本ページはプロモーションが含まれています。

呪術廻戦256話rawネタバレ【考察】ミゲルの覚醒!宿儺が五条以上に苦戦

呪術廻戦256rawネタバレ【考察】ミゲルの覚醒!宿儺が五条以上に苦戦! ニュース

ついに最終局面となり、まさかの日下部さん以外のミゲルやラルゥ、虎杖と真希さん、チョウソウなど複数で宿儺と戦う展開になった呪術廻戦256話!

そこで256話の最新速報ネタバレについて画像付きで詳しく解説していきます。

実際にこの記事を見れば以下のようなことがわかっていきます。

呪術廻戦
・最新話の256話確定速報ネタバレ
・256話の考察
・感想
・休載情報&発売日はいつか

それでは256話の最終話の速報ネタバレから見ていきましょう!

 
 
 

呪術廻戦【256話ネタバレ】最新話確定!

最初に、今回のネタバレについて簡単に解説していきますね!

1: 黒センによってどんどんと調子を上げていく宿儺
2: このまま領域展開ができるようになる前に、畳み掛けるように見える以外の人物が総攻撃
3: まきさんとチョウソウが 再び黒センを受けて、普通の惨劇の出力も上がる
4: 合計4回の攻撃を食らい、どんどん調子を上げていく。宿儺
5:ミゲルがラルゥのことを 抱えて逃げようとするがラルゥが ハートキャッチャーで 宿儺の意識をこちら側に向ける
6: 虎杖と戦っているのか、宿儺の意識をこちらに向けたことによって、結果的に 虎杖からの黒センは、宿儺に今までかつてないほどものに当たる

このような展開になったことによって高専側が一気に有利になりましたね!

この前は、宿儺が調子を上げていて、一方的な展開になると思いきや、思わぬサポートによって虎杖が救われて、虎杖の魂を直接攻撃する攻撃によってままで、かつてないほどにクリーンヒットさせることができるようになりました。

このことから考えてみても、ほぼ間違いなく今までで最も大きなダメージを宿儺は食っていると考えられます!

そして256話の中でも解説されていましたが、実際にどれだけ攻撃力の差があったとしても、どれだけ宿儺が強かったとしても、結果的に魂に対して攻撃できる虎杖の攻撃のことを考えれば、十分にダメージを食らう可能性があり、さらにそのダメージが宿儺と伏黒の魂を引き離すことができます!

魂を引き離すことさえできれば、基本的にどれだけつよい相手だろうが、どれだけつよい、宿儺であろうが、回復をしようが関係ありません!

ここまで宿儺が強くなっていく展開を考えると、やはり伏黒の魂を復活させると言う展開にしていくのではないかと予想できます!

それでは、最新のネタバレがわかったところで、詳しく前回の振り返りから今後の展開の考察についても解説していきす!

呪術廻戦【256話ネタバレ】振り返り!

それでは詳しく振り返りからまず見ていきましょう!

まず今後の展開として注目されているのがなんといっても日下部さんの戦い方についてですね。

それでは詳しく日下部さんの戦い方や今後の展開について解説していきます!

実際に254話の中で、宿儺に敗北してしまいましたが、本当に死んでしまったのかなどやなぜあそこまで戦えたのか等についても解説していきますね!

術式と戦略:宿儺対日下部さんの激突

物語の中で、日下部さんが最強の一級術師として知られている背景には、その圧倒的な力と知略があります。

一方、宿儺もまた、術式の熟練者としてその名を馳せています。

二人の戦いは、ただの力対力のぶつかり合いではなく、戦略と技術の精密なチェスゲームのようなものです。

日下部さんは、新陰流の技術を駆使し、宿儺の術式を弱める戦略を採用しています。

これは、日下部さんの攻撃を効果的に防ぐための独自の方法です。

しかし、日下部さんは単に守りに徹するだけではなく、攻撃の機会をうかがっています。

特に、「新陰龍合裕月」という未だ全貌が明かされていない技は、宿儺にとって予測不可能な脅威となり得ます。

そしてこのように術式において、間違いなく世界最高歴代最強の強さを持っているのが宿儺です。

だからこそ、そんな宿儺に対しては、どれだけつよい術式で対応しようとしても不可能であることが五条悟と宿儺の戦いで明らかになりました。

このことから考えてみてもわかりますが、まず間違いなくこれからどのような展開にあったとしても力業で宿儺に勝つことができないというのが証明されたようなものです。

だからこそ重要になってくるのが術式以外での戦い方ですね。

もしくはもう一つ考えられるのが、虎杖が、魂に直接攻撃をして、伏黒の魂を蘇らせたり、伏黒がコントロールできるようになれば話は変わっていきます。

しかし、現段階で一番重要になってくるのが日下部さんの攻撃となってくるので、今後も日下部さんによる攻撃等は徐々に明らかになり、その強さも明らかになっていることでしょう!

宿儺の側では、その非凡な術式と戦略が光ります。

自身を最強とするだけあり、その能力は術式の運用に止まらず、戦略の面でも他を圧倒しています。

特に、呪物家としての自身の体を利用した戦術は、一般的な術師の想像を超えたものです。さらに、五条悟の術式を破るなど、その天才的な側面は戦いの中で際立っています。

対決の結果と未来の展望

日下部さんと宿儺の戦いは、ただの力比べ以上の意味を持っています。

この戦いは、双方の技術、戦略、そして精神力が試される場となります。

日下部さんが防御に重点を置きつつも、攻撃のチャンスを伺う戦略は、宿儺に対する有効な対策かもしれません。

しかし、宿儺の圧倒的な力と戦略は、宿儺にとって大きな挑戦です。

日下部さんがもし戦いに敗れると、次に誰が宿儺と対峙するのかという問題が浮上します。

現在の情勢では、真希さんや虎杖が次の候補として考えられますが、彼らも宿儺との戦いで重傷を負う可能性があります。

それでも、物語の展開上、これらのキャラクターが再び前線に立つことは必然とされています。

技術と心の術式

日下部さんと宿儺、それぞれの術師が持つ技術と心理の戦いは、読者に深い印象を与えます。

術式だけでなく、戦いの背後にある思考と戦略が、物語の魅力を一層深めています。

日下部さんが新陰流を駆使する戦略、宿儺が術式と天賦の才を生かした戦術、これらは物語の中で重要な要素となっています。

最終的に、日下部さんと宿儺の戦いは、ただの一対一の戦い以上の意味を持ちます。

しかし、残念ながら、日下部さんは254話の中でやられてしまいました!

かなりのダメージをくらっていることから、死んでいる可能性は確かに考えられますが、五条悟のように真っ二つになっていると言うわけではないので、そのことから考えるとおそらく回復していく可能性は少なからず考えられます!

ただし、戦いに復帰するかどうかというのは話が別です。

実際にあそこから回復して戦えるようになる事はおそらくないと予想できますね。

というのも、日下部さんを復帰できる位まで戦わせる反転術式の能力がある人物がいるのであれば、乙骨先輩や真希さん、五条悟等に回復の力を注ぐと考えられます。

そのことから考えてみても、基本的に戦いには復帰しないでしょう。

ミゲルの強さ!

そして今後最も楽しみなポイントについては、海外の呪術師であるミゲルについてですね。今までその力は明らかになってきませんでした。

五条悟のことを10分間の間足止めができたかなりレベルの高い人物であることは間違いありません。

実際に五条悟が本気を出していたと言うわけでもないので、同等やそれ以上に強いと言う事はおそらくありえないと予想できます。

しかしポイントになってくるのは、宿儺がどれだけミゲルに対して対策できるのかと言うところがポイントです。

実際に宿儺は今まで虎杖の中にいたので、基本的に日本の呪術師の戦い方や能力についてはある程度理解できており、対策することができません。

しかし、もともと海外にいたミゲルについては、対策することがなかなかできません。

だからこそ今まで戦ったことがない人物であり、海外の人物と言うことから対応が今までとはかなり変わって、なかなか攻撃をつかめずに行く可能性は高そうですね。

実際に五条悟についても今までに見たことがないタイプだったからこそ、時間が倒すのにかかったのだと考えられます。

以上のことから考えてみても、今までの中でもトップクラスに見えるについては、宿儺のことを足止めができたり、ダメージを食らわせることができるのではないかと予想できます。

実際にこの戦いになる可能性はかなり想定されていると予想できるので、例えば乙骨先輩や五条悟が直接ミゲルに対して、宿儺を倒すときの助言などをしていた可能性も考えられます!

ミゲルのポテンシャルは、乙骨先輩以上!

実際に海外の呪術師についてはあまり強くなかったり、そもそも存在しないにもかかわらず、このように教育されていない段階でミゲルが強いことはわかっています。

つまり、教育された場合、落とし先輩や五条悟以上のポテンシャルがある可能性は十分に考えられるので、これから想像絶するほどの成長を見せて、宿儺を倒すと言う可能性も考えられますね。

例えば倒さなかったとしても、かなりのダメージを与えたり日下部さんのようにすぐに敗北すると言う事はおそらくないでしょう!

そして衝撃なのは、五条悟も負けると話しているミゲルの身体能力についてです!

ミゲルが五条悟以上の身体能力

ミゲルが五条悟以上の身体能力を持っていることがわかりました!

実際に99%以上は呪術師と言うのは日本人です。

しかし黒人の身体能力とは半端ではありません。つまり宿儺にとっても黒人の身体能力や動きと言うのは未知数だと言う事ですね。

だからこそ、その身体能力を上げることのできる術式を持っているミゲルについては、宿儺の想定を上回る動きで、今後処理していくのではないかと考えられます。しかもそこに反転術式で回復した虎杖とまきさんとチョウソウも加わっていることから考えると、相当状況は良くなっていると考えられますね。

それでもダメージがあり、反転術式も緑にできない状態にはなっていますが黒センを放つことができることから、考えてみても、まだまだ油断できない状況になっていますね!

しかし、この戦いも、おそらく今後一人一人削られて終わっていくのではないかと考えられます!

虎杖の覚醒!

今まで虎杖については、黒センを百発百中狙って出せないということがわかっています。

しかし、ここまで狙って出せないと言うふうに言われているとなると、今後虎杖が覚醒し、成長したことによって、結果的に黒センが自由自在に使えるようになっていてもおかしくはありません。

そして黒センが自由に発動できるようになれば、虎杖の実力についても格段に上がっていきますね!

しかし、今までにいちど虎杖が覚醒したのではないかと匂わせておきながら、実際には覚醒していないと言うこともありました。

また、今回の虎杖が黒センを自由にできるようになったとすれば、その実力については圧倒的に高まります!

そして次の戦いがこちらです!

冥冥の紹介と冥冥の術式の特徴

冥冥は、呪術廻戦の世界において独自の活動を行うフリーの一級呪術師です。

冥冥は高専の先輩として知られ、五条悟や夏油からも認められています。

術式に関しては、国中術を用い、カラスを操ることができます。

これにより、冥冥は視界を共有し、情報を収集する重要な役割を担います。また、戦闘では、カラスに自爆させることで強力な体当たり攻撃を可能としています。

しかし、冥冥は国中術の限界を認識し、術式なしでも戦えるよう体を鍛え、大斧を用いた戦闘にも対応可能です。

このことから考えてみてもわかりますが、おそらく冥冥も出てきて、共に戦うパターン、もしくは冥冥がメインで戦う展開になっていくのではないかと考えられます。

呪術海鮮の今回の作品の中でも、トップクラスに人気のあるキャラクターでもあるので、今後どのように対応していくのか楽しみですね。実際に冥冥はお金の事しか考えていないようにも感じます。

自分のメリットとお金のことしか考えていないかもしれませんが、結果的に世界を救うためにその考えを直してきてくれるのではないかと考えられます。

実際に冥冥にとってもメリットがあることは間違いありません。

実際に宿儺が支配する世界になってしまえば、お金等やそういった今の生活等もできなくなってしまいます。

せっかくお金を貯めていたり、良い生活をしていたとしても、宿儺がトップになってしまえばそれはすべて変わりいつ死んでしまうがわからないような状況にもなってくるので、がいなくなることでメリットは十分にあります。

そのことを話しながら、なんだかんだで助けをしてくれるのではないかと考えられます。

冥冥の戦歴と冥冥が抱える課題

冥冥は過去、様々な戦いに挑んできました。

渋谷事変では、魔人の改造人間の大軍と戦い、見事一掃しました。その力は非常に高く評価されています。

また、準1級以上の敵とも戦っており、その過程で豊富な戦闘経験と知識を蓄積してきました。

しかし、冥冥は特級術師にはなれておらず、それが冥冥の大きな課題となっています。

特級になるためには、単独で国家転覆が可能であるなどの条件が必要ですが、冥冥の技はそこまでの力はないとされています。

冥冥が今後の戦いにどう関わっていくか

冥冥の今後の活躍には大きな期待が寄せられています。

冥冥の術式は、戦場での情報収集や味方への支援に非常に有効であり、特に新宿決戦においては冥冥の力が重要な役割を果たすと考えられます。

冥冥のバードストライクは、後方からの支援において非常に強力であり、多くの敵を一掃する能力を持っています。

しかし、冥冥は特級術師にはなっていないため、冥冥自身の安全も考慮しながらの戦いが求められます。

今後、冥冥はどのように戦いに参加するのか、そして冥冥の能力が味方をどうサポートするのかが注目されます。特に、冥冥の情報収集能力は、敵の動きを先読みし、戦況を有利に進めるために重要な要素となるでしょう。

冥冥の活躍によって、戦いの流れが大きく変わる可能性があります。

呪術廻戦の世界では、五条悟と乙骨憂太が中心人物として活躍しています。

この二人の強力な呪術師は、物語の重要な転換点において、読者にとっての期待の星となっています。

本記事では、これらのキャラクターがどのように物語に影響を与え、特に宿儺との戦いにおいてどのような役割を果たしているのかを詳細に探求します。

五条悟の戦略と役割の真価

呪術廻戦において、五条悟は他の呪術師と一線を画する存在です。

平安時代から脈々と受け継がれる最強の呪術師としての地位を保ち続けてきました。

しかし、彼の真の役割は、単に敵を倒すことではなく、より大きな戦略の一環として機能しているのです。

特に宿儺との戦いでは、五条は自らを犠牲にし、チーム全体の勝利のための土台を築きました。

五条の役割の一つ目は、宿儺の圧倒的な「呪力量」を削減することでした。宿儺の呪力量は通常の呪術師には耐えがたいものであり、五条無しでは戦線が維持できなかったでしょう。

彼の「反転術式」は、他の誰もが不可能と思える状況下でも効果を発揮し、チームに呼吸の余地を与えました。

次に、五条の役目は、宿儺の「領域展開」を封じ込めることでした。

宿儺の領域展開は、その広範囲と破壊力で知られ、一度発動されれば多くの呪術師が対処不能に陥ります。

しかし、五条はこれを封じ、戦況を大きく左右しました。

彼の行動によって、呪術側は宿儺に対して有効な反撃の機会を持つことができました。

最後に、五条は宿儺の術式を理解し、味方に有用な情報を提供しました。これは、特に新しい術式に対して、事前に対策を立てる上で非常に重要でした。

五条は自らが直接戦うことによって、宿儺の技を解析し、その情報を仲間と共有することで、呪術廻戦の結末に大きな影響を及ぼしました。

乙骨憂太の重要性と成長

乙骨憂太は、物語の中で顕著な成長を遂げるキャラクターです。彼の成長は、五条との関係性を通じて、さらに深まります。

五条から学んだことを実践に移すことで、乙骨は自身の内面と能力の両方を強化していきます。

特に、五条が宿儺との戦いで果たす役割を理解し、それをサポートすることは、乙骨にとって大きな試練です。

乙骨は、この試練を通じて、ただの強い呪術師から、物語の中核を担う重要な人物へと変貌を遂げていきます。

乙骨の役割は、五条とは異なる形で物語に深みを加えます。

彼は、自身の力を使って直接的に敵に立ち向かうだけでなく、五条の戦略を理解し、それを実行に移すことで、チームとして戦っていく事は間違いないので、リカちゃんが乙骨先輩のことを回収したことから考えてみても確実にこれからまた出てくるのは必然と言って良いでしょう。

もしこのまま出てこないようなことがあれば、いくらなんでも乙骨先輩がそんな弱い人物としてあっけなく終わる事は考えられません。

今までの乙骨先輩の強さから考えてみても、確実にこれから違った形で出てくるのだということが予想できます!

宿儺の領域展開!

おそらく今後の展開としては、宿儺がまたもや領域展開する形になっていくのではないかと考えられます。

実際に今の状況を考えてみると、あまりにも宿儺が不利な状況にありますね。実際にこのような構図となっています。

 

ミゲル、ラルゥ、チョウソウ、真希さん、虎杖vs宿儺

 

このことから考えてみてもあまりにも戦力に差がありますね。しかも宿儺の状況がかなり悪いです。

現段階では反転術式の精度も落ちて領域展開もできないような状況にあります。

五条悟と乙骨先輩が体力を消耗させてくれた結果ですね!

しかしここからまた巻き返すのが宿儺です。

正常な戦い方でおそらく宿儺を倒すことはできないと考えられます。

ここからさらなる絶望して、最終的に封印すると言うことや殺すと言う展開になっていくとは考えられますが、今のメンバーでは考えにくいです。

やはり伏黒いや五条悟、乙骨先輩が何かしら大きく関わってくることでしょう。

乙骨憂太とミゲルの共闘の可能性

「呪術廻戦」の世界では、さまざまなキャラクターがその独特な術式を駆使して戦うことが物語の大きな魅力の一つです。

その中でも特に注目されているのが、乙骨憂太の戦闘復帰の可能性と、彼とミゲルとの間に芽生えつつある共闘の可能性です。

仙台コロニーでの活躍後、新宿での戦いに駆けつけた乙骨は、その領域展開「心願相愛」で敵に大きなダメージを与えます。

この強力な能力は、彼が今後の戦いで重要な役割を果たすことを予感させます。

しかし、その後、乙骨は戦線から離脱を余儀なくされます。

それでも彼の復帰を期待する声は高く、多くの読者がその可能性について考察しています。

乙骨とミゲルの関係性は、これまでの経緯からも注目されており、二人が共闘することで新たな戦いの展開が期待されています。

乙骨復活への布石

乙骨の復活に向けた動きは、現在の物語の中で徐々に描かれています。

仙台コロニーでの勝利後、乙骨は一時的に戦線を離脱しますが、その後の展開において彼の復活を匂わせる様々な伏線が張られています。

特に、彼の能力は現状の敵に対して非常に有効であり、彼の戦いへの復帰は物語における重要な転換点となり得ます。

乙骨の復活までの時間稼ぎとして、ミゲルや日下部の活躍が描かれることも予想されます。

これらのキャラクターがどのようにして乙骨の復帰を支え、物語に新たな動きをもたらすのか、その展開には多くのファンが注目しています。

乙骨とミゲル、そして五条悟の関係性

乙骨とミゲルの関係性は、物語において非常に興味深いポイントの一つです。

劇場版「呪術廻戦 0」での彼らの出会いから、二人の間には特別な絆が形成されていることが伺えます。

また、五条悟とミゲルの関係性も、物語の中で重要な役割を果たしています。

五条がミゲルをどのように評価し、乙骨の成長にどのように関わっていくのか、その関係性の変化もまた、物語の中で注目されるポイントです。

乙骨の復帰、そして彼とミゲル、さらには五条悟との関係性の変化は、「呪術廻戦」の物語において新たな展開をもたらす可能性を秘めています。

これらのキャラクターがどのようにして物語を動かし、読者が最も望む最強のタッグが実現するのか、その展開は多くのファンにとって非常に期待されるものです。

物語の今後の展開において、乙骨憂太、ミゲル、そして五条悟の関係性がどのように描かれ、彼らがどのようにして物語を牽引していくのか、その動向には引き続き注目が集まっています。

乙骨の復活と共闘の可能性、そしてこれらのキャラクターの関係性は、「呪術廻戦」の物語をさらに深く、そして魅力的なものにしていくことでしょう。

実際に、現段階で五條学以外の宿儺を倒すことができる人物と言うことで考えていくとやはり五条悟以外の人物では乙骨先輩しか考えられません。

そして今まで乙骨先輩とミゲルは一緒に行動していたことが多くあるので、そのことから考えてみても、今後一緒に協力して宿儺を倒していくと言う可能性は十分に考えられますね。

今宿儺を倒す人物として最も納得いく人物と言うのは、やはり乙骨先輩以外に考えられません。

乙骨先輩はわざと負けた!?

そして考えられるのは、乙骨先輩がわざと負けたと言う事についてです。

なぜそんなことをするのかと言うと、乙骨先輩については、実際に負けないとミゲルが協力してくれないと言う条件でした。そのことから考えてみてもわかりますが乙骨先輩としてはより勝てる確率を上げていきたいので、自分がいちど戦線から離脱してミゲルに出てきてもらいそこに乙骨先輩が復帰することによってより勝利が確実になります!

勝利を確実にさせていくためにも、このような形で乙骨先輩がわざと戦線を離脱した可能性も考えられますね!

そのことから考えてみても、乙骨先輩については、今後確実に重要になり、回復などもしていくと考えられます。

最後に宿儺を倒すのは乙骨先輩と伏黒と虎杖!

おそらくこの今までの見解から考えると、実際に宿儺を倒すのはこの3人だと考えられます。

今まで虎杖の代わりに主人公になっていた乙骨先輩がこんなにも早く退場してこれから帰って来ないと言う事はまずありえないでしょう!

歌姫の謎 – 読者が気づいた真実

『呪術廻戦』は、その緻密なストーリーラインと複雑なキャラクター設定で多くの読者を魅了しています。

特に、最新の255話では歌姫に関する驚愕の事実が明らかになり、ファンの間で様々な反応が寄せられました。

本稿では、読者がどのようにこの新事実を受け止めたかを深掘りします。

歌姫は、表面上は弱く見えるキャラクターでありながら、彼女の存在が物語において重要な役割を果たしていることが徐々に明らかになってきました。

読者の間では、「歌姫というキャラクターは一見するとかわいそうな存在に見えるが、実は彼女の術式が非常に独特であり、五条悟を含む他のキャラクターにも大きな影響を与えている」という認識が広がっています。

五条悟にも忘れ去られがちな彼女ですが、その能力はバフとしての役割を果たし、戦闘の裏で大きな力を発揮していることが指摘されています。

読者の視点 – 歌姫の役割再考

歌姫のキャラクターに対する読者の見解は大きく分かれています。

一部の読者は、歌姫が前線で戦うことのリスクに注目し、彼女が強くなる必要がないと主張します。

一方で、彼女の術式が他のキャラクターに与えるプラスの影響、特に戦略面での支援能力に焦点を当てる意見もあります。

「歌姫は戦闘の前線に立つよりも、裏で支援を行うことでその真価を発揮する。」

という意見が多く見られます。

彼女の存在が、特にゲーム化された場合には、数少ないバフキャラクターとして重要な役割を果たす可能性があることが話題になっています。

歌姫の未来への期待

読者は、歌姫のキャラクターがこれからどのように展開していくのかに大きな期待を寄せています。彼女の術式が今後どのように物語に影響を与えるのか、また、他のキャラクターとの関係性がどのように変化していくのかが注目されています。

歌姫の術式が、物語のクライマックスにおいて重要な鍵を握る可能性があり、読者はその展開を楽しみにしています。

歌姫がこれからどのように物語に関わっていくのか、彼女の術式がどのように活用されるのかに興味が集まっています。

26巻の修正過失について

26巻を再読することで新たな発見がありました。

特に、過去の話題となった修正過失について、深く掘り下げてみました。

驚くべきことに、修正過失は存在しませんでした。

第236話で五条悟が「僕」と「俺」を使い分けていた点、これは多くの読者がミスではないかと指摘していました。

しかし、これが意図的なものである可能性が高く、キャラクターの心理状態や時代背景を表すものであることが明らかになりました。

これにより、物語の深読みが可能となり、作者の緻密な計画が垣間見えます。

新宿に刻む最強の戦績とその意味

26巻の帯には「新宿に刻む最強の戦績」と記されています。

このフレーズには、単に強さを示す以上の意味が込められています。

実は、これは物語の中心的なテーマの一つを象徴しており、新宿での決戦がキーポイントであることを示唆しています。

ジャンプでの表現との微妙な違いから、編集過程での意図的な選択が感じられます。

この選択は、物語の展開をよりドラマチックにし、読者に深い印象を残すことに成功しています。

カバー下の隠されたメッセージ

また、カバーの裏に隠されたメッセージがあります。

五条悟の隣に描かれた花は、物語の象徴的な意味を持ちます。

この花は「つき」と特定され、それが示す死と再生のテーマは、物語全体を通じて重要な役割を果たしています。

特に、五条悟の死を花の落ち方から象徴的に表現しており、読者に深い感銘を与えます。

このような細かなディテールが、物語の豊かさと作者の意図をより鮮明にします。

物語の中で描かれる戦いやキャラクターの心理は、表面的な読み方だけでは捉えられない深さを持っています。

特に、キャラクターの言葉遣いやシンボルとしてのアイテムの使用は、その背後にある意味や物語の流れを理解する上で重要です。

26巻を読み解くことで、これらの要素がどのように物語全体のテーマやキャラクターの成長に寄与しているかを見ることができます。

さらに、読者の反応や時代背景も物語の解釈に大きく影響します。読者一人ひとりが異なる視点を持っているため、物語の受け取り方も様々です。

これにより、物語は生きたものとなり、常に新たな発見があります。

今回の26巻についても、これまでにない視点から物語を読み解くことで、新たな理解を深めることができるでしょう。

26巻を改めて読むことで、これまで見落としていた細かな点に気づかされます。

修正過失がないこと、新宿に刻む最強の戦績の深い意味、カバー下の隠されたメッセージなど、各要素がどのように物語全体に影響を与えているかを考察することで、物語の魅力を再発見できます。

読者の皆さんも是非、26巻を読み返してみてください。

以上が、26巻についての考察と感想です。

物語を読むことは、ただ文字を追うだけではありません。

作者が織りなす世界を理解し、その背後にあるメッセージを読み解く旅です。

この旅を共有できることを嬉しく思います。

それでは続いて、実際のネットの反応や読者の感想予想についても見ていきましょう。

呪術廻戦最新話【ネットの考察・感想】

日下部が宿儺と対峙していたから、少し批判はあるかもしれないけど、単眼猫の内面の描写やシン影の能力と組み合わせることで、納得できる展開になっていると思うのはすごいことだよ。最後はミゲルに全てを持っていかれたけど、その展開はなかなか面白かったと思うよ。

本当に不思議だったのは、真希との戦いでなぜか超興奮していた宿儺だよ。なんとなく作者がどうにかしてこの負けそうな戦いを盛り上げようとしているのが伝わってきて、ちょっと辛かったな。読者が想定していることや期待を裏切りたい一心で、こんな展開になったんだろうなと感じる。正直、これからどんな展開になるにせよ、この落ち込み方は長く残りそうだと思うよ。

虎杖をただの主人公としてだけ見ていないわけではないけど、彼の周りで起こる出来事を見ると、なんとなく「現実の厳しさ」や主人公でも無敵じゃないという「リアリティ」を表現しようとしている感じがするよね。でも、よく考えてみると、普通に主人公たちに起こるはずの良いことが、いつも敵側に起こっているみたい。つまり、虎杖たちを特別扱いせず、敵にばかり良いことをさせているんじゃないかな。

でも、これって実際には虎杖たちを無視しているだけで、敵を特別扱いしているようにも見える。創作物には確かに現実感が必要だけど、これは結局のところ「漫画」だから、もう少し主人公たちにも輝く瞬間を与えてほしいんだ。全員に公平なチャンスを与えてほしいというわけじゃないけど、もっとバランスよくキャラクターを扱ってほしいんだよね。

こちらを見ていただいてもわかる通り、最近の内容について不満に思う人もかなり多いようですね。

実際に最近はかなりワンパターンな内容が多くなっています。

というのも、あまりにもへ宿儺が強いと言うこともあり、毎週新しいキャラが出てきて、新しいキャラが倒されて、次の週にまた新しいキャラが出てくると言う繰り返しになっています。

これがこの3カ月間ほど繰り返されていることから、考えてみても、うっとうしく考える人が出てきてしまっても仕方がないですね!

実際に柔術については、あまりにも間延びしてしまっているので、ここまできたら最後まで見なければいけないと言う思いから見ている人が多いのも確かです。

直今回の作品で、宿儺を倒すと言うのは、やはりこのような形で少しずつ体力を奪っていくと言うやり方以外に宿儺を倒せるやり方がないのだと考えられます。

実際に宿儺についてはすべての力を使いきっていないことがわかっています。

そのことから考えてみても、ここからさらに宿儺が本気を出したら勝てる可能性は無いのではないかと思えてしまいますね。

実際に現段階では宿儺のことを本当に追い詰める人物がいないので、本気を出さないだけで、ここから本当に追い詰めるような人物が出てきたら、またさらに強くなっていくのかもしれません。

ただしここからさらに強くなってしまうと、さすがに見ている読者からすると面白くないので、まだ本気を出していないと言うのは裏梅の強がりの可能性も十分に考えられますね。

もしくは最後の1つの指を食べていないので、全力を出せないと言う可能性も考えられません。

しかし、ラスボスの最終的な全力の力を見ることがなく終わっていく漫画と言うのはさすがに見たことがないので、今後乙骨先輩が敗北し、さらに宿儺が覚醒している可能性は十分に考えられます!

今後どうなっていってしまうのか、また楽しみな部分が多いですね。今後の展開にも注目していきましょう。

勝てる!つないだ!全員で!ここまで!

と言うふうに虎杖が話していますが、明らかに勝つようなフラグになっているので、逆にこの展開があると毎回呪術は死亡確定となっています。。

事実、宿儺を五条悟が追い込んだことにより、勝ちが確定したかと思いきや結局のところ敗北しています。過去のパターンから考えてみても、ここで勝てる可能性はかなり考えづらくまた宿儺が覚醒していか展開になっていくことでしょう。

それでは続いて最新話の内容はいつ出てくるのかについても見ていきましょう。

呪術廻戦最新話いつ発売?

結論:4月8日(月曜日)256話

実際に最新話の内容についてはすぐに休みなく公開される事はおそらくないと考えられます。

つまりこの回については1週間休みとなるので、今回連載されるのはかなり先になっており、4月になっていく可能性が高いですね。

ワンピース自体も休みを取るので、かなり休みが多くなっていく。4月になっていくのではないかと予想することができます。

今後の呪術海鮮のスケジュールを考えると、以下のような流れになってくる可能性がかなり高いのではないかと予想することができます。

  • 3月25日(月曜日)254 話
  • 4月1日(月曜日)255 話
  • 4月8日(月曜日)256話
  • 4月15日(月曜日)休み

また、新しい情報等確定情報が分かり次第、詳しく解説していきますね!

4月1日に発売される。255話ついては、実際に最後のほうに休むということが書いていませんでした。

考慮わかりますが、おそらく今回は休まないでそのまま連載してくれる可能性が高そうですね。

最近は呪術廻戦についてもワンピースと同じ位に休むことが多くなっているので休むのではないかとも思えていましたが、このようにしっかりと休みなしでやってくれるのはさんにとっても嬉しいです。今後の展開についても注目して見ていきましょう!

 

 
 
 

 

ニュース
ANSER
error: Content is protected !!