっています。

しかし実は幼い頃より数々のコンクールを総なめにし名門オーケストラとの共演も果たすなど輝かしい成績があり活躍してきた元天才バイオリニストであることが分かっています。

しかし10年前とある理由から表舞台からいなくなってしまい心から音楽を愛していることは変わりません。

呼吸をするようにバイオリンを弾く天才の人物大好きなバイオリンを静かに弾き続けたいと願っているが”常葉朝陽”にその正体がバレてしまい地元のオーケストラの団体のコンサートのマスターにスカウトされてしまいます。

コンサートマスターとは・・・オーケストラのまとめ役であり指揮者の意図を音楽に反映するリーダーとなっています。

このことから考えてみても元々天才で今は無名ということもあり成り上がるという意味も込めてリバーサルオーケストラという意味が込められているのかもしれません。

実際に今回の物語のあらすじについて見ていきましょう。

埼玉県の外れにあるのどかな町の西さいたま市。

そんな街では音楽での地域活性化を考えて視聴のときは市長の考えにより立派なシンフォニーホールを建設中市役所の広報甲賀町に勤務する”谷岡初音”はシンフォニーホールがオープンする4月の告知をするためにポスター配布を公民館にすることになり公民館に行ってきます。

そこで行われていた地元のオーケストラ、しかしそのオーケストラのアンバランスさに衝撃を受けてしまう。

5年ぶりに帰国した人気バイオリニスト三島がニュースで騒がれている中”谷岡初音”は自宅のレッスン室で一人で気持ちよくバイオリンを奏でる。

その実力は圧倒的で市役所にいるときとは別人のように楽しそうな表情実は”谷岡初音”は天才の名を欲しいがままにしたバイオリニストだった。

いかなるコンサートでも優勝し未来が約束されているもとある理由で10年前に表舞台から去っている西さいたま市長の父親に強引に呼び戻されたドイツから帰国したばかりの maestro ”常葉朝陽”

”常葉朝陽”は西さいたま市の市役所の団体の指揮者になることに



そして練習場に行くとのんびりムードで雷やる気のない団員たちに厳しく怒る”常葉朝陽”団員たちは突如現れた悪魔のような指揮者に恐れてしまいます。

”常葉朝陽”でしたが”谷岡初音”の存在に気づきませ天才バイオリニストがいるということからいきなりやる気を出して”谷岡初音”を使ってポンコツ改善計画を立案します。

それに対して表舞台には出たくないことから逃げる”谷岡初音”と”常葉朝陽”怒涛のスカウト攻撃がスタートするステージを降りひっそりと生きていた元バイオリニストが毒舌のマエストロに巻き込まれポンコツオーケストラを一流オーケストラにする物語一発逆転の音楽エンターテイメントとなっています。

このことから考えてみてもわかりますがリバーサルオーケストラという意味がこのことからもわかりますね。

タイトルに今回のあらすじの内容も込められています。

おそらく今後さらにどういう内容なのか分かっていくことでしょうこれからどのような展開になっていくのか楽しみですね。

これからの展開についても注目していきましょう!

ちなみに実際の視聴者の反応がこちらとなっています。

こちらを見ていただいても分かる通りかなり期待されているようですね。

物語の展開としても新しい展開が望まれておりのだめカンタービレやその他多くの作品に似ている部分もあるので他の作品と差別化できるような展開になっていて欲しいですね。

これからの展開についてどのように結末に運んでいくのか楽しみですね!

 

>>>リバーサルオーケストラ【ロケ地&撮影場所まとめ】画像付き目撃情報エキストラ!

 

>>>リバーサルオーケストラ原作漫画【結末ネタバレ】初音が音楽をやめた理由

 

>>>リバーサルオーケストラ韓国ドラマのパクリな【5つの理由】のだめ/ベートーベン・ウィルスに似てる?

ドラマ
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました