エドワード ウィーブル 【正体ネタバレ】クローン失敗作!白ひげの息子ではない?

エドワード ウィーブル 【正体ネタバレ】クローン失敗作!白ひげの息子ではない? ONE PIECE
このサイトで2分でわかること
エドワード ウィーブル 【正体ネタバレ】クローン失敗作!
白ひげの息子ではない?
ワンピースの
 
  • 過去の映画の全作品
  • アニメ最新話まで全話
  • 漫画の最新刊まで全巻のうち1巻
 
が期間限定で無料視聴可能!
 

エドワード ウィーブル 【正体ネタバレ】クローン失敗作!

2023年1月23日に発売された週刊少年ジャンプの中で ONE PIECE 1072話が公開されました。

1072話の中では何と言っても話題になっているのがステューシーの正体についてですね。

ステューシーの正体については元ロックス海賊団のバッキンガムのクローンの成功第1号であることがわかりました。

衝撃的な事実に話題になっていますがその中でさらに注目されているのが何と言っても、

そのロックス海賊団のバッキンガムの息子とされるエドワードウィーブルについては実際の息子の中それともクローンなのかということについてですね。

実際にタイトルにもありますがエドワードウィーブルについてはクローンの失敗作の可能性がかなり高いと予想できます。

実際に体には無数の傷がありかなり色んなところが手術された跡がありますね。

元ロックス海賊団の団員でもあったバッキンガムという母親が近くにいるにも関わらず、あそこまで傷だらけになる傷を負うとは考えられません。

実際にバッキンガムも自分の息子のエドワードウィーブルを慕っており虐待であそこまで傷つけるという可能性もありえませんね。

そのことから考えるとやはり何か手術をしたという可能性が高くなっていきます。

つまりクローンとして作られ手術をしてあそこまで体中が傷だらけなのだと考えられます。

そうなってくるとエドワードウィーブルをクローンの可能性が高く白ひげのクローンの可能性が最も高くなっていくのではないかと考えられます。

実際に白ひげのクローンであればバッキンガムが白ひげの唯一の本当の息子というのもうなずけますね。

実際にクローンであれば息子といっても過言ではありません。

しもしバッキンガムと白ひげが本当に愛し合っていた中なのであればバッキンガムが白ひげのクローンのことを息子のように慕って息子だと思い育てるのも当然です。

以上のことから考えてみてもエドワードウィーブルは息子ではありますが白ひげのクローンという可能性が最も高くなっていきます。

それでは実際に白ひげの息子なのかどうかについてさらに詳しく解説していきます。

白ひげの息子ではない?

まず結論から言うと白ひげの息子という可能性はかなり低いと考えられます。

実際に白ひげが本当に自分の息子を持っていたのであればその息子と離れ離れになるというのはありえませんね。

自分の仲間ですら家族のように大事に思いその仲間が海軍に囚われたら世界的な戦争になってでも取り返しに行くという白ひげの考え方があるにも関わらず自分の息子と離れ離れになる事は許容するとは考えられません。

あそこまでの力があるのであれば自分の息子を手元に置いておくことでしょう。

また自分の愛した女性についても近くに一緒にいると考えられます。

実際に白ひげのそばにいたら危ないから遠くに暮らさせていたという可能性も一部で言われていますが実際にバッキンガムは自ら白ひげの息子がエドワードウィーブルだということを話していたり自分は白ひげから愛された女だと言っていることから考えてみても標的になる可能性が考えられます。

わざわざ標的になってしまったら白ひげの側にいた方がむしろ安全ですね。

どちらにせよ海軍から世界政府から狙われる存在になるのであれば当然白い家の近くにいるのが当たり前でしょう。

しかしそれでも白ひげの近くにいなかったということはやはり実の息子ではなく勝手にバッキンガムいやベガパンクが作り上げたクローンの可能性が最も高くなっていくことでしょう。

どちらにせよ白ひげが関わっていることはほぼ間違いありません。

というのもエドワードウィーブルはその能力や強さは間違いありません。

実際に海軍大将たちもその実力は白ひげの全盛期と同じレベルという風に認めています。

ちなみに白ひげの全盛期といえばロックス海賊団に所属していた頃やゴールドロジャーと戦っていた頃です。

その時代はゴールドロジャーと白ひげが世界のてっぺんを取っていたので世界一のレベルの強さがエドワードウィーブルにはその会っているということになります。

その事から考えてみてもエドワードウィーブルの実力は白ひげの息子やクローンでしかありえませんね。

見た目も実際に似ていることから考えてみてもクローンで失敗作の可能性が最も高いのではないかと予想します。

実際の正確なクローンであればグラグラの実は悪魔の実は黄色の破棄なども十分に使えると考えられますがいまのところそのような能力が備わっているようには見えないのでこのことから考えてみても失敗作の可能性は考えられます。

それでも映画 ONE PIECE FILM Z でも話題になったゼファーの腕を切り落とした人物がおそらくエドワードウィーブルでもあることから元々ゼファー は海軍大将の人物でした一人で世界を変えることの実力もあった人物でもあることから考えてみてもその人物に勝って腕を切り落としたとなると相当強いのは間違いありませんね。

以上のことから考えてみてもエドワードウィーブルの実力は間違いなくクローンの失敗作という可能性が最も高くなっているとかかります。

これからあそこまで傷が多くなっているわけや実の息子なのか黒なのかも分かっていくと考えられるのでまた新しい情報が分かり次第記事を更新していきます。

それでは実際の読者の反応がこちらとなっています。

こちらの読者の反応を見ていただいても分かる通りかなり話題になり注目されているようですね。

これから物語の中でも間違いなく重要な人物となっていくので今後の展開についても注目して見ていきましょう。

 

そして現在、期間限定でワンピースの漫画やアニメを完全無料で視聴可能!

最新刊まで公式で電子書籍無料視聴キャンペーン中

連載の修正済みの単行本の内容がこちらで無料で視聴可能になっています!

※無料登録ポイント600ポイントで1巻無料視聴可能⇩

アニメはもちろん無料で31日間視聴可能

お試し無料視聴はこちらです⇩

【31日間無料】U-NEXTキャンペーン公式サイト

ONE PIECE
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました