本ページはプロモーションが含まれています。

ONE DAY 聖夜のから騒ぎ 原作ネタバレ【最終回結末】韓国ドラマや漫画のリメイク

ONE DAY 聖夜のから騒ぎ 原作ネタバレ【最終回結末】韓国ドラマや漫画のリメイク? ニュース
このサイトで1分でわかること
・ONE DAY 聖夜のから騒ぎ 原作はあるのか?
・ONE DAY ドラマの脚本家は誰なのか?
・韓国ドラマや漫画のリメイク?
・あらすじやネタバレ【最終回結末】
 

ONE DAY 聖夜のから騒ぎ 原作はあるの?

結論から言うと今回の作品は原作はありません

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」は、2023年10月9日からフジテレビ系で毎週月曜日の21時から放送されているテレビドラマです。

このドラマの脚本家は、徳永友一さんという実力派の脚本家です。

※メガネをかけられている方が徳永友一さんです。

徳永友一さんは、これまでに多くの人気ドラマや映画の脚本を手がけてきた実力派の脚本家で、1976年生まれです。

彼は2001年に獨協大学法学部法律学科を卒業後、総合人材サービス会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア)に7年間勤務し、オリジナル作品「同棲倶楽部」が第14回フジテレビヤングシナリオ大賞最終選考対象作品に選出されました。

近年は映画脚本も手がけ、2019年には『翔んで埼玉』で第43回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞しました。

その他にも、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』、『ライアー×ライアー』、『劇場版ルパンの娘』などの人気作の脚本を担当しています。

徳永友一さんの脚本は、コミカルでテンポの良い会話や、緻密で意外性のある展開が特徴で、登場人物たちの感情や背景にも深く切り込んでいます。彼は自身の作品について

徳永友一「視聴者の方々に楽しんでもらえるように、常に新しいことに挑戦しています」

と語っています。

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」は、徳永友一さんが培った脚本の技術とセンスを存分に発揮した作品で、クリスマスイブという特別な日に起こる3人の主人公たちの物語は、視聴者を驚かせたり感動させたりすることでしょう。

このドラマは、徳永友一さんによるオリジナルストーリーであり、他では見られない斬新なドラマです。

ドラマオタクの方はもちろん、ドラマ初心者の方もぜひご覧ください。

徳永友一さんの代表作品について簡単に紹介しましょう。

ONE DAYの脚本家の徳永友一さんの代表作品

ドラマ・水球ヤンキース(2014年 フジテレビ): このドラマは、女子高校生の水球チームを題材にした青春スポーツドラマです。徳永友一さんの脚本により、チームの成長と友情を描いています。

ドラマ・僕たちがやりました(2017年 フジテレビ): このドラマは、高校生たちが犯罪に巻き込まれる様子を描いたサスペンスドラマです。徳永友一さんの脚本により、緊張感のあるストーリーが展開されます。

ドラマ・グット・ドクター(2018年 フジテレビ): このドラマは、自閉症スペクトラム障害を持つ主人公が医師としての成長を遂げる姿を描いたメディカルドラマです。徳永友一さんの脚本により、感動的なストーリーが展開されます。

映画・翔んで埼玉(2019年): この映画は、埼玉県を舞台にしたコメディ映画で、埼玉県を揶揄するユニークな設定が特徴です。徳永友一さんは脚本を担当し、笑いと奇抜なアイデアが詰まった作品となりました。

映画・ライアー×ライアー(2021年): この映画は、嘘をつくことができる特殊な能力を持つ主人公が、その能力を活かして事件を解決するストーリーです。徳永友一さんの脚本により、スリリングな展開と能力を巡る謎が描かれています。

これらの作品は、徳永友一さんの幅広いジャンルでの脚本力を示すものであり、それぞれ異なる要素を持っています。彼の作品には独自の魅力があり、視聴者や観客に感動や笑いを提供してきました。新作「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」も、彼の才能を期待させる作品であることでしょう。

ONE DAY 聖夜のから騒ぎのネタバレを見て行く前にあらすじを見ていきましょう!

ONE DAY 聖夜のから騒ぎのあらすじは?

1話あらすじネタバレ

2023年12月23日、横浜のクリングル号記念公園。勝呂寺誠司(演: 二宮和也)は激しい頭痛に襲われながら目を覚ました。目の前には、頭を撃たれて倒れた男と、拳銃が転がっている光景が広がっていました。その瞬間、誠司のスマートフォンが鳴り、何者かが「今すぐその場から離れろ」と命じるメッセージが届きます。さらに、電話の相手は、1時間後の別の場所で誠司に会うよう命じるのです。

一方、横浜・関内で三代にわたり愛されてきた老舗レストラン『葵亭』のシェフ、立葵時生(演: 大沢たかお)は、クリスマスディナーの準備に追われていました。厨房に現れた見知らぬ男が、彼に気付かれると、カウンターを軽々と飛び越えて逃げ出します。時生も追いかけようとするが、つまずいてしまい、代々受け継いできた秘伝のデミグラスソースが入った寸胴鍋をひっくり返してしまいます。

一方、地方テレビ局『横浜テレビ』の報道キャスター、倉内桔梗(演: 中谷美紀)は、銃殺事件の報せを受け、現場へ急行します。長年にわたり、自身が企画した報道番組『日曜NEWS11』でキャスターを務め、理想の報道を追求してきた桔梗は、この事件を番組で扱う決意をします。しかし、突如として番組から降板を告げられてしまうのです。

最新話の2話あらすじネタバレ

勝呂寺誠司(演: 二宮和也)は、記憶を失いながらも殺人容疑者として追われる日々を過ごしていた。ある日、彼は八幡柚杏(演: 中村アン)から驚くべき情報を聞かされる。それは、警視庁組織犯罪対策部の管理官・蜜谷満作(演: 江口洋介)が彼の過去を知っているというものだった。誠司は自分の無実を証明するため、蜜谷に会うことを決意し、彼がいると言われた横浜警察署へ向かう。

一方、老舗レストラン『葵亭』のシェフ・立葵時生(演: 大沢たかお)は、店内で発見された拳銃のことを警察に通報する。しかし、犯人からの報復を恐れた時生は、クリスマスディナーの営業を中止する決断をする。だが、ソムリエールの竹本梅雨美(演: 桜井ユキ)とスタッフたちは、店でひとりきりになることを避けるために、営業を続けることを決意する。

一方、地方テレビ局『横浜テレビ』の報道キャスター・倉内桔梗(演: 中谷美紀)は、クリングル号記念公園で起きた殺人事件の取材をしていた。事件の逃亡犯が彼女の学生時代の知り合いだという情報を得た桔梗は、上司の指示に反し、最後の番組で事件の特集を組もうと決意する。

そして、横浜警察署に到着した誠司は、報道陣に紛れて署内に潜入する。同じく警察署を訪れた桔梗の部下で、時生の娘でもある横浜テレビの新人記者・立葵査子(演: 福本莉子)は、『葵亭』で使用されたと思われる拳銃が発見された情報を入手する。桔梗は、時生に取材を受けないように警告するため、査子に連絡を取るよう指示する。そして、物語は緊迫の展開へと進んでいく。

こちらのあらすじを見ていただいてわかる通り 今後の展開がかなり気になる内容となっておりさらに今までにないような物語の展開にもなりそうですね!

それでは今後の展開はどのような内容になっていくのかというところについて詳しく見ていきましょう!

ONE DAY 聖夜のから騒ぎ ネタバレ予想【最終回結末】

状況の悪化とキャラクターの導入

物語は、横浜のクリングル号記念公園での銃撃事件から始まりました。主人公である誠司は、目の前に倒れた男性と拳銃を見つけ、謎の電話によって次なる行動が示されました。

同時に、老舗レストラン『葵亭』のシェフである時生も、見知らぬ男性の出現によって事件に巻き込まれました。そして、地方テレビ局の報道キャスター、桔梗も事件の報道に携わることとなりました。

この段階では、物語の複数の要素が導入され、主要なキャラクターが登場しています。読者は誠司、時生、桔梗のそれぞれの立場や個性を理解し、彼らが事件にどのように関わっていくのかに興味を持つことでしょう。

調査と事件の謎解き

物語は、誠司、時生、桔梗がそれぞれの立場から事件を追求する過程を描きます。

誠司は謎の電話に従い、1時間後の場所へ向かう決断をし、その場で何が起きたのかを解明しようとします。

一方、時生は厨房での出来事を振り返り、見知らぬ男性が何を求めていたのかを突き止めようと奮闘します。そして、桔梗は報道キャスターとして事件を深く掘り下げ、真相を明らかにしようとします。

この過程で、三人のキャラクターはそれぞれのスキルと資源を活用し、事件の謎に迫っていきます。同時に、読者は事件の背後に何があるのか、そして登場人物たちがどのように交わるのかに興味を持ちます。

緊迫の展開とキャラクターの成長

物語は次第に緊迫感を高めていきます。誠司、時生、桔梗はそれぞれの調査を深め、事件の核心に迫っていきます。しかし、事件は予測不可能な展開を見せ、新たな謎や障害が立ちはだかります。

誠司は1時間後の指定場所へ向かい、謎の人物と対面します。そこで、事件の背後に隠された陰謀や動機が浮かび上がり、誠司は自身の生命を賭けた選択を迫られます。

一方、時生は寸胴鍋を倒したことで、その秘伝のデミグラスソースにまつわる謎を解明しようと奮闘します。そして、桔梗は報道番組を通じて事件を世間に伝える一方、自身のキャリアと信念についても向き合います。

物語のこの部分では、キャラクターたちの成長や決断がクライマックスに向けて進化していきます。読者は、彼らの選択がどのように物語の結末に影響を与えるのかに注目します。

真相の解明と結末の決着

物語は最終的に、事件の真相が明らかにされる場面へと向かいます。誠司、時生、桔梗はそれぞれの調査の成果を結集し、事件の裏にある驚くべき事実に迫ります。謎解きが進む中で、キャラクターたちは過去の出来事や人間関係に直面し、自身の信念や価値観を再評価します。

最終的に、事件の黒幕や真実が明らかになり、誠司、時生、桔梗はそれぞれの役割を果たし、事件に決着をつけます。

この結末で、キャラクターたちの成長と物語全体のテーマが浮かび上がり、読者に感動と納得の瞬間をもたらします。

物語全体を通じて、サスペンスとドラマが交錯し、キャラクターたちの内面と外部の謎が解き明かされることで、読者は物語に引き込まれ、展開に胸を熱くさせられるでしょう。そして、結末に向けての緊張感が高まり、最後まで引き込まれることでしょう。

コロナからどのような展開になっていくのか 楽しみですね 今後の展開についても注目してみていきましょう!

それではファンの反応も見ていきましょう!

ファンの反応

こちらを見ていただいても分かる通り かなり 視聴者からも期待されているようです!

これからどのような展開になるのかというところを 視聴者が予想しながら見ていく作品となっていくのでこれからの展開にも注目していきたいですね。

特に今回 二宮和也さんが主演で出ているということもあり 相当 月曜日 9時 の フジテレビで 月9 と言われる ポジションでもかなり気合を入れていると考えられます!

どのような展開になっていくのか そしてどのような結末が待っているのか 注目していきましょう !

おそらく今までとは少し違ったような月曜日9時のドラマの魅力を感じることができていくのではないかと考えられます!

>>>ONE DAY 聖夜のから騒ぎ 意味不明で意味がわからない?解説!

>>>ONE DAY 聖夜のから騒ぎつまらない面白くない微妙【3つの理由】面白い?

>>>ONE DAYのナレーションは誰?超大物佐藤浩市で王様のレストランに似てる?

 

Today Pick UP
ニュース
ANSER
error: Content is protected !!