本ページはプロモーションが含まれています。

ワンピース1112話ネタバレraw【確定速報&考察】マーズ聖vs鉄の巨人!

ワンピース1112話ネタバレraw【確定速報&考察】ナス寿郎聖がパシフィスタを駆逐! ONE PIECE

ついにエッグヘッドの内容も終了となっていくことで、また新しい島に行くのが本当に楽しみですね。

次の島はドリーとブロギーが実際に迎えに来てくれていることから、考えてみても確実にエルバフに行くことが決まっています。

しかし、どうやって今の状況から麦わらの一味が脱出するのか、そしてベガパンクが知っている世界の真実とは何なのか!?

それではワンピース最新話となる1112話の速報ネタバレについて、詳しく画像付きでみていきましょう。

この前回のおさらいをカンタンにすると以下の通りです。

1:ワンピース1112話最新話ネタバレraw【確定速報】
2:考察
3:感想
それでは、詳しくこの3点について画像付きで解説していきますね!
 
 

>>>ワンピース1113話ネタバレraw【確定】シャンクスVS黒ひげ海賊団!

>>>ピーター聖はサンドワームモデルで実在の妖怪!能力が強すぎ【即死の猛毒】

>>>マーカスマーズ聖 以津真天(いつまで)の妖怪は実在!悪魔の実の能力が強すぎる

 

>>>ウォーキュリー聖は封豨ほうきの妖怪の能力が強すぎる【不死身】ワンピース五老星

>>>ワンピース覇王色の咆哮とは?効果や能力・誰が使える【五老星全員とシャンクス】

 
それでは最新話の1112話の内容がこちら!
 
  1. ワンピース1112話最新話ネタバレraw【確定速報】
    1. ナス寿郎聖はパシフィスタを駆逐!
    2. ボニーが海兵隊と戦うことに!
    3. ヨークはマーズ聖にラボの部屋を教えてる!
    4. ステューシー
    5. サニー号が海に行けない!?
    6. ルフィ対ジュピター聖&ウォーキュリー聖
    7. ギア5が解除
    8. 海軍中将の本気!
    9. マーズ聖VS鉄の巨人!
    10. ドラゴンがバーソロミューくまをおって島に上陸!
  2. ワンピース1112話最新話考察!
    1. マーズ聖がラボに侵入!
    2. ロブ・ルッチとゾロの戦闘は終了したが、ルッチは依然として立ち上がっている状態。
    3. ルフィと五老星の戦いが継続中。
    4. 巨人がルフィにニカに関する質問をするも、ルフィは彼らの言っていることが理解できず。
    5. ウォーキュリー聖がハキの大波を引き起こし、ルフィを独特の方法で混乱させる。
    6. 巨人が五老星の攻撃をブロックし、ルフィが野球バットを作って五老星にホームランを打つ。
  3. 時に冷静なルフィ
  4. 五老星の弱点!
  5. 五老星の秘められた力とその起源
    1. 悪魔の実の真実と五老星の存在
    2. 五老星の謎を深める新たな仮説
  6. 麦わらの一味が巨人の船へと逃走する。
    1. 海兵隊が黄猿を慰める試みをするが、黄猿は休息を促す。
  7. 鉄の巨人の「ごめんなさい、ジョイボーイ」の意味とは?
  8. ジョイボーイは巨人!
    1. 有能すぎるサンジ!
  9. ワンピース1112話最新話考察!
    1. ベガパンクの真実とは?エッグヘッド編が描く深いメッセージ
    2. 計画性のない配信、それとも計算されたトラップか
    3. 未知数の結末、世界に衝撃を与える真実とは
  10. 天竜人は本来は神様ではない!
  11. 世界の真実とベガパンクの目論見
    1. 旧ワノ国と黄金の謎
    2. 五老星の能力と黒の羽衣
    3. 覚醒ルッチと五老星の関係性
  12. ゾロの謎多き行動とその背後にある真実
    1. ゾロの危機と死闘の影響
  13. ゾロと伝説の剣豪リューマの運命的な繋がり
    1. 黒刀としての進化 ― ゾロの未来への鍵
    2. ナス寿老聖との対決 ― 新たなる世界秩序への道
  14. シャンクスとルフィを再会する?
  15. サウロとロビンの再会!
  16. ガープは死んでいる!?
  17. 黒ひげ海賊団VS赤髪海賊団
  18. 瞬間移動の能力によってシャンクスを孤立させる!
  19. 黒ひげがグラグラの実能力を奪われる!
  20. 黒ひげはなぜ2つの悪魔の実の力を持つことができるのか?
    1. 神話とワンピースの融合:神々の象徴としてのキャラクター
  21. 黒ひげがケルベロスで化け物
  22. すでに、黒ひげは、悪魔の実能力を3つ持っている!
    1. 主要キャラクターの背景と象徴性
    2. 太陽と月の対比とその意味
  23. 黄猿が休む理由
  24. 新扉絵連載の意味とは
    1. 黄金の国とプルトンの謎
    2. ヤマトとモモノスケの未来
  25. 伝説の巨人と五老星の対立
    1. ルフィと仲間たちの絆
    2. 3. 今後の展開と謎の解明
  26. ヨークは裏切る!
  27. 革命軍と世界政府:予測される激突
    1. プルトンとポセイドン:黒ひげの野望
    2. 最終決戦の予感:アーロン編とのリンク
  28. 五老星を倒すのは海軍大将!
  29. 太陽の神ニカが五老星を倒せる!
  30. トラファルガーローとルフィが合流!
  31. 火ノ傷の男とは誰か
    1. ローとの関連性
    2. 結論:「火ノ傷の男」の謎への迫り方
  32. ジョイボーイと鉄の巨人、その始まり
    1. 空白の100年の真実とジョイボーイの遺言
    2. 鉄の巨人と未来への影響
    3. ジョイボーイと鉄の巨人
  33. 鉄の巨人がジョイボーイに謝罪した理由!!
  34. マリージョア守護神が鉄の巨人!
  35. 以津真天とヨークの遭遇
    1. カクの未来とルッチの変化
    2. 黄猿のメンタル崩壊
  36. ボニーの挑戦
    1. まさかの助っ人登場
    2. 挟まれたらゲームオーバー
  37. ジュエリーボニーの覚醒
    1. 太陽の神ニカの力で海軍中将も倒す!
  38. Dの王国の可能性とその起源
  39. Dの名と海賊の関係
  40. Dの王国の現代における影響
  41. ガープの生存の可能性は?
    1. 頂上戦争をオマージュ
  42. ワンピースマガジンvol.1に掲載されたifStory
  43. ガープは生きている!
  44. 黒ひげ: 海賊王への野望とルフィとの宿命の対決
  45. シャンクス: 深い絆と潜在する闇
  46. イム様: 絶対的な権力と謎に満ちた存在
  47. イム様の目的
  48. 鉄の巨人の謎に迫る
  49. サンドワームの存在意義
  50. 人造メラメラの実と世界の未来
  51. ジョイボーイの一味はマリージョアの戦いで敗北
  52. エルバフの巨人族とその謎に迫る
    1. 新挙兵海賊団の船長、サウロの謎
    2. エルバフへの期待とその影響
  53. ジョイボーイの謎を解き明かす
    1. ジョイボーイ=太陽の神ニカ?
    2. 想像力と現実の境界
    3. ジョイボーイの遺産とルフィの役割
    4. 結論
  54. ジョイボーイの確定情報!
    1. ジョイボーイは人魚姫に「謝罪文」を残した
    2. ジョイボーイは「ひとつなぎの大秘宝」を残した
  55. 鉄の巨人はマリージョアを守りきらなかった
  56. ロードポーネグリフの獲得競争
    1. ロードポーネグリフの重要性
    2. 勢力図の変化
  57. ロードポーネグリフ獲得をめぐる予想
  58. クロスギルドの新たな動向
    1. 海賊と海兵の新たな関係性
    2. 四皇との関係と未来への展望
  59. 黒ひげVSシャンクス
    1. 黒ひげとシャンクスつよいのはどっち?
  60. 黒ひげ海賊団VSシャンクスの形に!?
  61. 黒ひげが仲間たちと一緒にシャンクス1人を倒す!
    1. 黒ひげはロックスに憧れている。
  62. ルフィはロジャー!黒ひげはロックスに憧れている!
  63. ルッチがルフィの仲間に!?
    1. ルッチの決断とは何か?
    2. 反逆の始まり
  64. リトルガーデン編
    1. 太陽の神ニカとの深いつながり
    2. ワンピース世界の多層的な構造
  65. 謎多きエッグヘッド事件の全貌
    1. 五老星と巨人族の因縁
    2. 巨大な戦いの予感
  66. ジュエリーボニーが仲間に!
    1. ビビが仲間として合流!?
  67. ジュエリーボニーが革命軍に入る!
  68. ゾロの覚醒
    1. ゾロの攻撃は回復できない
  69. イム様の真実と黄猿の衝撃的な裏切り
    1. 五老星の命運とエッグヘッド島の戦い
    2. 新たな力として現れる巨人族との関連性
  70. シャンクスの謎に包まれた出生とフィガーランド家の影
    1. フィガーランド家は神を捌ける唯一無二の存在!
    2. シャンクスが知る”ワンピース”とロジャーの遺言
    3. 神と対極を成す存在としてのシャンクス
    4. ワンピースにおけるルフィとビビの関係性
  71. バッカニア族と悪魔の実の秘密
    1. 世界政府と悪魔の実の結びつき
  72. ワンピース1112話感想評判まとめ
  73. ゾロは五老星を倒すことができる!

ワンピース1112話最新話ネタバレraw【確定速報】

まず最初に全体のネタバレがこちらです!

キャラ名事実考察
ナス寿郎聖パシフィスタを全て破壊パシフィスタの破壊は驚くべきことであり、その攻撃力とスピードは圧倒的である可能性が示唆される。 現時点では漫画の中で最も強力なキャラクターの一人である可能性がある。
ジュエリーボニー海軍の中将と戦うルフィが示した能力の影響でボニーの力も上昇している可能性がある。 ボニーの能力を最大限に発揮すれば、海軍中将ぐらいなら余裕で勝てる可能性がある。
ヨークマーズ聖にラボの部屋を教える

ヨークとマーズ聖の行動が注目される。 シャカが能力を利用して世界への配信を続ける可能性がある。

ステューシーCPを裏切り、麦わら帽子の乗組員に加わるステューシーがルフィたちの味方となったもCP9や世界政府の組合員を仲間だと思っている可能性が高い!
ウソップサニー号の修理を試みるサニー号の修理が完了すれば、ナミグループが島を出ることができる。 エジソンの信頼を受けて、ウソップがサニー号の修理を成功させることが期待される。
ルフィジュピター聖と戦うジュピター聖の力に対抗するため、ルフィが新たな能力を発揮する可能性がある。 ウォーキュリー聖との戦いで、ルフィが覇王色の覇気や新たなギアを駆使して勝利する展開が期待される。
マーズ聖発信機を見つけるも上を見る。マーズ聖が鉄の巨人との戦いで新たな力や戦術を展開する可能性がある。 「パンクレコード」の中に何が隠されているのかが明らかになり、物語の展開が大きく変わる可能性がある。
サターン聖ナミグループのところに到達し、行動を開始するサターン聖がナミグループとの対決でどのような行動を取るかが注目される。 サターン聖の介入によって、ナミグループの状況が一変する可能性がある。

扉絵:錦えもんはヤマトに何かをお願いしています。

ナス寿郎聖はパシフィスタを駆逐!

1112話の最初はナス寿郎聖(ハゲたメガネの人・馬の人)はすべてのパシフィスタを破り、それが海兵隊に報告されることから始まります。

考察

パシフィスタは軍艦1隻分の 費用がかかるほど作るのが大変なものなので、なかなか破壊するのは心苦しいですが、それでも五老星は躊躇なく破壊していきます。

またパシフィスタを全て破壊したと言うことで、あまりにも一瞬での破壊で衝撃となっています。

実際に今までパシフィスタが破壊されたことというのはないことから、考えてみても相当な攻撃力があるのだと考えられます。

しかも攻撃力だけではなく スピードも圧倒的です。これだけ短い時間ですべてのパシフィスタを破壊すると言う事から考えてみても、現時点では漫画の中で最もつよい人物と言っても過言では無いかもしれません。

ボニーが海兵隊と戦うことに!

そして、前回の続きで北東海岸では、フランキーは「強い右」攻撃でレッドキング中将を破ります!

ジュエリーボニーと海軍の中将が戦うことに!

ボニーはポムスキー中将を子供に変え、彼を蹴るという残酷なことをします!

ギロチン中将は、ボニーの残酷さにショックを受けています。

考察

今までのジュエリーボニーであれば当然負けていたと考えられます。

しかし、ルフィが太陽の神ニカの力を見せてくれていましたね。

ジュエリーボニーの能力については、イメージするものを具現化できる最強の能力となっています。

今までルフィのことを見たことがないにもかかわらず、ルフィのギア3の能力を使っていたことを考えると、実際に太陽の上 に下の力を見たときに、同等の力を発揮する可能性も十分に考えられます。

もし太陽の神ニカと同じような力を使えるのであれば、海軍で敵になるような人物は、むしろ海軍大将以外ないので、海軍の中将ぐらいなら余裕に勝てるのではないかと予想できます。

ヨークはマーズ聖にラボの部屋を教えてる!

研究室ではヨークはマーズ聖(細長い鳥)にベガパンクのメッセージが放送され始めたモニターのある部屋を教えます。

マーズ聖は一瞬で部屋を破壊するために巨大なビームを撃ちますが、放送はなぜか止まりません。

ヨークは、放送の本当の発信機は「ハイシンデンデンムシ」と呼ばれるベガパンクによって作成されたデンデンムシの最新バージョンであり、どこか別の場所に隠されている可能性があると説明しています。

マーズ聖は、その「ハイシンデンデン虫」を迅速に排除するために実験室全体を壊することを計画している。

しかし、ヨークは自分が死ぬことも恐れて「武器開発フロア」と「発電所」もここにあると言って彼を止めます。

そして、研究室が破壊された場合、破壊は非常に強くなり、「パンクレコード」も破壊されます。

彼らが話している間、マーズ聖は「パンク・レコード」から来る小さな「声」を感じる。

彼はそれが新しいデンデンムシに違いないと思っているので、そこに向かって飛んでいます。

考察

おそらくサテライトの誰かだと予想します!

そして最も可能性として高いのはシャカだと考えられます。

実際になぜシャカなのかと言うと、シャカはヨークによって 射殺されたことがわかっています。

つまりヨークの そばに死体があると言う事ですね。

しかし、実際には殺されていると言うわけはなく、生きているのだと考えられまして、そして一緒に世界への配信をしていることから、考えてみても、その配信を続けるための電波を知っていると予想できますね!

なので、結果的にはシャカを殺さない限り、おそらく世界への配信は続いていくのだと考えられます!

ステューシー

ステューシーとカクにカット、彼はすでに意識が回復しています。

カクは、彼女が彼らのために CPを裏切った直後に麦わら帽子の乗組員に見捨てられたかどうかをステューシーに尋ねます。

ステューシー「私の最後の仕事を終えるためにここにとどまることを選びました。

ストローハットの乗組員(ヨークによって捕まっていた他の世界政府の乗組員)が脱出している間、ステューシーは「フロンテアドーム」をシャットダウンします。

サニー号が海に行けない!?

ナミグループにカット。

ウソップはサニーで「クープ・ド・バースト」を準備しましたが、「ベガフォース01」がなければ、サニーは海に行くのに十分な距離を飛ぶことができません。

エジソンは彼を信頼するように言い、それから彼はバリアを通り抜けるために飛び去ります。

エジソン:「78%の外部ダメージシミュレーション!!

私はまだ死なない!!行くよ…といいます!

ルフィ対ジュピター聖&ウォーキュリー聖

ルフィ対ジュピター聖(五老星で一番長身のミミズ)

ジュピター聖は、ルフィ、ドリー、ブロギーが前に進むことができないような力で彼の口に空気を吸い込み、彼らは引き戻されます。

ルフィが

そんなにお腹が空いているなら….この建物を食べるのはどうだ!!!

とジュピター聖にルフィは建物全体を持って地面から切り難し、ジュピター聖の口に投げ入れます。

その後、ルフィはエネルギーを使い果たし、「五老星ルフィ」に変わります。

ギア5が解除

ブロギーは彼に「ハーカール」と呼ばれるエルバフの特別な緊急食品を与えます。

ハーカールとは発酵したサメの肉からなるアイスランドの国民料理に基づいています。

ルフィは「ハーカール」がまったくおいしいとは感じませんが、すぐに通常の形に戻りますがギア5ではありません。

ウォーカリーは彼らを追いかけているので、ルフィはウォーカリーの頭に「ゴムゴムのレッドロック」を使用していますが、ウォーカリーの頭が硬すぎるので、自分の拳を傷つけてしまいます。

「ラボフェーズ」にカットします。

サターン聖は上に登っています!

私たちは彼の足がナミグループのところに到達するのを見ることができます。

考察

ルフィもウォーキュリー聖(猪の白ひげ)を攻撃するが、ルフィ自身も傷つく。

ウォーキュリー聖は以前「覇王色の咆哮」でルフィの 体のパーツをバラバラにしていました。

そのことから考えてみると、おそらくルフィの宿的にもなり得る存在なのだと考えられます。

基本的に太陽の神ニカの姿になれば、どのような攻撃も受け流すことができたり、どんなにダメージをくらっても回復できたりする力です。

しかし「覇王色の咆哮」そんな 能力を無効化する力があるのではないかと考えられます!

実際にドリーとブロギーが「覇王色の咆哮」と話していました。

ドリーとブロギーが 身近な人物で覇王色の覇気を最もコントロールできる人物と言えば、シャンクスだと考えられます。

そしてシャンクスについては、海軍大将の緑牛に対してロギア系の能力を制限させ、ダメージが食うように力を使っていましたね。

もしかするとあれが「覇王色の咆哮」なのかもしれません。その事柄考えてみても、ルフィにとってはかなり危ない能力となっていますね。

海軍中将の本気!

北東海岸にカットし、再びボニーグループに。

巨人の1人が突然切り倒されます!

ヌジュロはエルバフの船の前に立って現れます(この場面ではヌスジュロは怖いです)。

ボニー:「はは!?あなたは誰だ!?」

マーズ聖VS鉄の巨人!

章の最後のページで「パンクレコード」にカットします。

マーズ聖は人間の姿に戻り、ベガパンクのメッセージがまだ放出されている間に中を歩きます。

シャカ:「ステラ、あと1分あるよ。」

ベガバンク:「私はそれを知っています!!」

マーズ聖は暗い部屋の味で「伝伝虫」を見つける。

マーズ聖:「だから、これは…あなたは運が悪い、ペガパンク。突然、マーズ聖は何か奇妙な音を聞きます。

マーズ聖は見上げて、真剣な顔で何かを観察します…

マーズ聖はジュピター聖と 同じ位五老星の中でもトップクラスに大きい人物となっています。

考察

そして五老星たちについては、巨人族の中でもトップクラスに大きい人物たちよりも大きくなっています。

そんな五老星たちが見上げるほど大きい生物については、2つしかありませんね。

その2つがこちらとなっています。

・ズニーシャ
・鉄の巨人

そして前回から中央部分に接近していたことから、考えてみても、ほぼ間違いなく鉄の巨人だと考えられます!

つまりこれからは

鉄の巨人VSジュピター聖

という戦いになっていきそうですね。

しかし、もう1人可能性のある人物が存在します。

もう1人可能性のある人物というのがドラゴンについてですね。

ドラゴンがバーソロミューくまをおって島に上陸!

実際に空を飛べる人物であれば、十分に大きな人物であっても、上を見上げる可能性が考えられます!

そしてこのタイミングで上空に来れる人物など、やはり考えられるのがドラゴンしかいませんね。

ドラゴンはバーソロミューくまの行方を追ってきている可能性が十分に高いといえます。

ワンピース

風風の実能力者である事はほぼ間違いないので、そうなってくるとドラゴンがもしかするとマーズ聖と戦う可能性も考えられますね!

実際に他にもドラゴンとベガパンクが会話を何かしていた事は明らかです。

実際にもうすぐ死ぬかもしれないと言うことを話していたことから、考えてみても、同じ志を持っている仲間が死ぬかもしれないと言っているのであれば、そばにいてあげるのが当たり前ですね。

なので近くに向かっている可能性はやはりかなり高いと考えられ、今回実際に島に来てくれた可能性というのは十分に考えられます。

もしもドラゴンが来てくれたら、さらに状況はルフィ達も良い状況に変わっていきますね。

ただし、ここでルフィとドラゴンが再開すると言うわけではおそらくないのだと考えられます!

お兄ちゃんでもあるサボとルフィが再開する可能性は十分に考えられますが、おそらく今後の展開の中で親子での共演と言うのはかなり先になっていくのではないかと予想します!

ただし、ここで再会することがなければ、これからも親子での共演や親子で何かを成し遂げると言う展開がなくなっていくと予想できまして、現在共通の知り合いや共通した守りたいものがあります!

それがベガパンクですね。

そのことから考えてみても共通の知り合いをきっかけに、そして共通の守りたいものをきっかけにここで初めて2人が一緒になる可能性は少なからず考えられますね。

実際にこれだけ巨大なはいてよう麦わらの一味やドリーとブロギーだけで対応するのは難しいです。そこに鉄の巨人が加わったとしてもかなり難しい状況になっています!

そのことから考えてみてもやはり革命軍が出てくるのではないかと予想できますね。

また実際にサボについては以前から五老星の正体についてわかっているので、やはりくる可能性は十分に高いといえます!

・来週のワンピースのジャンプカバーとセンターカラー。

それではネタバレの後にみんながどのようなポジションにいるのか、どのような場所にいるのか何をしているのかについて振り返ってみましょう。

ワンピース1112話最新話考察!

実際にみんながどこにいるのか理解することができれば、これからどんな展開になっていくのかも予想することができる部分があります!

実際に表して見ていくと以下の通りとなっています。

場所名前状況
エルバフの船近辺ボニー海軍中将に足止め
エルバフの船近辺くま海軍中将に足止め
エルバフの船近辺ポムスキーボニーを逃さないように足止め
エルバフの船近辺ギロチンボニーを逃さないように足止め
エルバフの船近辺レッドキングボニーを逃さないように足止め
エルバフの船近辺フランキーナミと合流を目指す
エルバフの船近辺アトラスナミと合流を目指す
エルバフの船近辺ジンベエルッチに勝ってナミと合流を目指す
エルバフの船近辺ゾロルッチに勝ってナミと合流を目指す
研究層上空ナミサニー号の目の前
研究層上空ウソップサニー号の目の前
研究層上空チョッパーサニー号の目の前
研究層上空ブルックサニー号の目の前
研究層上空リリスサニー号の目の前
研究層上空サニー号サニー号で島脱出の準備
ラボ周辺ルフィ五老星3体と戦闘中
ラボ周辺ドリー五老星3体と戦闘中
ラボ周辺ブロギー五老星3体と戦闘中
ラボ周辺シェバード・+・ピーター聖ルフィ達と戦闘中
ラボ周辺イーザンバロン・V・ナス寿郎聖パシフィスタを破壊
ラボ周辺トップマン・ウォーキュリー聖ルフィ達と戦闘中
ラボ周辺ジェイガルシア・サターン聖ルフィ達と戦闘中
ラボに侵入マーカス・マーズ聖ラボに侵入して通信を破壊しようとしている(ヨークと合う)
エッグヘッド北西海ニ伝説の鉄の巨人島の中心に向かっている
エルバフの船近辺黄猿海軍の船で休憩中

※ 太文字は敵キャラクターであり、麦わらの一味を追い詰めようとしているキャラクターです。

こちらを見ていただくとわかりますが、かなり逃げる形は麦わらの一味はまだ逃げる最中となっています。

しかし巨人族が来てくれたことにより断然状況は良い方向に変わっています。

しっかりとこのままであれば十分に、今の状況から逃げられるような内容となっています!

あまりにも世界政府側がつよいことから、逃げきることもできないような状態になっていましたが、状況は徐々に変わりつつあるので、ワンピースとしても、今後どのように逃げきるのか、麦わらの一味の展開が楽しみですね!

特に今回要注意になってくるのはラボに侵入を成功させたマーズ聖についてです!

マーズ聖がラボに侵入!

鳥の形をした化け物のマーズ聖が世界に発信しているであろうラボを破壊して世界に発信させないように攻撃をします。

実際に前回もこの攻撃をしていましたが、大爆発を起こしていましたね。

実際に五老星たちの中でも1番・2番に大きいことからすぐにラボの中心部に移動することができていました。

そしてラボの中心部に移動し、バリアに攻撃していましたが、爆発していたことから考えてみても、もしかしたらすぐにバリアを破壊できても通信が遮断されない可能性が考えられますね。

おそらくベガパンクのことを考えると、しっかりとそのような対策などもしているのではないかと考えられます。

最終的に世界政府の持っているマザーフレームの攻撃など多くの攻撃を使って破壊してくる可能性も考えた上でバリアを作成していることが予想できますね。

つまりそう簡単に破壊できないようなバリアを作成していると言う事ですね。

(例えば2段階にバリアがあるなど)

実際にそのような形で強いバリアを貼らないとすぐに破壊され、結果的に世界政府たちに阻止されてしまう可能性が考えられます。

そのことから考えてみてもバリアの強さと言うのは、相当な強度に作り上げられていることでしょう。

そして、何より世界で最も頭が良く、先のことも考えているのがメガバンクです。

実際にパターンについてもいろんなことを考えて先読みをしていることがわかりましたが、そのさらに先を常にベガパンクは予想して動いていました。

結果的に何一つサターンについてはうまくいかなかったので、そのことから考えてみても今回攻撃されることなどを想定して、おそらく様々な形でバリア以外にも多くの阻止できるような仕掛けが作り上げているのは間違いないでしょう。

その仕掛けがバリアを破壊されたとしても、何か仕掛けが今後出てくる可能性が高そうです。

例えば実際にラボが発信源のように見せかけて、本来の発信源は、ベガパンクのサテライトがそれぞれ発信している可能性も考えられます。

そうすれば、破壊されても発信を続けることができて行きますね。

しかし、逆に言うと、今回の内容で、実際にすべてのことが明らかになってしまうと言う事は、おそらく可能性としてはかなり低いと考えられます。

例えば空白の100年についても全てが明らかになるのではなく、どこか聞き取れない部分などが出てくるに違いありません。

実際にコブラが五老星たちと話をしていたときに、ネタバレになるような内容のところは、五老星たちの声によって書き記されていました。

このことから考えてみてもわかりますが、ワンピースは全てを明かさないと言うことがとっても多くなっています。

実際に尾田栄一郎先生についてもすべてをわかってしまったら面白くないと言うことをよく話していません。

例えば、YouTubeのコラボ撮影やテレビでの紹介など、質疑応答等がある際に全てを言ってしまったら、面白くない部分は必ず言わないようにしています。

このことから考えてみても分かる通り、おそらく今回についても全てを解き明かすと言う事はなく終わっていくでしょう。

ロブ・ルッチとゾロの戦闘は終了したが、ルッチは依然として立ち上がっている状態。

そしてロブルッチとゾロの戦いが終了しましたね。

前回大きなダメージをくらってしまい、戦闘フローになっているルッチですが、完全に戦闘不能と言うわけではなく、わずかながら力を残しています。

しかしこの力と言うのは、おそらくすでに麦わらの一味に対して大きな攻撃をできたり、何か新ガウことをできるような事はもうなくなっていくのではないかと考えられます!

なので、これからルッチがさらに何かすると言う事は限りなく可能性としては低いでしょう!

ルフィと五老星の戦いが継続中。

そして、ルフィと五老星の戦いは続きます。

しかし今までと違うポイントについては、太陽の神ニカ状態になったルフィだけでなく、巨人族の2人が仲間になっていることから、そう簡単に負ける事はないでしょう。

実際にかつて巨人族の海賊団については、海軍も手のつけようがなかった戦力になっていたとされています。

そしてビックマムが巨人族で巨人族と仲間になり、ワンピースを狙いに行くことができれば十分に海賊王になることも世界でトップになることも可能だったことが明らかになっているので、そのトップの巨人族の2人であるドリーとブロギーのこと考えれば、ほぼ間違いなくすぐに負けてしまう事はありえないでしょう。

むしろこの中でまたドリーとブロギーの力が改めて理解できるようになっていったほうが物語としてはまず間違いなく面白いですね。

巨人がルフィにニカに関する質問をするも、ルフィは彼らの言っていることが理解できず。

そしてドリーとブロギーがルピーに対して太陽の神ニカだったのかは謎と質問すれば、ルフィにとっては自分が太陽の神ニカなのかどうかと言う事はわかっていません。

なので太陽の上なのかどうかと言う事はルフィは理解しておらず、自分の能力についても未だ理解していないのだと考えられます。

軽く頭のネジが飛んでいるようにも感じますが、だからこそルフィが強いのです。

どういうことかと言うと、太陽の神ニカの力と言うのはより自由を求める能力です。

ワンピース

現実を見ている普通の人間であれば雷を操ったり、自分が巨人になることなどをイメージすることもできないでしょう。

しかしそれが具体的にイメージできるのがルフィです。

ジュエリーボニーなども実際に見たことがないほどはイメージができないので、結果的に太陽の神ニカの姿を見ていない状態では、あまり精度の高い能力を発揮することはできませんでした。

しかしそれが当然です。

見たことがないことを具現化すると言うのは本当に大変なことです。

しかしそれをルフィはできます。

ワンピース

だからこそルフィは太陽の神ニカに選ばれ、鼓舞ゴムの実を覚醒させたと言っても過言ではありません。

つまり、自由のイメージが必要だと言う事ですね。

常識や一般論など情報などがないからこそ、自由に戦えるの雨が降る日の強みになっているので、これからも自分が太陽の神であることや、特殊な人間だと言う事は、思わず、空に自由を追い求め、自由の自分やイメージを置く喧嘩させ強くなっていくのだと考えられます。

そして、尾田先生については、この自由な発想や自由のイメージこそ最大にしているポイントであり、ワンピースに置いて伝えたいメッセージの大きな1つなのだと考えられます。

ウォーキュリー聖がハキの大波を引き起こし、ルフィを独特の方法で混乱させる。

そして今まで出番がなかったウォーキュリー聖もついに出番が出てきました。

実際に今まで見たことのない容量、ルフィを独特な方法で混乱させていると言う事ですが、おそらくウォーキュリー聖については五老星たちの中でもパワーが圧倒的なものだと思います。

だからこそ、その力によって脳みそを混乱させたりしているのだと考えられますね。

また、猪と言えば、どこか突進等のイメージがあります。

なのでと突進して誰かを攻撃するとその攻撃された人物と言うのは、脳震盪が働き結果的に混乱してしまいますね。

そのことが今回応用された能力を使われているのだと考えられます。

巨人が五老星の攻撃をブロックし、ルフィが野球バットを作って五老星にホームランを打つ。

しかし、それでもすぐ負けるようなルフィア大きな人たちではありません。

せっかく大きな人たちが来たにもかかわらず、強くなったルフィがすぐに負けるということや、すぐに戦いから退場するということはありえないでしょう。

この展開から考えてみても、まず間違いなく協力してこの状況を脱出すると言う展開になっていくと考えられますね!

実際にルフィは投げ飛ばしても結局戻ってきて回復もしてしまうので倒すことを諦めました。

時に冷静なルフィ

ルフィとしてはかなり冷静な判断ですね。

今までも海軍大将の黄猿と初めて会った時は間違いなく勝てないそういうことを理解して実際に逃げることだけを専念して逃げることができました。

もちろん、バーソロミューくまが助けてくれたからこそではありますが、それでもルフィの判断は、時に冷静ですごく合理的なことが多いです。

今回もその時と同じように逃げることに専念したことによって、おそらく逃げることができるのだと考えられます。

また空中を飛ぶことができるものもいるため、なかなか振り切るのは難しそうですが、おそらく船で海に出た場合、そこからさらに襲ってくると言う事はないと考えられます。

何故かと言うとそれは弱点があるからです!

五老星の弱点!

実際にあれだけつよい能力があると言う事は、それだけつよい何かの条件や縛りもあると考えられます。

特に考えられるのが悪魔の実能力と同様に海に入ってしまうと力が制限されてしまったり、無限に回復すると言う能力もなくなっていくのではないかと考えられます。

そして五老星たちについては、世界を収めるためにもこれから世界を統率していくためにも死ぬわけにはいかないので、結果的に海に飛び込むと言う事はおそらく五老星たちにはできないことなのだと考えられます。

そのことから考えてみても海にさえ出れば安全を下げることができそうですね。

しかしそれまでがかなり大変になっていくと考えられます!それでも今回は麦わらの一味だけでなく巨人子もいるので結果的にお願いすることができるでしょう。

また巨人族と太陽の神ニカが関わりがあるということで予想していましたが、今回の最新話の内容で関わりがある事は確定していますね。

実際に巨人族が崇める、神様の姿をしている理由について、ルフィに質問していたことから、考えてみても深い関わりがあるのだと考えられます。そして今後その深い関わりが明らかになっていくことでしょう。

そして最終的には、ルフィも五老星たちに対抗することができる手段を手に入れると考えられます。

実際に今のままでは、あまりにも五老星たちが強すぎるので、これから間違いなく対策ができていくと考えられますね。

五老星の秘められた力とその起源

「ワンピース」の世界において、五老星は最高権力者として知られていますが、彼らの真の力は依然として大きな謎に包まれています。

特に、覚醒した彼らの姿が示唆する力は、ファンの間で様々な推測を呼んでいます。

五老星が持つとされる再生能力や、その他説明されていない特殊な力は、彼らが単なる人間を超えた存在である可能性を示唆しています。

フリー画像

一部の考察では、五老星が複数の悪魔の実を摂取しているとの説があり、これが彼らの非凡な能力の源泉である可能性が指摘されています。

悪魔の実の真実と五老星の存在

悪魔の実に関する一般的な認識は、一人の人間が二つ以上の悪魔の実を食べると死に至るというものです。

しかし、五老星の存在はこの認識に疑問を投げかけます。彼らが複数の悪魔の実を摂取し、その結果として悪魔のような形態に変貌したとする考察があります。

これは、悪魔の実が名付けられた理由とも関連しているかもしれません。

五老星が全員、悪魔の実を複数摂取することで得られる特異な力を有しているとしたら、これまでの悪魔の実に関する理解を根底から覆すことになります。

実際に黒ひげに対しても、

血筋が特別だ

と言うことを話していましたが、もしかすると五老星たちも同じような血筋なのかもしれません。

だからこそ、黒ひげと同じように、複数の悪魔の実能力を所持することができ使うことができるのかもしれませんね。そうなってくれば、今までの能力についても理解できます!

五老星の謎を深める新たな仮説

さらに、五老星が実はすでに死んでいるという、いささか怖い仮説も存在します。

悪魔の実は物体に宿ることができるため、死者に悪魔の実を宿せる可能性があります。

この仮説によれば、五老星は人間の姿をした悪魔の実そのものか、あるいは死体に悪魔の実が宿った結果、特殊な能力を有する存在となったのかもしれません。

この考え方は、五老星がどんな攻撃を受けても再生するという観察からも支持されます。

彼らが本当に死んでいるとすれば、その再生能力は死者としての彼らが悪魔の実の力により動かされていると説明できるでしょう。

五老星に関するこれらの考察は、ワンピースの世界における最大の謎の一つを形成しています。

悪魔の実の秘密、五老星の真の力、そして彼らが持つ可能性のある多くの悪魔の実に関する真実は、物語が進むにつれて徐々に明らかになることでしょう。

麦わらの一味が巨人の船へと逃走する。

そして今回巨人族の人たちが大きな船に乗ってやってきました。

そのことから考えてみてもわかりますが、麦わらの一味についても、おそらくこの大きな船に乗って一緒に逃げていくのだと考えられます。

もちろん、サウザンドサニー号についても逃げていく可能性が高いと考えられますね。

ここでサウザンドサニー号を放置すると言う事は、確率的にはかなり低いでしょう。

海兵隊が黄猿を慰める試みをするが、黄猿は休息を促す。

そして海軍大将の黄猿については、かなり力を使いきっている様子です。

それでもかなりやばい状況になっていることから動こうとしますが、他の海軍の兵隊たちに止められます。

ワンピース

実際に五老星たちの姿を遠くから見ればわかりますが、海軍大将の黄猿が入っても入らなくても、まず間違いなく負けると言う事は外から見ているとありえないので、むしろ海軍大将の黄猿が痛い。目に合わないのかこんな状況で戦いに行っていいのか不安に思う事は当然のことですね。

このことから考えてみても、おそらく筆者は回復して戦うということは可能性としてはかなり低いのではないかと予想できます。

鉄の巨人の「ごめんなさい、ジョイボーイ」の意味とは?

そして衝撃の展開が、ついに鉄の巨人が動き出すことについてですね!

今回最も注目されている彼の中で、やはりエッグヘッドでの謎の1つとして、鉄の巨人がいます!

鉄の巨人がこれから覚醒するようなことがあれば、間違いなく戦いの状況というのは変わっていきますね。

実際にその大きさから考えてみてもわかりますが、まず間違いなく巨人族よりも大きく炎などにも強いことがわかっているので、かなり強い事は間違いないでしょう。

攻撃力ももちろんのこと鉄と言うこともあり、防御力もかなり高くなっているのだと考えられます!

実際にどれだけつよいのかと言うところは、かなり未知の領域になっていますが天竜人などと戦ったと言う事は、おそらくシャンクスの家系である神の騎士団の団長などのレベルの人たちと戦っているかもしくは五老星たちとも戦っているので、その実力と言うのは計り知れないものがあります!

実際にこれからその実力と言うのは、徐々に明らかになっていくのだと考えられますが、それでも現時点で相当強い事は確定していますね。

実際にここにきて出てきていると言う事は、つまり五老星たちと同じ位の能力があったり、五老星たちとそれ以上の力がある場合、ここにきて出てくる理由がありません。

おそらく今後の展開としては鉄の巨人がルフィ達を脱出させてくれる手伝いをするのだと考えられます。実際にどのように今後脱出していくのかかなり楽しみですね。

現時点ではあまりにも敵が強すぎるのと、敵が未知数なことから攻撃しても攻撃してもダメージがないので、どうなっていくのかがわからないところもまたどうやって逃げるのか、楽しみな部分でもあります!

ワンピース

実際に何か対策などもあると考えられるので、どのようにしたら対策ができていくのかなども楽しみなポイントの1つです。

実際に出てきたばかりの巨人族がやられると言う事はおそらくないと考えられます。

そして今回このように数百年ぶりに目覚めたのには理由があります!

まず1番に考えられるのは、太陽の神ニカが近くにいるからですね!

ジョイボーイは巨人!

またジョイボーイについて話していることから、ジョイボーイが太陽の神ニカであった事は確定しています。

そして新しいジョイボーイとして覚醒したのがルフィであることから目覚めたのだと考えられます。しかし理由はそれだけではありません。

おそらくその太陽の神ニカを崇める巨人族が来たことによって全ての条件が揃ったのだと考えられます。

ワンピース

というのも、もともとジョイボーイについては巨人族の可能性が疑われています。

なぜ巨人族なのかと言うと、実際に麦わら帽子が関係しています。

まず間違いなくシャンクスが渡してくれた麦わら帽子と言うのは、確実に物語の中心のポイントとなっているものです。

ワンピース

そしてワンピース史上最も謎でもある金様についても大きな麦わら帽子を見ていました。

これがどういうことなのかと言うと、まず間違いなく大きな麦わら帽子と言うのはかなり重要な人物が被っていたものだと言う事は確定しています。

そしてイム様ついては800年前の人物であることがコブラの話からもう確定しています。

つまりどういうことかと言うと、やはり800年前の太陽の神ニカジョイボーイは大きな麦わら帽子をかぶっていたことが確定しています。

このことから考えてみると麦わら帽子をかぶっているジョイボーイについては巨人族であることもまた確定しましたね。

なのでこのことから考えてみると、ほぼ間違いなく巨人足と太陽の上と言うのは重要な関係にあり、その2つが揃ったからこそ、鉄の巨人が覚醒したのだと考えられます。

もちろん太陽の神ニカだけでも時間が経てば、覚醒するだけかもしれませんが、巨人族と太陽の神と言う関わりが深いことも確定しているので、今後この点についても明らかになっていくことでしょう!

有能すぎるサンジ!

サンジは、私たちが想像したことの何億倍も能力が高かったですね。

予想外のドリブロの到着で驚くことなく、ルフィにドリブロを装着し、サポートを提供して撤退ルートを確保し、さらにジンベエがゾロを回収する場面を電話でしっかりとチェックしていました。

ワンピース

そして、ボニーをうまくカバーできる範囲に配置していて、天才としか言いようがありません・・・

この状況で最善を尽くしていますね!

サンジのおかげでルフィたちには逃走の望みが見え始めた。

それでは、1112話以降の考察予想がこちらです⇩

ワンピース1112話最新話考察!

ベガパンクの真実とは?エッグヘッド編が描く深いメッセージ

「ONE PIECE」のエッグヘッド編において、ファンの間で最も議論されているのは、ベガパンク博士が送り出した謎に満ちたメッセージの内容です。

この物語がクライマックスを迎えつつあり、世界中の読者がベガパンクの映像に何が隠されているのかを熱心に解析しています。

この映像は、数々の伏線や前兆を含んでおり、読者を惑わせる要素が満載です。

多くの人々が予想するに、この映像は実は五老星に向けた罠である可能性が高いとされています。

計画性のない配信、それとも計算されたトラップか

物語における重要な点は、ベガパンクが配信準備をしている過程です。ここにはいくつかの疑問点があります。

なぜ配信の準備に10分というインターバルを設けたのか、そしてなぜ準備期間が10年以上もかかっているにもかかわらず、内容が確定していないのか。

これらの点から、多くの読者はこの配信には他に何か大きな目的が隠されていると考えています。

実際、これらの疑問点はベガパンクの計画の精巧さを示唆しており、ただの配信とは思えない深い意味が込められていると推測されます。

未知数の結末、世界に衝撃を与える真実とは

ベガパンクの配信の真の目的について、多くの理論が飛び交っています。

最も有力なのは、この配信が消された歴史、すなわち空白の100年に関連する何かを明らかにするものではないかというものです。

ベガパンクは過去にこの禁断の歴史を研究しており、その結果、世界政府から消される運命にあることを悟っていました。

しかし、彼はこの重要な情報を世界に伝えるために、自身の命を犠牲にする覚悟を決めていたのかもしれません。

最終的に、ベガパンクが世界に伝えたい真実とは何なのか、それが明らかになるとき、ファンは確実に大きな衝撃を受けるでしょう。

天竜人は本来は神様ではない!

それではその内容について、どんな部分が世界に公開されるのか詳しく見ていきましょう。

実際に世界に公開される情報と言うのは、やはり考えられるのは、今起きている状況と違うの事と言う事ですね!

実際に世界の真実を話すと言う事は確定していることから、考えてみても、今の世界は天竜人が支配している世界です。

しかし、実際は天竜人が神様のような存在ですが、本来はそうあるべきではないと言うことが今後明らかになっていくのだと考えられますね。

実際に本当に正当な神様的な存在なのであれば、空白の100年のような時間を作らなくてもいいですね。

それにもかかわらず、空白の100年間を作ってその情報を公開させないようにしていると言う事は、やはり今の状況が本来あってはならない状況だからだと考えられます。

もしもその情報が流出されてしまえば、立場が危うくなってしまうと言うこともあるので、世界政府がその情報を操作して流れないようにと対策をしていることが考えられます。

世界の真実とベガパンクの目論見

エッグヘッド編は、ワンピースの世界における「世界の真実」への言及があり、物語は重大な転換点を迎えています。

五老星の行動やベガパンクの計画が徐々に明らかになる中で、読者は真実を求めて熱心に物語を追います。

特に、ベガパンクが設定した「10分のインターバル」は、物語に緊張感を与え、世界の真実が何であるかについての期待を高めています。

旧ワノ国と黄金の謎

「ワンピース」の世界には多くの謎が散りばめられていますが、特に興味深いのは旧ワノ国に関する謎です。牛丸のセリフによれば、この国はかつて「黄金の国」と呼ばれていました。

しかし、現在その地は海の底に沈んでおり、黄金の光景はどこにも見られません。

では、なぜ旧ワノ国は黄金の国と呼ばれていたのでしょうか?

これについては明確な答えは示されていませんが、様々な仮説が存在します。

一つの可能性として、黄金とは物理的な金ではなく、何らかの重要な価値や力を象徴しているのかもしれません。

そして、その「黄金」が今回の五老星の能力や、旧ワノ国が持っていたかもしれない何らかの重要な秘密と関連している可能性があります。

そしてそのワノ国が、今後は黒ひげ海賊団の標的となっていくと考えられます!

実際に黒ひげ海賊団が目的とするものについては、世界だということがわかっています。

世界を支配したいもしくは世界を手に入れたいと思っているのであれば、必要になってくるのは当然力ですね。

そのことから考えてみても分かる通り古代兵器を手に入れに行くと考えられるので、結果的に今後は黒ひげ海賊団がワノ国を狙いに行くのではないかと考えられます!

五老星の能力と黒の羽衣

今回の話の中心の一つは、五老星の能力の名前がワノ国のプレートに記されていることです。

これは、旧ワノ国と五老星、さらには空白の100年との間に直接的な繋がりがあることを示唆しています。

この部分は非常に興味深く、過去と現在、そして未来を繋ぐ大きな謎へと導く鍵かもしれません。

五老星の能力がワノ国で生み出された可能性があること、また、それが空白の100年の間に何が起こったのか、そして巨大な王国と20の国の間の戦争がどのように展開されたのかに光を当てる可能性があります。

覚醒ルッチと五老星の関係性

もう一つの注目点は、覚醒したルッチの存在と五老星との潜在的な関係です。

ルッチは太陽の神や古代兵器プルトンといった強大な力を持つキャラクターの一人として知られていますが、彼が覚醒したことで新たな力を得た可能性があります。

この力が五老星の能力や、より大きな物語の枠組みの中でどのように機能するのかはまだ完全には明らかにされていませんが、彼の覚醒が旧ワノ国の謎や五老星の秘密、そして空白の100年の真実に繋がる可能性があることは間違いありません。

これらの要素を考える時、ワンピースの物語はただの海賊冒険譚以上のものであることがわかります。

過去と現在、そして未来を繋ぐ大きな謎、そしてそれを解き明かす鍵が、今後のエピソードで明かされることを期待しています。

ゾロの謎多き行動とその背後にある真実

1111話では、ゾロの行動も描かれました。彼はルッチを倒し、その後も謎の行動を続けます。

ゾロが海岸を離脱した理由は明確には語られていませんが、彼の誕生日と懸賞金の話題が出てくることから、何か大きな計画があると推測されます。

ワンピース

また、ナス寿郎星が人獣型になったことも話題です。

彼は上半身が人間の姿を保ちつつ、初代鬼節のような振る舞いを見せています。

ここからは、ゾロが再び中心となって物語が展開していく可能性があります。

リトルガーデン編とエッグヘッド編の比較においては、両者の違いが明確にされています。

リトルガーデン編は人数も少なくシンプルながら、エッグヘッド編では多くの登場人物が絡む複雑な展開があります。

特に、五老星が登場することで物語はさらに深みを増しています。

セルフオマージの可能性についても触れられており、過去の編とのリンクが示唆されています。

リトルガーデン編でのゾロの活躍と危険な状況が再び描かれることで、彼への注目が集まります。

ゾロの危機と死闘の影響

ゾロが過去に直面した危機、特にリトルガーデン編での彼の苦闘は、読者に深い印象を残しています。

ゾロは死にかけながらも最後には自分を救うため、想像もつかない行動に出ます。

これは、彼の不屈の精神と戦士としての誇りを象徴しています。

しかし、今回のエッグヘッド編でのゾロの状況は、さらに危険かつ謎に包まれています。彼の今後の行動が物語の鍵を握るでしょう。

ゾロと伝説の剣豪リューマの運命的な繋がり

『ONE PIECE』の物語が終盤に差し掛かり、各キャラクターの背景や未来に対する期待が高まる中、特に注目されているのがロロノア・ゾロです。

ゾロは、常に世界最強の剣士を目指し、その旅の中で多くの強敵と対峙し、数々の試練を乗り越えてきました。

彼の物語の一つのクライマックスとして、伝説の剣豪リューマとの深い関連があります。

リューマは、過去に『ワンピース』の世界で名を馳せた剣士で、その技は現在も語り継がれています。

ゾロとリューマの運命的な出会いは、ゾロがリューマの遺した黒刀「修羅」を手に入れることで象徴されます。

この剣はゾロにとって、ただの武器ではなく、彼の剣術の進化と成長の象徴となります。

また、リューマから受け継いだ意志は、ゾロが世界最強の剣士へと成長する上で重要な役割を果たしていくでしょう。

黒刀としての進化 ― ゾロの未来への鍵

ゾロが持つ「修羅」は、彼の手によってさらなる力を引き出され、黒刀へと進化していきます。

黒刀とは、『ワンピース』の世界で最も強力であり、歴史に名を残す剣の一つです。

ゾロがこの黒刀を完全に使いこなすことができれば、彼の力は計り知れないものへと変わるでしょう。

ワンピース

この進化の過程では、ゾロ自身の精神的な成長も欠かせません。

剣士としての技術だけでなく、彼の内面の強さ、決断力、そして剣への深い理解が試されます。

ゾロがこれらの試練を乗り越え、自身の中に眠る真の力を引き出せれば、彼は歴史に名を刻む剣士へと進化することができるのです。

ナス寿老聖との対決 ― 新たなる世界秩序への道

物語がクライマックスに向かう中で、ゾロは世界政府の頂点に立つナス寿老聖との対決に直面することになります。

この対決は、単なる個人の戦いを超え、世界の未来を左右する重要な局面となります。

ゾロがナス寿老聖を倒すことは、新たなる世界秩序の始まりを意味し、彼の剣が世界に平和をもたらす鍵となるでしょう。

この戦いでゾロが見せる剣技は、リューマの奥義を受け継ぎ、さらに独自の進化を遂げたものとなるはずです。

彼の剣の軌跡は、正義と自由のために戦う者の象徴となり、後世に語り継がれるでしょう。

ゾロとナス寿老聖との戦いは、『ワンピース』の物語において、最も印象的な瞬間の一つとして記憶されるに違いありません。

エッグヘッド編では、五老星や他のキャラクターたちとの関わりが、物語に新たな次元を加えています。 

シャンクスとルフィを再会する?

そして楽しみの1つがシャンクスとルフィが実際にまた再会するのかどうかというのがポイントに乗って行きますね。

実際にエルバフにはシャンクスがつい最近まで滞在していた事は間違いありません。

実際にエルバフです。

シャンクスの赤髪海賊団の海賊の部下たちも多くいました。

おそらく何かしらの集まりがあったのだと考えられます。

そのことから考えてみても、確実にエルバフいた事は間違いないとは予想できます!

ただし、ここでシャンクスとルフィが再会するのかどうかと言うのは実は別の話です。おそらくこのままいくと再会はしないと予想します。なぜ再会しないのかと言う所についてですが、実際にシャンクスは島を出ていくような発言をしていました。

それに対して周りの傘下の人たちが寂しいと言うことを話していましたね。

以上のことから考えてみても、ほぼ間違いなく島からは既にいなくなっているのだと考えられます。

そしておそらくシャンクスは未来を見ることができるので、ルフィたちが危ない状況になると言うことを未来予測できたの画像考えられます!

そして未来予測ができたからこそ、シャンクスが巨人族たちに応援に行ってあげてほしいと言うことを伝えたのだということが推測できますね!

きっと、そうして、巨人族たちが良いタイミングで来てくれていたのだと考えられます!

今まで全てが良いタイミングでうまくいっていたのはシャンクスの未来を予測することができる能力によってなのだと考えられます!

サウロとロビンの再会!

逆にシャンクスとルフィについては、おそらくここで一緒になると言う事はないと考えられますが、逆に一緒になる人物も実は出てくると考えられます!

それがやはり考えられるのがサウロとロビーについてですね。

実際に間違いなくサウロについてはエルバフに入る事は確定しました。

そのことから考えてみても分かる通り間違いなく今後は麦わらの一味はエルバフに行くと考えられるので、そのことから考えてみても再会する事は確定と言って良いでしょう。

そしてサウロについてはドリーとブロギーが言っていましたが、学者の1人なのだと考えられます。

つまり、ワンピースの場所や歴史等について詳しく知っている可能性がかなり高そうですね。

今後ワンピースやポーネグリフについて教えてくれるのではないかと予想できます!

こうして、すべてのことがつながっていく可能性が高やすそうですね!

ガープは死んでいる!?

そして現在物語の中でも最も気になるポイントの1つがガープが生きているのかそれとも死んでいるのかと言うポイントについてです。

実際に黒ひげ海賊団との戦いでかなりの激闘しましたが、最終的には黒ひげ海賊団の方が数が多かったことによって、青キジなどによって倒されてしまいました!

ワンピース

しかし、実際に気になるのが本当に海軍の英雄であるガープがやられてしまったのかどうかと言う所についてです。

実際にルフィのおじいちゃんでもあるガープがやられるようなことがあれば当然ルフィ達も動き出すことでしょう。

現在は自分たちが逃げることで精一杯なので、結果的に動くことができていなかったり、そもそも情報を知ることができていません。

しかし、間違いなく世界経済新聞によって海軍の英雄がやられたことを報告されると考えられます。

ワンピース

そして今後の展開としては、ルフィはエルバフからワンピースに取りに行きに行くのではなく、海賊島に行く流れになっていくと考えられます。つまりこのような流れになっていくと言う事ですね。

エッグヘッド、エルバフ、海賊島、

このような流れで冒険が続いていくのだと考えられます!

そして今後の展開として考えられるのが、麦わらの一味VS黒ひげ海賊団ですね。

当然この戦いについては、誰もが待ちに待った戦いです。

そして現時点でもゾロやサンジその他の麦わらの一味のメンバーがかなりレベルアップしていることから、戦うことが十分にできることでしょう。

なので待ちに待った最終決戦のようなことが今後行われていくのではないかとも考えられますね。しかし実際には違います。実際に戦いが行われるのはこちらです。

黒ひげ海賊団VS赤髪海賊団

実は今後の戦いとして最も可能性が高い色が赤髪海賊団が黒ひげ海賊団と戦うことです。というのも、シャンクスは常に黒ひげの行動を気にしていました。

おそらく黒ひげがシャンクスや世界にとっては脅威になるのだと考えられます。

というのも、シャンクスについては明らかに世界を良くしようと動いてくれていません。

ワンピース

例えば頂上決戦の時にこれ以上大きな戦いにならないように、戦いを止めに来てくれたり、劇場版の中でもワンピースフィルムレッドで戦わないで負傷者などを出さないように立ち振る舞っています。

このことから考えてみても貪欲な人間と言うわけではなく、平和的な解決を望んでいる人物であることは間違いありません。

それはワンピースを奪いに行く時も同じことでしょう。

だからこそ、黒ひげがおそらく戦いなどの起こるような状況に今回していくのだと考えられます。

それをシャンクスが止める形になっていくことでしょう!

そこで気になるのが黒ひげとシャンクスどちらが勝つのかと言う事についてですね。

一対1ではシャンクスの勝利だが、おそらく一対1で勝負するには圧倒的にシャンクスが勝利していくと考えられます。というのも、実際にシャンクスはゴールドロジャーと同じ必殺技を使ったり、未来を予測することができます。

しかも緑牛に対してかなり遠距離からロギア系の能力を弱体化させると言う理解不能な能力も放っています。

おそらく覇王色の覇気やその他多くの力を持っていると考えられるので、この能力は黒ひげにとっても完全に弱点となっています。

またシャンクスに対しての弱点というのがほぼなくなっており、シャンクスを倒すことができるとすれば、同じだけの覇王色の覇気や力を持っていなければいけません。

実際に黒ひげ自身まだお前と戦う準備ができていないと言うことを話していました。

そしてその準備が完璧ではないものの、おそらく現在は整っていると考えられます。

つまりそれはどういうことなのかと言うとシャンクスをチームで倒すと言うことです。

1対1で黒ひげはシャンクスを倒すことがおそらくできないと考え世界各地にある最強の悪魔の実能力を手に入れて自分の仲間に与えたのだと考えられます。

そしてその能力を与えたことによって、結果的にチームとして総合能力で勝とうと思っているのではないかと考えられます。

おそらく黒ひげ海賊団の家の半数である3人から5人の人物たちが一気にシャンクスに攻撃をして、シャンクスがそれを避けきることができないような内容にしていくのだと考えられます!

例えば、戦いの流れとしては以下のような流れです!

瞬間移動の能力によってシャンクスを孤立させる!

まずはデボンの能力によってシャンクスに返信をして、その後にシャンクス以外の仲間たちをほんの1部のところに引き寄せて、最終的にシャンクス以外の赤、髪海賊団の仲間をどこか遠くにワープさせます。

そしてこのような状況が作れれば、シャンクスを孤立させることができますね。

結果的に孤立させたことによって、3人から5人以上の黒ひげ海賊団でシャンクスを倒すことに専念することができます。

実際買って頂上決戦の時に、黒ひげがシャンクスと戦うかどうかと言う話になったときにまだ準備ができていないと話していましたが、その時の状況とはかなり変わっています!

そのことから考えてみてもやはり今後の展開として黒ひげが準備を整えたことによってシャンクスを倒す流れになっていくのだと考えられます。

そしておそらくその未来も1つシャンクスには見えている可能性が高いです。

なので、今後のためにおそらく黒ひげのことを大きく負傷させることでしょう。

黒ひげがグラグラの実能力を奪われる!

そして最終的にシャンクスが敗北していく展開になっていくと考えられます。

ただそこで考えられるのが、ただ単にシャンクスが負けると言う事はありえないでしょう。

ルフィや麦わらの一味、次の時代の世代につなぐようにしていくと考えられます!

そのために必要になってくる事は何なのかと言うと、悪魔の実の能力があまりにも黒ひげ海賊団は強すぎると言う事ですね。

なので、その悪魔の実の能力について制限させたり、もしくは黒ひげの悪魔の実の能力であるグラグラの実能力などを奪い取れ。

もしくは消滅させてグラグラの実の能力が使えないようにするのではないかと考えられるので、実際に悪魔の実能力には意思があり、悪魔の実能力も自分が好きな人にその人の思いと近いものに宿ることがわかっています。

しかしグラグラの実能力は当然黒ひげのことを求めてはいません。

それにもかかわらず使わなければいけない悪魔の実能力の立場を考えてみても、おそらく解放させてくれるのではないかと考えられません。

チャンスがグラグラの実を使わせないようにすると言う事ですね。

またそのためには腕を切り落とせなどと言うことが今後考えられます!

実際に初めてグラグラの実能力を使ったときに、右手にヤミヤミの実能力、左手にグラグラの実能力と言うように分かれていました。

このことから考えてみると、片方の腕を切り落とせば、その悪魔の実能力が使えなくなると言う内容になっている可能性が高いので、黒ひげの左腕を切り落としてシャンクスは、悪魔の実能力を使えないようにしていくのではないかと予想します!

黒ひげはなぜ2つの悪魔の実の力を持つことができるのか?

神話とワンピースの融合:神々の象徴としてのキャラクター

ワンピースの世界には、さまざまな神話から着想を得た要素が散りばめられています。例えば、マーシャル・ディ・ティーチ(黒ひげ)は、実在した海賊エドワード・ティーチ(黒ひげ)がモデルであり、同時にギリシャ神話のケルベロスや冥府の神ハデスの特徴を持つという説があります。

ケルベロスは三つの頭を持つ犬で、ハデスの使いとして知られています。

これらの要素がワンピースの世界観に組み込まれ、キャラクターたちの個性や能力、ストーリーラインに深い意味をもたらしています。

実際にケロベロスは頭を3つ持っているので、その分3つの悪魔の実能力が自分のものになるのではないかと考えられます。そして他にも黒ひげについては特徴があります。

なんといっても、過去にゴールドロジャーの船に乗っていた頃バギーがシャンクスと黒ひげについて話していました。

その中の話です。バギーが黒ひげは生まれてから1度も寝たところがないらしいぞと言うことを話していました。

このことから考えてみてもわかりますが、まず、間違いなく普通の人間ではありません。

むしろ人間ではなく、他の化け物の可能性がかなり高いです!

黒ひげがケルベロスで化け物

実際に黒ひげがケルベロスで化け物の場合は、確かに睡眠を取らなくても良いと言う可能性も考えられますね。

実際に理由としては、頭が3つあるので、そのことから考えてみても睡眠をしなくても大丈夫と言う内容になっているのではないかと考えられます。

この話になっていくと、今後の展開で考えられるのは3つ目の悪魔の実の能力は何にするのかと言うところについてですね。

そして考えられるのが、間違いなく世界最強の悪魔の実の能力ゴムゴムの実能力、太陽の神ニカをモデルにしたルフィが持つ能力を手に入れれば黒ひげは間違いなく無敵になります。

悪魔の実能力を無効化して、さらにはどれだけダメージをくらっても回復できたりとあまりにも危険な力を手に入れることになりますね!

もちろん、シャンクスやミホークといった悪魔の実能力を持っていないにもかかわらず、強いような人物には対応できていくかもしれませんが、それでも世界最強の能力者になっていく事は間違いありません。

すでに黒ひげは3つの悪魔の実を持っている。そして考えられるのは、すでに黒ひげは3つの悪魔の実の能力を持っている可能性も考えられます。

すでに、黒ひげは、悪魔の実能力を3つ持っている!

どういうことかと言うともともとヤミヤミの実の能力がモデルケルベロスであれば確かに1つの悪魔の実能力でカウントされているかもしれませんが、犬犬の実の能力、幻獣種、モデルケルベロスの悪魔の実の能力を最初に手に入れて、その次にどうしても欲しかった闇ヤミの実能力を手に入れ、最終的に一番強かったグラグラの実能力を手に入れたのではないかと考えられます。

もちろんそうなってくれば、すでに3つの悪魔の実能力を所持していると言うことになりますね。

十分にこの可能性は考えられます!

つまり、黒ひげは、悪魔の実の能力について、他に所持していることを隠していると言う事ですね。

実際に悪魔の実能力については、多くの能力を表示しているのであれば、隠しておいた方がいざと言う時に相手を出しることができます。

例えば、シャンクスなどにヤミヤミの実を起動プログラム実能力を持っていると言うことを知らしめて、実際にその2つに対しての未来は見えるものの、今までに見たことのないような能力や想定もしていないこと等については、未来が見えない可能性が高いです。

その結果、シャンクス倒すと言うような形で、黒髭が今後勝利していく可能性もかなり高くなっていくのではないかと予想します。

主要キャラクターの背景と象徴性

主人公ルフィの憧れの対象であるシャンクスは、風を象徴する北欧神話の神チュールと関連があると言われています。これは、ルフィの故郷にある風車や、彼が目指す「自由」の象徴と深く関連しています。

また、ルフィが受け継ぐ「意志」は、海賊王ロジャーからシャンクスへ、そしてルフィへと続く重要なテーマです。この「意志の継承」は、神話や伝説の中で語られる英雄の旅路と重なり合い、読者に深い印象を残します。

太陽と月の対比とその意味

ワンピースにおける最大の謎の一つは、ニカの能力、すなわち「太陽の神」に関するものです。この能力は極めて強力であり、対抗する力として「月の神」が存在すると考えられています。この太陽と月の象徴は、物語の中でさまざまな形で現れ、キャラクターやストーリーに多層的な意味を与えています。

太陽と月の対比は、善と悪、光と闇、生と死など、人間の根源的なテーマを象徴しているとも言えるでしょう。

以上の分析を通じて、ワンピースの中に織り込まれた神話や伝説の要素が、ただの装飾ではなく、物語全体の深い理解と解釈に役立っていることがわかります。

各キャラクターが持つ背景や象徴性は、読者にとっての理解を深め、物語の魅力を一層引き立てています。

ワンピースの世界は、単なる海賊の冒険譚以上のものを含んでおり、神話、伝説、そして人間の普遍的な探求を描いているのです。

黄猿が休む理由

そして、前回の1111話の中では海軍大将の黄猿が明らかに疲れており、もう休ませてくれと頭を悩ませていましたね。

これはおそらく疲れていると言うだけではなく、友達でもあるベガパンクを自らの手で殺したことから後悔しているのだと考えられます。

そして実際に任務自体は終了したので、これ以上もう何もしたくないと言う思いがやはり強いのだと考えられますね。

ワンピース

海軍大将の黄猿はなぜここまでして世界政府に対して忠実でなければいけないのか理由についても見ていきましょう。

海軍大将の鬼猿が世界政府に縛られる理由、実際に海軍大将の人たちは、世界政府の直属の部下となっています。

世界政府や天竜人の直属の部下になりたくないと言う理由でルフィのおじいさんであり、海軍で最も英雄と言われている。ガープは海軍大将になる事はやめていました。

ワンピース

このことから考えてみても分かる通り、やはり海軍の中でも海軍大将と言う立場は、かなり独特のポジションになっていることがわかりますね。

新扉絵連載の意味とは

最近開始された「ワンピース」の新しい扉絵連載「鬼の子ヤマトの金稲荷代参」について、多くのファンが議論を交わしています。

この連載において、主人公の一人であるヤマトが登場し、ワノ国を巡る旅を始めました。

ここで言う「稲荷代参」は、本人の代わりに神社や祭りへ参拝することを意味しており、ヤマトが何か特別な使命を担っていることを示唆しています。

多くの人は、ヤマトが光月モモノスケの代わりにワノ国を巡っているのではないかと推測しています。

モモノスケは現在のワノ国の将軍であり、自由に国を巡ることができないためです。一方で、ヤマトにはそのような自由があり、モモノスケの想いを叶える役割を担っていると見られています。

黄金の国とプルトンの謎

連載内で言及されている「黄金の国」の概念は、ワノ国の歴史に深い関連があると言われています。かつて竜馬という英雄が活躍した時代には、ワノ国は世界に「黄金の国」として知られていました。

しかし、現在のワノ国はそのような黄金を見せる場面がなく、過去の栄光は失われたと考えられています。

ヤマトの旅がこの黄金の謎を解明し、ワノ国の隠された歴史や宝を明らかにする可能性があるとファンは期待しています。また、この黄金の国の復活が、伝説の兵器プルトンの発見や復活につながるのではないかという説も浮上しています。

ヤマトとモモノスケの未来

新扉絵連載はヤマトとモモノスケの関係性にも光を当てています。

ヤマトがワノ国を代表して稲荷代参を行うことで、モモノスケの夢や願いを体現することになります。

この旅を通じて、ワノ国内に潜むさまざまな問題や秘密が明らかになり、ヤマトとモモノスケの協力によって解決されることが予想されます。

ヤマトの行動は、ワノ国の未来に大きな影響を与えるだけでなく、彼自身の運命や冒険における役割をも再定義する可能性があります。

最終的には、この扉絵連載がヤマトの新たな章の始まりを告げ、彼のキャラクターがさらに深化することが期待されています。

伝説の巨人と五老星の対立

ワンピース第1111話は、驚異的な展開でファンを魅了しました。ルフィと巨人族のドリー、ブロギーが中心となり、神秘的な存在である五老星との戦いが始まりました。

ここでは、伝説の鉄の巨人が起動する重要なシーンが描かれています。

五老星との対立は、ただの力の衝突ではなく、深い背景と意味を持っているようです。

五老星は、長年にわたってワンピース世界の裏で暗躍してきた神秘的な存在です。

彼らの行動一つ一つが、世界の均衡と秩序に深く関わっています。

しかし、このエピソードでは、彼らがルフィと巨人族に真っ向から対峙しています。

この戦いは、ただの力の見せ合いではなく、正義、友情、そして過去の秘密が交錯する重大な戦いであることが示唆されています。

ルフィと仲間たちの絆

ルフィの冒険は、常に仲間との絆が中心となっています。

1111話でも、この絆が試される重要なシーンが描かれました。特に、ロブ・ルッチの裏切りと、ルフィへの対抗心が、新たなドラマを生んでいます。

ルッチは、以前は冷酷無比なキャラクターとして描かれていましたが、このエピソードでは、彼の中にある仲間への思いやりや、内面の葛藤が明らかになります。

ルフィとの戦いにおいて、ルッチは自分の信念と任務の間で揺れ動きます。

しかし、彼が最終的に仲間を思う心を優先させることで、彼のキャラクターに新たな深みが加わります。ルフィ自身も、常に仲間を大切にする姿勢を貫き、多大な困難に直面しながらも、仲間との絆を力に変えています。

3. 今後の展開と謎の解明

ワンピース1111話は、多くの謎を残しつつ終わります。

五老星との戦い、鉄の巨人の真実、そしてルフィと巨人族の運命など、今後の展開に大きな期待が寄せられています。特に、五老星の正体や目的、そして彼らが恐れる「妖怪」との関係は、今後の大きな謎となっています。

また、ルフィとドリー、ブロギーとの関係性も、今後の鍵を握っています。

彼らは、過去の巨大な歴史と運命に繋がっている可能性があり、その秘密が徐々に明らかになることが予想されます。

ヨークは裏切る!

ヨークはおそらく麦わらの一味やベガパンクのことを裏切るのではないかと考えられます以外にも小心者で欲深いことがわかったので、そのことから考えてみても、目の前にあのような強い人物が出てきたら、その人物の見方をするのではないかと考えられますね。

実際に欲深いことから考えてみてもわかりますが生きることに対しても欲深いと言うことが予想できます。

つまりどういうことかと言うと死にたくないと言う思いも強いので、自分が死なない為なら、誰かを裏切ったり、自分のプライドを捨てたりすることもできるのではないかと考えられます!

なので、結果的にどうすれば、ベガパンクの世界への配信を止められるのかと言うことも、おそらくヨークは知っていると考えられるので、結果的に止める方法を教えてしまうのだと考えられます。そしてその後五老星たちが世界に真実を配信される事は止めることができるのだと予想できますね。

現時点でルッチが話していましたが、残り6分の猶予があることがわかっています 6分の猶予があれば、充分に五老星たちであれば、世界への配信を止めることができるでしょう!

最後の最後までヨークが邪魔な存在になってしまうと予想します。

ただし、ワンピースの中で最終的には悪い人物も心を入れ替えて良い人物になったり、仲間になったりすることが多いです。

例えば、クロコダイルやバギーなど本来敵対する関係にありますがいちど戦い打ち解けあうとその後協力する展開が多くなっているので、いちどヨークが敵になっているので、今後は麦わらの一味やメガバンクなどの仲間をしてくれる可能性は少なからず考えられます。

というのも、あのような大きな化け物が支配している場合、自分が付け入る隙がないと考えると予想できます。

実際にあのような強力な力や、バケモノのような姿のそばで生活したいと思える人はいませんね!

そのことから考えてみても、嘘の情報を麦わらの一味とベガパンクともう一度協力し合うために6人に教えてヨークは賢い判断をするのではないかと考えられます!

革命軍と世界政府:予測される激突

大雑把な予想から始めると、物語の中で描かれる可能性があるのは、サターン聖を巡る事件がきっかけとなり、革命軍と世界政府の間で大規模な対立が生じることでしょう。

サターン聖や五老星が地上に降りてきたことにより暴走し、革命軍がそれに対抗する形で立ち上がるという展開が予想されます。

これにより、黒ひげは古代兵器を得ようとするでしょう。

さらに、この間にプルトンとポセイドンへの危機も迫っていることが明らかになり、物語は新たな高みへと進んでいきます。

プルトンとポセイドン:黒ひげの野望

黒ひげの計画はさらに深く、プルトンとポセイドンを狙うことで世界のバランスを崩そうとしています。

この動きは、世界政府や革命軍、さらには海賊たちにも大きな影響を及ぼすでしょう。

ワンピース

黒ひげ海賊団がどのようにしてこれらの力を手中に収めようとするのか、そしてその過程でどのような役割を果たすのかは、注目すべきポイントです。

特に、カリブーが黒ひげであることが判明した時点から、物語の流れは一気に加速します。

最終決戦の予感:アーロン編とのリンク

歴史は繰り返すと言いますが、ワンピースにおいてもこれは例外ではありません。アーロン編で見たような民衆の立ち上がりは、最終決戦の重要な鍵を握っている可能性があります。

アラバスタで見られた民衆の勇気ある行動は、物語の現在においても革命的な変化を促すかもしれません。

そして、そこにはサボをはじめとする革命軍の存在が重要な役割を果たすことでしょう。最終決戦への道筋が、これらのエピソードを通じて徐々に明らかになっていきます。

以上の内容を踏まえると、我々がまだ知らない“ニカの真の姿”とは、多くの要素が絡み合う複雑な物語の展開を指すのかもしれません。

ルフィの成長やギアの進化、革命軍と世界政府の対立、黒ひげの野望といった要素がすべて絡み合い、最終的には全てが明らかになる瞬間を迎えるでしょう。

五老星を倒すのは海軍大将!

そして五老星の強さについては、ほぼ間違いなく海軍大将たちも十分に理解しているのだと考えられます!

ここまで強いことを知っているからこそ五老星の指示に従いたく無いものの、現場は従うしかないと言うことになっているのだと考えられますね。

だからこそ、海軍大将たちは、おそらく解放される時を願ってはいるのだと考えられます。

ワンピース

しかし、それでも絶大な力には、やっぱりあれが合うことができないからこそ、その準備を現段階では行っているのだと言うことが予想できますね。

実際に現段階で五老星たちを倒すことができる人物はいないのだと考えられます。

しかし、そんな中でも唯一、太陽の神ニカの力神は勝つこともできるかもしれないと言う希望があるのではないかと予想することができますね。

ワンピース

実際に太陽の神ニカの場合は、自分の思った通りに変形できたり、思った通りのことが実現させることができません。

明らかにワンピースの中、では最強の能力となっていますが、その力の使い方と言うのはおそらくそれだけでは無いのだと考えられます。

太陽の神ニカが五老星を倒せる!

どういうことかと言うと、例えば神様については現段階では雷を操ることができていますが、本当は雷だけでなく他にも様々なものがコントロールできるのではないかと考えられます!

例えば雷だけではなく、他にも海などもコントロールできる可能性が十分に考えられます!

ワンピース

そして、海をコントロールすることができるようになったらどうなっていくのかと言うと、例えば悪魔の実の能力を無効化することができたり、五老星たちが常に何度攻撃しても回復したりするのを無効化できるでしょう!

あまりにも五老星たちは強い能力を持っています。

それだけ回復することができると言う現段階でどう対処したらいいのかわからないほどに圧倒的な実力になっていますが、おそらく弱点はあると考えられます。

例えば覇王色の覇気で戦った場合はダメージが食うと言うことだったり、ダメージが食うようにベガパンクが研究を進めている可能性もありますね。

ワンピース

他には海軍大将も何とか五老星たちを倒すために、これまで様々な研究や戦う集団などを準備している可能性があります。

なので、結果的に五老星たちを倒すのは、麦わらの一味ではなく、海軍大将になっていくのではないかと予想することもできますね。

トラファルガーローとルフィが合流!

そして今後の展開です。予想できることの1つはトラファルガーローと合流するのではないかと考えられます!

実際にトラファルガーローは現在かなり危機的な状況にいます!

黒ひげにボコボコにやられてしまったことから、仲間も失い、ただ帰る状況では現在なくなっていません。

そのことから考えてみても誰か頼るしか方法はありませんね。

そして頼れる人間と言えば麦わらの一味しか考えられます。

以上のことから考えてみても麦わらの一味と協力して今後は動く可能性がかなり高そうですね。

またトラファルガーローは実際に確実に傷の男について情報何か持っていると考えられます!

実際にキャプテンキッドが傷の男について話をしたときに何か知っている様子でした。

そのことから考えてみても、おそらく何らかの情報は持っているのだと考えられます。

しかし、その情報があの時点では言えなかったのだと考えられます!

しかし仲間を助けるためにも交換条件として、麦わらの一味に仲間を助けてもらう代わりに、傷の男について教えると言うようなことを今後交換条件で動いてくれるのではないかと考えられます!

おそらく交換条件がなかったとしても、ルフィたちは動いてくれると考えられますが、トラファルガーローとしても何か条件がないと申し訳ないと言うことから、おそらく今後はしっかりと協力してくれる代わりに地図の男についての情報かなり詳しく教えてくれるのではないかと予想できます!

そうすれば当然、傷の男についても知ることができて、ルフィもかなりありがたい展開になっていきますね。

このように全てがルフィにうまくいくようにつながっていくのではないかと予想します!

数々の謎と冒険で満ち溢れており、ファンの間では様々な考察が交わされています。

特に、最近のエピソードでは「火ノ傷の男」に関する新たなヒントが提示され、この謎に対する関心が高まっています。

本稿では、この「火ノ傷の男」の正体に迫るヒントと、彼とローの関係について深く探求していきます。

火ノ傷の男とは誰か

「火ノ傷の男」という名前が登場したのはこれまで数回。

しかし、その都度、ファンの間で様々な憶測が飛び交っています。

一部では、この人物が重要な鍵を握っているとも言われており、特に最後のロードポーネグリフに関連しているとの見方もあります。

それに加えて、最近のアニメエピソードでは、ローとロビンの反応が特に注目されました。

ローの意味深な表情とロビンの疑問符を浮かべる様子から、彼らがこの謎の人物に何らかの手がかりを持っているのではないかと考えられています。

ローとの関連性

ローと「火ノ傷の男」の関係性については、多くのヒントが示されています。

まず、ローの過去や彼が持つ能力、そして彼の行動パターンを見ると、「火ノ傷の男」への関連性を指摘できる瞬間がいくつかあります。

例えば、ローがこの人物の存在に対して特別な反応を示したシーンや、彼が何かを隠しているかのような表情をした瞬間です。

これらの点を繋ぎ合わせると、ローと「火ノ傷の男」の間には何らかの深い関係がある可能性が高まります。

さらに、ロビンがこの話題に触れた際の反応も、この謎を解き明かす手がかりの一つと言えるでしょう。

そしてローと 関わりのある人物と言えば、やはり考えられるのがコラソンについてですね。

実際にロビンとはどのような関係があるのかと言うところが疑問に思いますが、それはおそらく2人ともかつて「海兵に助けられた」という共通点があります。

ロビン→サウロ
ロー→コラソン

とどっちも幼少期に海兵に助けられて恩人が元海軍で助けられた代わりに恩人の人物は生きてきた共通点はある ここから考えてみても火の傷の男についてはコラソンなのではないかと予想できます!

結論:「火ノ傷の男」の謎への迫り方

「火ノ傷の男」については、現段階でまだ確定的なことは言えませんが、彼の正体がローとの関連性を持つ人物であることは強く示唆されています。

アニメのシーンや原作でのヒントを組み合わせることで、ファンはこの謎に迫ることができます。

重要なのは、細部に隠された手がかりを見逃さないこと、そして登場人物の行動や発言から推理を重ねることです。

これからも「ワンピース」は、その壮大な物語と謎解きでファンを魅了し続けるでしょう。そしていつか、「火ノ傷の男」の正体と彼が持つ秘密が明らかになる日が来ることを、多くのファンが心待ちにしています。

ジョイボーイと鉄の巨人、その始まり

ワンピースの世界では、数多くの謎や秘密が存在していますが、中でも特に注目されているのが、空白の100年とジョイボーイの真実です。

第1111話では、これまで謎に包まれていた「鉄の巨人」が突如として動き出すシーンが描かれました。

これにより、ジョイボーイと鉄の巨人、さらには空白の100年との深い関係が明らかになりつつあります。

鉄の巨人は、長い間エッグヘッドに眠っていた存在です。

その動き出しは、ルフィとその仲間たちによる一連のアクションが触発したものと考えられます。

この巨人が目を覚ました背景には、何世紀にもわたる歴史の秘密が隠されている可能性があります。

空白の100年の真実とジョイボーイの遺言

空白の100年には、世界政府によって隠された多くの事実が存在しているとされています。

ジョイボーイはこの時代の人物であり、彼の遺したメッセージは、後の世に大きな影響を与えています。

第1111話で鉄の巨人がジョイボーイに「謝る」行為からは、彼らの間に深い絆があったことがうかがえます。

これは、ジョイボーイが持つ「誤り」や「遺言」が、鉄の巨人にも何らかの影響を与えた可能性を示唆しています。

また、鉄の巨人が実は生命を持つ存在であることが示唆されています。

これまでの話から、鉄の巨人は900年前に作られた人造人間、または古代巨人族に関連する存在である可能性が高いと考えられます。

これにより、空白の100年の間に起きた出来事が、現在の物語に直接的な影響を与えていることが明らかになります。

鉄の巨人と未来への影響

鉄の巨人の存在が明らかになったことで、ワンピースの世界における力の均衡が変わる可能性があります。

ジョイボーイの遺言を中心に、古代巨人族やその技術が今後の物語において重要な役割を果たすことになるでしょう。

特に、鉄の巨人が持つ「自我」や「目的」が、ルフィたちの冒険にどのような影響を与えるのかが注目されます。

さらに、エッグヘッドに眠っていた技術や知識が、ベガパンクを通じて現代に伝わっていることが示唆されています。

これは、過去と現在、そして未来が密接に結びついていることを物語っています。

ジョイボーイと鉄の巨人

そして空白の100年の真実が完全に明らかになる日は、ワンピースの世界において新たな時代の始まりを告げることになるかもしれません。

実際にシャンクスも新たな時代のことについて話していました。

そして、世界政府や海軍たちはその新たな時代について怖がっているので、これからおそらく数百年ぶりに新たな時代が来るのだと考えられます。

実際にジョイボーイについては、800年ぶりにルフィの姿となり、復活しているので今後がほんと楽しみですね。

そして、鉄の巨人については、おそらくマリージョアのことを襲撃したように言われていますが、実際には逆でマリージョアの先住民のことを助けたのではないかと考えられます!

鉄の巨人がジョイボーイに謝罪した理由!!

どういうことかと言うと、もともと間隣には先住民がいたと考えられます。

しかし、かつてのゴッドバレーと同じように、天竜人が先住民一掃計画を実行し、先住民の人たちを皆殺しにしたのだと考えられますね。

実際に鉄の巨人については、900年前に作られたことがベガパンクの調査によりわかっています。

900年前は確実に天竜人についてはマリージョアにいなかったと考えられます。

なのでおそらく天竜人たちが住む地域としてマリージョアがかなり適していたので、天竜人たちは先住民を殺害して奪い取ったのだと考えられます!

しかし、そうはさせないとかつてのマリージョアの王様であるジョイボーイと、鉄の巨人が協力して、天竜人たちからなんとか島を奪われないように動いていたのではないかと予想できます。

そして、鉄の巨人は、マリージョアの先住民とマリージョアの土地を守るように作られたものですが、結果的に守ることができなかったことによりジョイボーイに謝罪していたのではないかと予想できますね!

マリージョア守護神が鉄の巨人!

また900年前にマリージョアは 天竜人のものではない確定的な理由としては、もともとゴッドバレーに数十年以内に住んでいたことから、考えてみても、おそらくマリージョアに住むようになったのは、かなり最近のことなのではないかと予想することができますね!

そのことから考えてみても、かつて 鉄の巨人がマリージョアのことを襲ったと言う事ですが、実際には先住民たちを守っていたのだと考えられます。

天竜人が先住民一掃計画などをして、それに対して鉄の巨人が対抗していたと言う可能性の方がかなり高そうですね。

天竜人たちが、おそらく自分たちの都合の良いように考えているだけなのだと考えられます。例えば天竜人たちはクソのような人間なので、自分たちが思い通りにならなければ事実をねじ曲げます。

例えば、コブラのことサボが殺害したと言うふうにしたり、事実を曲げていることから考えてみても、おそらくその時も自分たちの都合の良いように解釈しているのだと考えられますね!

以津真天とヨークの遭遇

以津真天(いつまで)が情報を受け、研究所の司令室に到着したことから物語は始まります。

壊れた研究所の壁を抜けて、以津真天はヨークの前に現れ、モニターに映っている部屋について尋ねました。

この突然の出来事に、ヨークは激しく怯え、泣き叫びました。

若い女性が、目の前に突如として巨大な怪物が現れたら、その反応も無理はありませんね。

ここまでデカい妖怪が目の前に出たら普通の反応です。

今までの五老星のこの行動は、彼の無神経さを物語っていますが、彼にとっては、動画の配信を止めることが最優先事項であったのです。

カクの未来とルッチの変化

話はカクの運命へと移ります。

ルッチは以津真天に対して、司令室にはまだ重症の相棒がいると訴え、彼の命を救うようお願いしました。

この行為は、通常のルッチからは考えられないほどの変化であり、彼がカクを仲間として大切に思っている証拠です。

しかし、以津真天の反応は冷たく、彼のメインの関心は任務の遂行にあり、カクの命を気にする様子はありませんでした。

黄猿のメンタル崩壊

最後に、黄猿の状況に触れます。

ルフィによって海軍の軍艦に投げつけられた後、黄猿は動揺を隠すことができず、その精神的なダメージは計り知れません。

彼は右腕で目を隠し、周りの海兵たちに放っておいてくれという態度を取りました。この瞬間は、通常見せない黄猿の弱さを露わにし、彼のメンタルが崩壊していることを示唆しています。

ボニーの挑戦

ルフィと五老星の間で進行している戦いについてお話しましたが、今日はその続き、特にボニーと海軍との対峙にスポットを当てます。

ボニーとフランキーたちは、エルバフの船が待つ島の裏側に到着したところ、海軍中将たちと対面します。

ワンピース

この状況は、彼らにとって大きな試練となります。ポンスキー、ギロチン、レッドキングの3人の中将は、強敵であり、更にブルーグラスとドールも迫っています。

ボニーたちはどう戦うのでしょうか。

フランキーと巨人たちの力は強力ですが、ボニー自身は過去の戦いでダメージを受けています。

それでも、彼女たちはエルバフの船へと進むため、海兵との戦いに挑まなければなりません。

まさかの助っ人登場

ここで、ボニーの覚醒やまさかの助っ人の登場について考えてみましょう。

ボニーの能力はまだ多くの可能性を秘めており、その覚醒が戦況を一変させるかもしれません。

そして、エルバフの船には誰も乗っていないように見えますが、実はサウロが隠れているという予想もあります。

彼の登場は、戦況に大きな変化をもたらすでしょう。サウロがいるとしたら、彼の動きはいつ現れるのか、そして彼の出現がどのような影響を与えるのかが注目されます。

挟まれたらゲームオーバー

そして、この戦いの最大のクライマックスは、海兵と五老星に挟まれることでしょう。

この絶対的な危機の中で、ボニーたちがどのようにして窮地を脱するかがキーポイントになります。海軍をいかにして出し抜くか、そして五老星の介入をどう防ぐか。

また、サンジやルフィたちの動きも重要で、彼らのサポートがなければ、ボニーたちは完全に囲まれてしまいます。

今後はそのような展開にならないように、ルフィ達麦わらの一味は動いていると考えられます。

実際に最も頭が切れる人物としてサンジが挙げられますが、おそらくサンジを筆頭に海軍の兵士たちを倒していくのではないかと考えられます。他にも巨人族なども仲間になっているので、十分倒せる可能性は考えられますね。

ジュエリーボニーの覚醒

そして今後考えられるのがやはりジュエリーボニーが覚醒するのではないかということについてですね。

実際にジュエリーボニーの能力については、イメージしたものを実現することができると言う太陽の神ニカ同等の能力を持っています。

サターンが話していましたが、実際に年齢を重ねるごとにイメージと言うものはなくなっていきます!

事実、現実世界にでも同じように、年齢を重ねると成功するイメージができなくなっていったり、何かを実現させたり、夢を追い求めたりする事は難しくなっていきますね。

太陽の神ニカの力で海軍中将も倒す!

その考えと同じで、きっとイメージすることが年齢を重ねるごとにできなくなっていくのだと考えられます。

ましてやジュエリーボニーについては、実際に今まで見たことがない太陽の神ニカのことを信じて攻撃などをしていました。

しかし、今回ルフィがその太陽の神ニカの姿を見せてくれて、お手本も見せてくれていることから考えてみても、まず間違いなく前まで攻撃していたよりもクオリティーが上がり、攻撃力守備力ともに覚醒していくと考えられます。

そんな覚醒したジュエリーボニーであれば当然海軍の中将も倒していけるのではないかと考えられます。

Dの王国の可能性とその起源

『ONE PIECE』の世界には数多くの謎が存在しますが、その中でも特に注目を集めているのが「Dの意志」に関連する謎です。

長年にわたり、ファンの間ではDの一族やDの名を持つ人物たちが物語の重要な鍵を握っていると多くの憶測が飛び交っています。

この文章では、かつてこの世界に存在したとされる「Dの王国」について、一つの大胆な仮説を立ててみたいと思います。

考察の出発点は、ある巨大な王国の存在です。

この王国の正体については、多くの研究者や学者たちが頭を悩ませてきましたが、一人の冒険家が提唱する理論が非常に興味深いものです。

彼は、Dの王国とは実は「ディズニーランド」をモデルにした巨大な遊園地であるという説を唱えています。

ディズニーランドという言葉は、「夢と魔法の王国」というキャッチコピーを持ち、ある意味でDの王国が持つであろう魅力を象徴しています。

さらに、この仮説を裏付けるように、ディズニーランドの開園当初の地図と、クローバー博士が想像したDの王国の地図が類似している点も指摘されています。

この類似点は、ただの偶然ではなく、何らかの深い関係があるのではないかと推測されています。

Dの名と海賊の関係

Dの名を持つ人物たちと海賊の関係は、『ONE PIECE』の世界では非常に重要なポイントです。

歴史的に見ると、ウォルト・ディズニー自身がDの一族であり、彼の名前が海賊に関連する秘密を持っているという点は興味深いものがあります。

実際、ディズニーの名前は、ノルマン人の裔であり、さらに遡るとバイキングの末裔であることを示唆しています。

バイキングが海賊であったことを考えると、Dの名を持つ人物が海賊と深い関係を持っているというのは、非常に理にかなった話と言えるでしょう。

これは、Dの一族が海賊の精神を受け継いでいるという点を示唆しています。

つまり、Dの王国が遊園地として描かれている場合、それは「自由」や「冒険」の象徴として、物語の中で非常に重要な意味を持つことになります。

Dの王国の現代における影響

Dの王国が現代においてどのような影響を持つのか、この仮説に基づくといくつかの示唆が得られます。

まず、ディズニーランドが実際に存在すること自体が、Dの王国の理念や価値観が現代社会に受け継がれている証拠と言えるでしょう。遊園地という場所は、人々に夢や希望、そして無限の可能性を提供します。

これは、Dの王国がかつて持っていたであろう「自由への憧れ」や「冒険心」を反映していると言えます。

また、東京ディズニーランドのように、何もないところから作り上げられた遊園地が存在することは、Dの王国の精神が新たな形で生き続けていることを意味しています。

これらの遊園地が提供する体験は、訪れる人々にとって、現実から一時的に離れ、別の世界へと足を踏み入れる機会を提供してくれます。

さらに、ディズニーランドで行われるセレモニーやイベントは、Dの王国がかつて持っていたであろう文化や伝統を現代に伝える役割を果たしています。

これらのイベントは、過去と現在を繋ぐ架け橋となり、Dの王国の理想を現代に生きる私たちに伝えてくれるのです。

結論として、Dの王国の正体がディズニーランドをモデルにした遊園地であるという仮説は、ただの空想に過ぎないかもしれません。

しかし、この考察を通じて、『ONE PIECE』の世界に潜む謎やDの意志が持つ深い意味について、新たな視点から考える機会を得ることができました。

そして、何よりもDの王国が象徴する「夢」と「冒険」の精神は、私たち自身の人生においても大切にしたい価値観であると改めて感じさせてくれます。

ガープの生存の可能性は?

実は前回、尾田先生が手術を受け、4週間の休暇を取った後、物語はモンキー・D・ガープから始まっています。

ガープは、軍艦をサンドバック代わりにして修行している姿が描かれており、その修行方法に驚かされました。

さらに、彼がサンファンウルフを打ち倒したり、黒ひげ海賊団の隊長たちを一気に3人、一瞬で倒したりと、驚くべきシーンが続きました。

しかし、これらの出来事によって、ガープの死亡フラグが立ちすぎているのではないかと心配になりましたね。

ただ私はそんなことはありえないと思いました。

なぜなら、この休載の中でガープが注目されるように持ち上げられたのは、彼が物語の後半で重要な役割を果たすためだと感じたからです。

そこで、今回はガープに関する考察をしてみたいと思います。

頂上戦争をオマージュ

まず、今回の話は明らかに頂上戦争をオマージュしています。

頂上戦争では、捕まったエースを助けに来た白ひげという構図が描かれました。

そして、その戦いの中で、エースは赤犬によって命を落としてしまいます。

今回も同様に、捕まった仲間を助けに来たガープが、海賊に騙されたコビーをかばって負傷するという展開がありました。

しかし、私たちはコビーが死ぬとは考えていません。

彼は海軍大将になる夢を持ち、ルフィの友達でありライバルでもある立場にあります。そのため、彼を物語から退場させることは惜しいと感じます。

実際、彼はルフィが海に出て最初に出会った人物の一人であり、物語の最後まで活躍してほしいと思っています。

そこで、頂上戦争のオマージュをしながらも、物語の結末を変える可能性があると考えました。

その根拠の一つとして、ワンピースマガジンvol.1に掲載されたifStoryがあります。

ワンピースマガジンvol.1に掲載されたifStory

このストーリーでは、エースが死なずに3兄弟が無事に合流するという夢のような展開が描かれています。

尾田先生自身も、エースが死なない未来を描きたいと考えていたようです。

このような事情から、今回の物語展開においても、ガープが死なない展開があるかもしれないと考えました。

ガープは、ロジャーとの戦いやゴッドバレー事件など、過去に何度も危機を乗り越えてきました。

その経験から、彼は今回のピンチも乗り越えることができるでしょう。

しかし、ガープがどのようにして助かるのかについてはまだ分かりません。

ガープが生き延びることで、物語に新たな展開がもたらされることは間違いありません。

彼の存在は、ルフィや海軍にとって重要な要素であり、彼が生き残ることで物語に新たな展開がもたらされるでしょう。

ガープは生きている!

黒ひげ海賊団倒されたとされているルフィのおじいさんにあたる人物ですが、おそらく生きていると考えられます。

理由については、実際に今まで青キジが倒したかと思われていた人物については、やはり生きていましたね。

ロビンの命を救ってくれた海軍のサウロ等についても結果的に生きていたことがわかっています。

そのことから考えてみても、おそらくガースについては行っているのではないかと予想することができます。

実際にルフィの耐久力の高さなどから考えてみてもわかりますが、すぐに敗北していなくなってしまうほど弱い体ではありません。

そして昔からゴールドロジャーと戦ってもなお生きている人物でもあるので、このことから考えてもわかりますが、やはりガープについては変わらず行っているのだと考えられます。

さらにただ生き延びていると言うわけではなく、青記事とは、おそらく戦略的に今回殺されたようなふりをしているのだと考えられます!

師匠と弟子の関係でもあることから、お互いに信頼しており、黒ひげ海賊団の内部にしっかりと潜入するために、青キジは海軍で最も力を持っている英雄のガープを 倒して今後は黒ひげ海賊団に信頼される形になっていくのではないかと予想できます。

しかし、それも、青キジとガープの戦略の可能性も十分に考えられますね。

というのも、ガープが青記事と戦っているときに、青キジが迷いがあることに対して指摘していましたね。

本当に倒されたくないと言う思いや青キジのこと倒したいと月が考えているのであればそんな事は言うはずがありません。なのでもともと2人が戦略を立てているもしくは、戦略を立てずとも考えていることがお互いにわかっているのかもしれません。

黒ひげ: 海賊王への野望とルフィとの宿命の対決

“ワンピース”の世界では、数々の敵との激闘を繰り広げるルフィ達ですが、物語がクライマックスに近づくにつれ、最終的なラスボスは誰になるのか、多くのファンが注目しています。

その中でも特に目立つのが、海賊黒ひげことマーシャル・D・ティーチです。

彼はルフィと同じく、海賊王の座を狙う強敵であり、その野望は誰よりも強いです。

黒ひげとルフィの関係は、初めて会った時から対照的なキャラクターとして描かれており、黒ひげの初登場シーンでは、チェリーパイに対する好みの違いを通じて、その対立が示唆されていました。

このような細かな描写からも、二人が最終的に激突することは避けられない運命にあると考えられます。

黒ひげの最大の特徴は、彼の計画性と野望の大きさにあります。彼は赤犬やシャンクスといった強敵との戦いのタイミングを見極め、自分の力を着実につけていきます。

それに対し、ルフィは場当たり的ではありますが、誰であろうと正義のために戦う姿勢を見せます。

このように、目的は同じでも手段が異なる二人の関係性は、最終戦における壮大な対決を予感させます。

シャンクス: 深い絆と潜在する闇

シャンクスはルフィにとっては憧れの存在であり、ルフィが海賊になるきっかけを作った人物です。

しかし、物語が進むにつれて、彼の周りには謎や隠された意図が多く存在していることが明らかになってきました。

例えば、和の国編での海軍との関わりや、ビッグマムやカイドウと異なる行動を取るシャンクスの姿勢は、彼がただの好漢ではない複雑なキャラクターであることを示唆しています。

さらに、ルフィとの戦いが避けられないとする説もあり、二人の関係に新たな一面が加わる可能性があります。

イム様: 絶対的な権力と謎に満ちた存在

物語の中で徐々にその存在感を強めているのが、イム様です。

イム様は世界政府の最高権力者とされ、五老星さえも頭が上がらない存在です。

その真意や目的は謎に包まれていますが、ルフィや黒ひげといったキャラクターとの関連を示唆するシーンがあり、彼らとの関わりが物語の中で重要な役割を果たすことが予想されます。

イム様の真の目的とは何か、そしてその強大な権力をルフィ達はどのようにして乗り越えるのか、物語の結末に向けて最大の謎の一つです。

ワンピースの物語は、これらのキャラクターたちの関わり合いを通じて、海賊王を目指すルフィの冒険が描かれています。

ラスボスとされるこれらのキャラクターたちとの戦いは、ルフィと仲間たちの成長を象徴するものであり、物語のクライマックスを飾るにふさわしい展開が期待されます。

どのような結末が待っているのか、ファンならずともその行方が気になるところです。

イム様の目的

イム様についてもおそらく何かしらの目的があるのだと考えられます。

実際に今までに求めていたものとしては、唯一1つだけでビビだけですね。ビビが欲しいと言うふうに話していました。

このことから考えてみるとビビがどういう存在なのかと言うと、間違いなく作品の中でもトップクラスの美人で明るく元気で仲間思い出魅力的なキャラクターの1人です!

他にはネフタリィスの女王というところが外との違いですね。

しかし欲しいと言うふうに女性に言っていることから、考えてにもやはり見た目や性格に魅力を感じているのではないかと考えられます。

もしくは他に考えられるものとしては、何百年も生きていると考えられるので、その体が欲しいと言っているのかもしれませんね。

美しく明るく元気で魅力的な瞳をしていることから、その姿かたちが欲しく入れ物を変えているのかもしれません。

これからどんな展開が描かれるのか本当に楽しみですね!

鉄の巨人の謎に迫る

「ONE PIECE」の世界では、数多くの謎や秘密が存在し、その中でも特に注目されているのが「鉄の巨人」の動力の正体です。

過去の考察では、この動力として「人造メラメラの実」の存在が挙げられました。

ベガパンク博士の研究成果の一つとして、この不滅の火の力が鉄の巨人を動かすエネルギー源である可能性が示唆されています。

これは、エネルギーの転換という観点からも理にかなっており、また、物語中での様々な伏線や示唆もこの考察を支持しています。

さらに、ベガパンクが再現できないとされる「消えない太陽」「太古の文明の動力」「人工のロギア系悪魔の実」は、実はすべて人造メラメラの実と関連している可能性が高いとされます。

この理論は、過去から現代に至るまでの技術の発展と、それに伴う謎の解明への試みが物語の大きな魅力の一つとなっています。

サンドワームの存在意義

次に、五老星の中でも一際異質な存在である「サンドワーム」について考察します。

なぜ尾田栄一郎先生は、五老星の中にサンドワームというキャラクターを加えたのでしょうか。

この疑問に対する一つの回答は、サンドワームの持つ「穴を掘る」という特性が、物語の深層に隠された意味を持っているからです。

サンドワームが選ばれた理由は、その穴掘りの能力が過去のエピソードや他のキャラクターと深い関連を持っていることにあります。

特に、「穴掘りゴロー」のエピソードとの関連性は、イム様や五老星、さらには世界の構造そのものにまで影響を及ぼす可能性が示唆されています。

この深いつながりは、「ONE PIECE」の物語が単なる冒険譚ではなく、過去と現在、そして未来を繋ぐ大きなテーマを内包していることを物語っています。

人造メラメラの実と世界の未来

最終的に、この考察は「人造メラメラの実」の存在が「ONE PIECE」の世界におけるエネルギー問題、技術の進化、そしてそれらが未来にどのような影響を与えるかという点に焦点を当てています。

人造メラメラの実が鉄の巨人の動力としてだけでなく、より大きな世界のエネルギーシステムや政治構造にも深く関わっている可能性が考えられます。

また、「穴掘りゴロー」やサンドワームを通じて、尾田栄一郎先生が「ONE PIECE」の物語に込めたメッセージやテーマの解明にもつながります。

穴を掘ることの象徴性や、それが示す「隠された真実を掘り起こす」という行為は、読者自身が物語を読み解く上での重要な鍵となり得ます。

このように、「ONE PIECE」の世界は、その表面上の冒険譚だけでなく、技術、歴史、哲学に至るまで多岐にわたるテーマが絡み合って構築されています。

読者それぞれが独自の視点から物語を解釈し、考察することで、この豊かな世界観をより深く理解することができるのです。

ジョイボーイの一味はマリージョアの戦いで敗北

『ワンピース』の物語において、謝罪は単なる言葉以上の重みを持っています。

ジョイボーイ、ズニーシャ、鉄の巨人の3人の謝罪を中心に、謝罪がなぜ重要視されるのかを探ります。鉄の巨人は800年以上前の人物で、ジョイボーイに対して何かを謝っていました。

この謝罪の内容はまだ完全には明かされていませんが、彼の行動は後世に大きな影響を与えています。

一方、ズニーシャは巨大な存在でありながら、過去の大罪を償うためにずっと歩き続けるという形で謝罪をしています。

そして、鉄の巨人は、200年前に何らかの理由でジョイボーイに対して謝罪をしています。

これらの謝罪は、それぞれが重要な物語の鍵を握っている可能性があります。

鉄の巨人の謝罪はの謝罪の内容が今後の展開に大きく関わってくるかもしれません。

ズニーシャの謝罪は、彼の存在が何を象徴しているのか、そして彼が何について謝罪しているのかを理解することが、空白の100年の真実に迫る鍵となるでしょう。

鉄の巨人の謝罪は、ジョイボーイとの関係性や彼の行動の動機を探る上で不可欠です。

ジョイボーイの一味側は結局戦いに負けてしまった体と考えられます。

ジョイボーイ、ズニーシャ、鉄の巨人の3人のそれぞれの役割を果たす事が出来なかったから謝罪をしたり罰を受けていたりするの だと考えられます!

エルバフの巨人族とその謎に迫る

『ONE PIECE』の物語が、エグヘッド編を経てエルバフへと進む中、巨人族やエルバフに関する謎が徐々に明らかにされつつあります。

エルバフ編の前哨として、新挙兵海賊団や巨人族の重要なキャラクター、ハイルディンの役割がクローズアップされています。

ハイルディンの夢とは、全巨人族を束ねることであり、彼らの目的はかつての巨人海賊団を復活させることにあると言われています。

その中で、サウロとハイルディンの関係性や、エルバフの巨人族との関わりが注目されています。

エルバフ編では、巨人族の過去と、彼らが持つ「正義」の意味についての深い掘り下げが期待されます。

新挙兵海賊団の船長、サウロの謎

エルバフ編では、サウロと新挙兵海賊団の謎が深まる一方です。

サウロはかつて海軍中将であり、彼の「生存」がほぼ確定しています。

サウロはエルバフからウエストブルーの小原まで巨人たちを率いてきた人物であり、彼らが小原の書物をどう関係しているのかが重要なポイントです。

また、サウロがエルバフの戦士を率いる理由、そして彼らがなぜ小原の書物に関心を持つのかも大きな謎です。

サウロとハイルディンの間でなされた「話し合い」や彼らの共通の目的が、エルバフ編のキーとなりそうです。

エルバフへの期待とその影響

エルバフ編では、ルフィたちの冒険が新たな局面を迎えます。巨人族の謎解きとともに、エルバフの歴史や文化、そして彼らが持つ「正義」の真意が明らかになることでしょう。

サウロやハイルディンをはじめとするキャラクターたちの過去と目的が絡み合い、物語に深みを与えます。

また、エルバフ編を通じて、ルフィたちが世界政府や海軍とどのように向き合っていくのか、その展開にも注目が集まります。

エルバフでの戦いは、ルフィたちにとって新たな試練となり、彼らの絆や信念が試されることになるでしょう。

エルバフで起こるであろう出来事は、『ONE PIECE』の世界観をさらに広げ、ファンに新たな驚きを提供することになります。

エルバフ編は、巨人族の謎やサウロの生存、新挙兵海賊団の動向など、多くの要素が絡み合う重要な章として描かれています。

ルフィと彼の仲間たちがエルバフでどのような冒険を経験し、どのように成長していくのか、その物語に期待が高まります。

ジョイボーイの謎を解き明かす

『ONE PIECE』の世界には数多くの謎が存在しますが、その中でも特に注目されるのが、ジョイボーイの正体です。

ジョイボーイは遥か昔、空白の100年に存在したとされる人物であり、最低でも800年前の人物であると語られています。

しかし、ジョイボーイの最大の謎は、その正体が具体的に誰であるか、そして何をした人物なのかという点にあります。

ジョイボーイ=太陽の神ニカ?

ジョイボーイとは「喜びの少年」を意味し、その名の通り、多くの人々を喜ばせる役割を持つ存在であると考えられます。

ズニーシャが和の国で「ジョイボーイが帰ってきた」と発言したことから、ジョイボーイは太陽の神ニカであり、その役割をルフィが引き継いでいるのではないかという説があります。

ルフィは数々の冒険を通じて人々を喜ばせ、ワンピースの物語が完結する時、この世界の全ての人々を喜ばせる存在となるでしょう。

想像力と現実の境界

ジョイボーイの役割はただの役職ではなく、人々を喜ばせるという、より深い意味を含んでいます。

ジョイボーイを「生けるミッキーマウス」のような存在と例え、その想像力の強さを強調しています。想像力、つまり「イマジネーション」はディズニーの重要なコンセプトの一つであり、ミッキーはそれを体現するキャラクターです。

ジョイボーイもまた、想像を現実に変える力を持つとされ、その力は作中でゴーグルやヘルメットを作り出すシーンなどで示されています。

さらに、ジョイボーイの想像の力は、カイドウが純粋な力のみを求める存在であることと対比されます。

カイドウはジョイボーイにはなり得なかったとされ、ジョイボーイとは想像を現実にする者、夢を現実に変える力を持つ者であると語られています。

ジョイボーイの遺産とルフィの役割

ルフィがジョイボーイとしての役割をどのように果たしていくのかは、『ONE PIECE』の物語の中で最も興味深いテーマの一つです。

ルフィの心の声や想像の吹き出しが作中で描かれない理由について、ルフィが想像を現実に変える力を持つため、心の声が必要ないのではないかと推測しています。ルフィの夢や想像が、彼をジョイボーイとしての道へと導くことは間違いないでしょう。

結論

ジョイボーイの謎は『ONE PIECE』の世界を深く理解する鍵を握っています。

ジョイボーイは過去に存在したが、その精神はルフィに引き継がれ、彼が現代のジョイボーイとしての役割を果たしているとされます。この想像力と現実の境界を超える力が、ルフィをどのような運命へと導くのか、引き続き見守っていく必要があります。

まず、ジョイボーイについてわかっていることを見ていきましょう。

ジョイボーイの確定情報!

ジョイボーイは人魚姫に「謝罪文」を残した

第一に、人魚姫に「謝罪文」を残したことが記されています。この謝罪文とは一体何について謝罪したのでしょうか。

人間社会と人魚姫の間に何らかの対立や確執があったことが推測されます。

ジョイボーイはそうした対立を和解に導こうとしたのかもしれません。

ジョイボーイは「ひとつなぎの大秘宝」を残した

第二に、「ひとつなぎの大秘宝」を残したことが挙げられています。この「大秘宝」とは一体何を指しているのでしょうか。ワンピースの世界観の中で重要な意味を持つアイテムなのかもしれません。ジョイボーイがこの秘宝を残したということは、何らかの重要な目的があったと考えられます。

「ひとつなぎ」という言葉が付されていることから、ジョイボーイが何かを「ひとつにつなげた」可能性があります。

ワンピース

これは物理的な「つなぎ合わせ」だけではなく、精神的な意味での「つながり」を表しているのかもしれません。

さらに、ジョイボーイには「約束」があったと記されています。この約束とはいったい何だったのでしょうか。後の物語の展開に大きな影響を及ぼしているのかもしれません。

これらのジョイボーイの功績から、彼が単なる冒険者や海賊ではなく、ワンピースの世界観の中で重要な位置づけにある人物だと考えられます。物語の根幹にかかわる鍵となる役割を果たしていた可能性があります。

その中で考えられるのが、やはりマリージョアについては、もともと天竜人のものではなく、ジョイボーイの国だったのだと考えられます。

鉄の巨人はマリージョアを守りきらなかった

しかし、そこでジョイボーイの国を守っていたのが鉄の巨人です。

しかし、鉄の巨人は、マリージョアを守りきることができずに、結果的にジョイボーイについても殺されてしまったことから、あのような形で謝罪をしているのだと考えられますね!

実際にマリージョアで鉄の巨人が暴れて天竜人たちを襲ったと言うことが言われていますが、それは天竜人たちがゴッドバレーと同じように、先住民一掃計画をしていたからだと考えられます。

なので、ただ単に鉄の巨人やジョイボーイは、自分たちの土地を奪われないように守っていただけなのだと予想します!

ロードポーネグリフの獲得競争についての詳しい分析を行います。

ロードポーネグリフの獲得競争

主要な海賊団4つ(クロギルド海賊団、赤髪海賊団、キッド海賊団、黒ひげ海賊団)とハート海賊団、麦わらの一味が描かれています。

ここからロードポーネグリフをめぐる競争の現状と今後の展開について詳しく考察していきます。

ロードポーネグリフの重要性

ロードポーネグリフは、偉大なる航路の真実を示す石碑で、その情報を手に入れることができれば、新世界を席巻し海賊王の座を手に入れる可能性が高まります。

そのため、海賊たちの間では激しい争奪戦が繰り広げられており、4大海賊団をはじめ、多くの海賊組織がその入手を目指して活動しているのが現状です。

勢力図の変化

現時点ではクロスギルドが最強の勢力であると考えられます。

総合力が他を大きく引き離しており、ロードポーネグリフ入手にも有利な立場にあると言えるでしょう。

一方で、赤髪海賊団も40億ベリーを超える勢力を誇っており、クロスギルドと互角以上の戦力を持っていると評価できます。

さらに、キッド海賊団や黒ひげ海賊団といった実力派も台頭してきており、今後の勢力図の変化に注目が集まっています。

ただ黒ひげ海賊団がキッド海賊団に勝利、シャンクスもキッドに勝利しているので残る争いは

黒ひげ海賊団・赤髪海賊団・ 麦わらの一味の3組となっています!

ロードポーネグリフ獲得をめぐる予想

この激しい勢力争いの中で、ロードポーネグリフの獲得を巡る展開も目まぐるしく変化していくものと考えられます。

しかし有力な候補としては、クロギルド海賊団が挙げられます。

圧倒的な戦力と資金力を背景に、ロードポーネグリフ入手に向けた取り組みを着々と進めていることが予想されます。

彼らが先行して情報を掌握し、最終的に手に入れることができるのではないでしょうか。

しかし、赤髪海賊団や麦わらの一味といった他の有力組織も、クロギルドに劣らぬ野心を秘めています。

特に赤髪海賊団は、ロードポーネグリフ入手に向けて長年の努力を重ねてきた組織であり、ここで手に入れられなかった場合、その挫折感は計り知れないものがあるでしょう。

あい
あい

そのため、赤髪海賊団がクロギルドに対抗するべく、あらゆる手段を講じてくることが予想されます。さらに、麦わらの一味のような新勢力の台頭も見逃せません。

彼らがロードポーネグリフ入手に向けて、他の有力海賊団とタッグを組んだり、独自の手段を講じてくる可能性も十分に考えられます。

加えて、黒ひげ海賊団やキッド海賊団といった、いわゆる「四皇」と呼ばれる存在も大きな脅威となるでしょう。これらの海賊団は、ロードポーネグリフ入手を最優先の目標に据えており、強力な戦力を背景に、他の海賊団を蹴散らして自らの手に収めようと企んでいる可能性があります。

このように、ロードポーネグリフをめぐる競争は海賊界の覇権を左右する極めて重要な争いであり、今後の展開が大いに注目されるところです。各海賊団の思惑が錯綜し、激しい攻防が繰り広げられることが予想されます。

最終的な勝者は現時点では予測し難いところですが、クロスギルド海賊団が有力な候補の1つであることは間違いありません。

しかし、赤髪海賊団や新興勢力の台頭によって、局面が大きく変わる可能性もあるでしょう。

この競争が海賊界のパワーバランスに大きな影響を及ぼすことは必至です。ロードポーネグリフの行方に注目しつつ、今後の展開に引き続き注視していく必要があります。

クロスギルドの新たな動向

ワンピースの世界では、多くのファンが注目するクロスギルドの存在が浮上しています。

特に、バギー、クロコダイル、ミホークの三者が組んでいるこの新組織については、休載期間中にも関わらず、さまざまな情報が明らかにされました。

最近では、クロスギルドのロゴが初めて公式に発表され、そのデザインが非常に魅力的であることがファンの間で話題になっています。

このロゴは、バギーズデリバリーを象徴するバギーの姿が中心に配され、その背後にはバロックワークスのマークとミホークの刀が描かれています。

これらの象徴は、それぞれのキャラクターの過去を反映し、彼らが新しい章でどのように絡み合うかのヒントを提供しています。

海賊と海兵の新たな関係性

クロスギルドの目立った活動の一つに、「海兵狩り」という新システムがあります。

これは、政府が海賊に対して行っている手配書システムを模倣したもので、海賊と海兵がお互いに狩り合う状況を生み出しています。

1080話で描かれたコビーの手配書には5億ベリーもの懸賞金が掲載されており、このシステムがいかに機能しているかが明らかになります。

海賊たちにとって、海兵を狩ることは単なる報酬の獲得以上の意味を持ち始めています。

共通の敵である海兵をターゲットにすることで、通常では考えられないような海賊間の連帯感が生まれ、それが新たな力となってクロスギルドの勢力拡大に寄与しています。

海賊と海兵との伝統的な猟犬と兎の関係が、より複雑なものへと進化しているのです。

四皇との関係と未来への展望

クロスギルドの戦略的な動きは、四皇と呼ばれる海賊たちの動向にも影響を与えています。

特にシャンクスやティーチといった大物たちは、クロスギルドの台頭に警戒を強めているようです。

クロスギルドがこれだけの勢力を持つようになった現在、彼らとの直接的な対決も避けられなくなってきています。

これからのクロスギルドは、更なる勢力拡大を目指し、四皇の存在を脅かすほどの力を持つ可能性があります!

彼らがどのようなタイミングで仕掛けるのか、その動向は多くの海賊だけでなく、世界政府にとっても重大な関心事となっています。

未来において、クロスギルドが海賊界における新たな覇者となる日も遠くないかもしれません。

ただし、現在の展開から考えてみても、今後は黒ひげとシャンクスが戦う流れになっていると考えられます。

黒ひげVSシャンクス

というのも、過去にシャンクスが黒ひげと戦うかどうか話したときに、黒ひげが今はまだ戦う時ではないと話していましたね。

そのことから考えてみても、今後は戦う可能性があるのだと考えられます。

そしてエルバフで赤髪海賊団の傘下の海賊たちが集まっていました。

その時にキッドの襲撃があったので、みんなそちらに注目していますが、実際にその時にシャンクスが自分の海賊の団員に

黒ひげは今どこにいる?

と言うことを話していました。

このことから考えていても黒ひげが何をしようとしているのかどこにいるのかというところを調査しているのだと考えられます。

おそらくシャンクスは未来を見ることができるので、黒ひげが今後何をしようとしているのか、何が出来るような人物になってしまっているのかというのを理解しているのだと考えられます。

あい
あい

それを止めるためにシャンクスは当然動いているのだと考えられますね。

つまり、このことから考えてみても、ほぼ間違いなく黒ひげとシャンクスが、今後大きな戦いをしていく可能性が高くなっています。

それでは気になるのがこの勝負の勝敗についてですね。

黒ひげとシャンクスつよいのはどっち?

黒ひげとシャンクスについてどちらがつよいのかというところですが、もちろん単体で考えればシャンクスの方が強い事は間違いないでしょう。

黒ひげも闇ヤミの実能力とグラグラの実の能力そして覇王色の覇気や武装色の覇気、見聞色の覇気など様々持っているので強いことは間違いありませんが、シャンクスのように未来を予知することができたり、悪魔の実能力を海軍大将の緑牛から弱体化させていたことを考えると、黒ひげとシャンクスはかなり相性が悪いです。

そのことから考えてみても、もし1対1で戦うことがあればシャンクスが買っていくことでしょう。

しかしこれはあくまでも黒ひげとシャンクスが1対1で戦った場合のみです!

黒ひげ海賊団VSシャンクスの形に!?

黒ひげ海賊団が力を合わせてシャンクスに攻撃してきた場合、当然どうなるか分かります!

実際に黒ひげがシャンクスと戦うかもしれないとなったときに、黒ひげが今はまだ戦うの時ではないと言うふうに発言したことから、考えてみてもシャンクスと戦っても勝てる確率と言うのは、相当低いことを理解していたのだと考えられます!

黒ひげが悪魔の実能力を2つ所持しても、なおそれだけつよいと言う能力を持っているのはシャンクス位ですね。

そして過去に頂上戦争で戦ったときに黒ひげたちが持っていなかったもので、今もっているものといえば、やはり仲間たちの悪魔の実能力についてです。

黒ひげが仲間たちと一緒にシャンクス1人を倒す!

今の悪魔の実能力については明らかに強くなっているので、そのことから考えてみても、今戦えば当然かなりいい勝負ができていく可能性は考えられますね。

それではどのように黒ひげ海賊団は、シャンクスを倒していくことができるのかというところについて解説していきます。

黒ひげ海賊団がシャンクスを攻略する方法、黒ひげ海賊団の圧倒的な総合能力と言えば、今までの登場している海賊団の中では間違いなくトップクラスとなっています。

そのことから考えてみてもわかりますが、シャンクスの弱点と言うのは仲間です。

もちろん仲間も強いことが間違いありませんがそれでもシャンクスのように未来を見ることができたり、圧倒的の実力者で言うと減ったベックマン位です。

なので他の仲間に対して黒ひげ海賊団のメンバーがそう攻撃を仕掛けます。

そうすることによってどうなるのかと言うと、シャンクスは仲間を守らざるをえなくなってしまいます。

そこで空きが生まれて瞬間、移動の能力でシャンクスだけを別の場所に移すと言うことを今後していくのではないかと考えられます!

そしてシャンクスだけを別の場所に移し、黒ひげ海賊団とシャンクス、そして黒ひげだけを特定の場所に移動して、複数人の黒ひげ、海賊団の隊長VSシャンクスと言う形を取りたいのではないかと考えられます!

実際にそうなれば未来を読めるシャンクスなので、シャンクスに対して未来を読んだとしても、交わし切れないほどの攻撃を繰り出す形で攻略していくのではないかと考えられます。

しかし、そのような状況するためには当然黒ひげ海賊団も連携が必要となってきます。

おそらくその連携のために今まで黒ひげ海賊団についてはバラバラでしたが、同じ世界を支配すると言うことの目的のために連携ができるようになっていっているのではないかと予想できます。

実際に黒ひげ海賊団は、自分たちの利益のためにしか歩む事はありません。だからこそ、皆、同じ目的がおそらくあるのだと考えられます!

そして、その目的のためには、手段を選ばないと言うような思いがあるのだと考えられます!

黒ひげはロックスに憧れている。

シャンクスは、ゴールドロジャーに憧れておりルフィーも当然、ゴールドロジャーに憧れています。

しかし、黒ひげについては、ロックスに憧れています。

明らかに考えや性格が麻薬であることがわかっています。

ルフィはロジャー!黒ひげはロックスに憧れている!

特に印象的だったのが2人が同じ店で同じタイミングでチェリーパイを食べました。その時に声を合わせて黒ひげがチェリーパイをおいしいと言ったのに対してルフィはまずいと言うふうに話しています!

このことから考えてみてもわかりますが、ただ単に性格がもう逆なだけではなく、味覚やその他の事全てが間逆になっているのだと考えられます!

そうなってくるとやはり間逆の考えと言うことから、ゴールドロジャーに対しての憧れではなく、かつてゴールドロジャーと肩を並べていたゴールドロジャーのライバルでもある。

ロックスに対して黒ひげは憧れているのではないかと考えられます。

そしてこれからロックスに憧れ,ロックスがしようとしていたことをするのではないかと考えられますね。

ロックスがやろうと思っていた事は、天竜人を奴隷にすると言う事についてです。

天竜人が世界をコントロールし、トップとして君臨しているので、それに対して革命を起こそうとしていたロックス。

それに魅力を感じ、黒ひげも同じようなことをしようとしているのではないかと考えられますね!

ルッチがルフィの仲間に!?

ルッチの決断とは何か?

「ワンピース」の世界では、多くのキャラクターがそれぞれの信念に基づき行動を選択します。

その中で、ルッチの決断は特に注目に値します。

司令室に残された重症の相棒を思い、命を乞うる彼の姿は、これまで見せたことのない一面を私たちに見せつけました。

彼が示した行動は、彼の内面に潜む深い仲間意識と、任務に対する忠誠心の間での葛藤を象徴しています。

ルッチは常に任務を最優先としてきましたが、その根底には、仲間を守りたいという強い意志が存在していたのです。

このエピソードは、ルッチのキャラクターが持つ多面性を浮き彫りにし、彼の行動一つ一つが、予測不能な物語の展開に深みを加えています。

反逆の始まり

ルッチが示した反逆的な行動は、物語における新たな展開の幕開けを意味しています。

彼が世界政府、特に五老星への忠誠を捨て、自らの信念と仲間を選んだ瞬間は、衝撃を与えました。

ルッチが司令室でマーズに懇願し、その後無視されたときの彼の決意は、今までの彼のイメージを完全に覆すものでした。

これはルッチがただの任務を遂行する機会ではなく、深い感情と仲間への愛情を持つ人間であることを強調します。

また、この行動は物語において彼のキャラクターが辿るであろう新たな道を予感させ、読者に多大な興味を引き起こさせます。

おそらく今後、ルッチについては、麦わらの一味と協力する代わりにカクのことを 助けてくれと言うふうに頼むのではないかと考えられます。

もちろんそうなった場合、ルッチやその他CP0の 人物たちについては、麦わらの一味の仲間をして協力をしてくれることでしょう。そこから傷の男の話や さらに、世界政府の内部の情報も知っていくことができるのではないかと考えられます!

リトルガーデン編

『ワンピース』のリトルガーデン編は、まさに冒険心をくすぐるエピソードであり、読者を惹きつける魅力がたっぷり詰まっています。

この編から、作者の尾田栄一郎先生が巨人族や太陽の神ニカといった重要な要素について長期間にわたり緻密に計画していたことが見て取れます。

本編では、冒険の旅を続ける麦わらの一味が、巨人族の住む島、リトルガーデンに足を踏み入れることから物語が展開します。

この島での出来事は、単なる一時的な冒険ではなく、作品全体の伏線やテーマを深く掘り下げるための導入部として機能しています。

巨人族のブロギーとドリーの登場、彼らの誇り高き戦士としての生き様、そして神話的な存在としてのニカへの言及は、読者に多くの謎と予想外の展開を予感させます。

太陽の神ニカとの深いつながり

リトルガーデン編を深掘りすると、太陽の神ニカに関する興味深い伏線が見えてきます。

特に、ブロギーが戦いの最中に「ニカ」という言葉を発するシーンは、当時の読者には謎に包まれたままでした。

しかし、今になってみると、これが太陽の神ニカへの直接的な言及であり、作品全体における重要な繋がりを示唆するものであったことが明らかになります。

エルバフの神として語られる太陽の神ニカの概念は、単に一族の信仰の対象に留まらず、自由や希望、そして笑顔を象徴するキーパーソンとして作品に深い影響を与えています。

この神話的な存在は、物語の中でDの一族や主人公ルフィとも深く関わっていくことになり、その結びつきが徐々に明らかにされる過程は、ファンにとって大きな魅力の一つとなっています。

ワンピース世界の多層的な構造

リトルガーデン編を通じて、『ワンピース』の世界がいかに多層的で、緻密に構築されているかがうかがえます。巨人族や太陽の神ニカだけでなく、島々の個性や時代背景、そして各キャラクターの信念や目標が絡み合うことで、壮大な物語が紡がれています。

リトルガーデンのような seemingly minor episodesは、実は物語全体の理解を深め、キャラクターたちの行動や選択に大きな意味を持たせています。

また、エッグヘッド編との関連や、エルバフの神話と現代科学の融合など、過去と未来、伝説と科学技術が交錯するワンピースの世界観は、読者に無限の想像力を刺激します。

このようにして、尾田栄一郎先生は、リトルガーデン編をはじめとする各エピソードを通じて、『ワンピース』という作品がただの冒険物語ではなく、深いメッセージと謎、そして絆を描いた壮大な物語であることを証明しています。

結論として、リトルガーデン編における伏線やテーマは、『ワンピース』がただの海賊物語を超え、読者一人ひとりの心に響く深い物語であることを示しています。

巨人族と太陽の神ニカの関係の発掘は、物語をより豊かで多層的なものにしており、これからも多くのファンがその深遠なる謎に魅了され続けることでしょう。

謎多きエッグヘッド事件の全貌

「ワンピース」の世界では、エッグヘッド事件が長きにわたりファンの間で論議を呼んでいます。この事件は、1111話にて大きな進展が見られました。

具体的には、ルッチの危うい生存や、核に関する衝撃の事実が明らかになり、五老星の思わぬ変化に多くの読者が息をのみました。

五老星とは、世界政府の最高権力を持つ者たちを指します。彼らの存在は、物語全体にわたって謎に包まれ、読者を惹きつけてやみません。

エルバフという名前が出てくる点も注目すべきです。

エルバフは巨人族の故郷であり、世界政府と敵対する非加盟国として位置づけられています。

五老星が巨人族に対して言及する場面では、彼らの間に古くからの因縁があることがほのめかされています。これらの事実から、エッグヘッド事件が単なる小競り合いではなく、深い歴史的背景を持つ可能性が浮かび上がってきます。

五老星と巨人族の因縁

五老星が巨人族、特にエルバフに対して持つ敵意は、彼らの発言から明らかです。

巨人族が太陽の神を信仰し、空白の100年にも世界政府と敵対していたことが語られます。

この背景には、世界政府が巨人族に対して抱く深い不信感や、長年にわたる対立の歴史が存在します。

さらに、五老星が使用する「長い戦い」という表現は、彼らが感じている終わりのない戦いの重圧を示唆しています。

これは、800年にわたる世界政府の支配にも関わらず、依然として終わらない戦いが存在することを物語っています。

巨大な戦いの予感

本話の核心に迫ると、五老星の変化や巨人族との因縁だけでなく、これから訪れるであろう「巨大な戦い」への予感が感じられます。

白ひげがかつて言及した「世界中を巻き込む戦い」は、物理的な巨大さだけでなく、その影響の大きさをも示しています。

五老星の巨大化と巨人族の登場は、この予言が現実のものとなる兆しとも取れます。

この戦いは、ただの力の衝突ではなく、歴史的な背景、信仰、そして個々の運命が交錯する複雑なものになることでしょう。

エルバフの森の猛獣のように比喩される五老星たちの存在は、これからの展開において重要な鍵を握っています。

巨人族との古い因縁、そして世界政府との長い戦いは、まだ終わっていないことを示しています。

読者は、これから起こるであろう出来事に目を離すことができません。

結論として、「ワンピース」1111話は、エッグヘッド事件を通じて、五老星と巨人族の間の深い因縁、そして世界政府の根深い問題を浮かび上がらせました。この謎多き物語の次なる展開は、ファンならずとも注目する価値があります。巨大な戦いの予兆は、物語の新たな節を迎える合図となるかもしれません。

そして気になるのが最後に、この島で仲間になる人物は誰なのかというところについてですね。

ジュエリーボニーが仲間に!

最後に仲間になる人物についてですが、やはりジュエリーボニーが最も可能性としては高いでしょう。

実際にジュエリーボニーについては、バーソロミューくまの物語がかなり多く描かれ、そこからバーソロミューくまとジュエリーボニーの話がかなり多かったので、そのことから考えてみても、おそらくジュエリーボニーがかわいそうだから仲間にしたいと言う流れになっていくのだと考えられます。

今までのワンピースの流れでも 最初は良好な関係ではなかったが、仲間になる人物はもともと苦しい過去を持っていると言うことが多かったです。

実際にすべての仲間がそのような形になっているので、そのことから考えてみてもジュエリーボニーが仲間になる可能性が高いですね。

またジュエリーボニー自身、1人ではもう生きていけないような 狙われ方をしてしまっています。

世界政府から次に狙われる存在かと言うことを考えてみても、やはりルフィの近くにいなければいけないと言うことも考えて、おそらく今後仲間になっていることでしょう。

そしてもう1人話題になっているのがこの人物ですね。

ビビが仲間として合流!?

ビビが仲間になるのではビビが仲間になるのではないかとも言われています。

確かにかつて仲間と言うことを話しており、合流する可能性は考えられますが、あまりにも戦力がなさすぎることから考えると難しいと予想します。

この後黒ひげなどと戦うことになれば、唯一1人だけ足手まといになり確実に負けてしまう人物なので、そのことから考えてみても仲間になる事は難しいでしょう。

今のところ、黒ひげ海賊団については、このまま青キジが所属していることになれば、ルフィ以外の人物としては10人います!

なので、麦わらの一味としては1人足りない状態になっています!

そのことから考えてみてもわかりますが、やはり黒ひげ海賊団の感度上げていると、戦って勝てるような人物が最終決戦となっていくでしょう!

ビビはそんな能力は今まで持っていることを明らかにしたことがないので、やはりここから合流して仲間になると言うのは現実的ではありません!

その半面でジュエリーボニーであれば、太陽の神ニカの力をモデリングして戦うことができるので、十分に黒ひげ海賊団の幹部クラスともやり合いある人物となっています!

そして何よりも、今までここまで描いた人物に対して、バックグラウンドを公開したにもかかわらず、仲間にならなかったパターンはないので、やはり仲間になっていくのではないかと予想します!

ジュエリーボニーが革命軍に入る!

そしてもしジュエリーボニーが麦わらの一味の仲間にならなかったとしても、おそらく今後ジュエリーボニーは重要な役割を担っているので、まず間違いなく革命軍に入ると考えられます。

つまり麦わらの一味に入らなかったら革命期に入ると言う事ですね。

何故かと言うと、もしこのまま革命軍や麦わらの一味に入らなかった場合、世界政府から追われる立場となります。

世界政府が加盟している国190カ国から12歳の少女が追われると言うことから、考えてみても、まず間違いなく逃げきることはできないでしょう。

なのでそのことから考えてみても革命軍に入るか、もしくは麦わらの一味に入らないと生きていくことができませんね。

故郷に帰ったところですぐに世界政府の人々たちに故郷ごと破壊されてしまいます。

もちろん他にも世界政府の非加盟国であるエルバフに所属したり、島に住む可能性も考えられます。

しかし、縁もゆかりもないエルバフに住むよりも明らかに麦わらの一味か、もしくは自分の父親がお世話になっていた革命軍に入るのが当然のことでしょう。これからどのようにジュエリーボニーが活躍していくのが楽しみですね。

ゾロの覚醒

そしてゾロについてですが、ルッチを倒してもまだまだ力が残っているようにも感じます。

おそらくここから五老星たちと戦っていくのではないかと考えられます。

実際に五老星については、戦う可能性のある人物と言うのはやはり‎イーザンバロン・V・ナス寿郎聖 ですね。

実際に‎イーザンバロン・V・ナス寿郎聖 についても刀被っている事柄、刀同士の戦いになっていくのが可能性としてはやはり高いといえます。

そして五老星は基本的にすぐに回復したり再生したりしますが、おそらくゾロの攻撃はダメージが蓄積して回復できないようなものになっているのではないかと予想します。

ゾロの攻撃は回復できない

なぜゾロの攻撃は回復できないのかと言う所についてですがおそらくキングの発言から考えてみても、ゾロは戦うことに適していると考えられます。

 

どういった意味があるのかと言う事についてですが、実際にキングがゾロに対して

神でも殺すつもりか?

と言うふうに発言していましたね。

 

ゾロは無意識のまま能力を発揮していましたが、おそらくこの上と言うのは、やはり天竜人や五老星を意味しているのだと考えられます。

実際にワンピースの世界で、神様と言うのは、天竜人や五老星たちを意味する事は間違いありませんね。

なのでゾロの攻撃についてはしっかりとダメージを与えられるのだと考えられます。

そして、ゾロが五老星を殺す可能性も十分に考えられます。

そして、最終的にゾロが、6人を殺したことによって、加盟国の190カ国から麦わらの一味は狙われるような存在になっていくのではないかと考えられます!

実際にそうなってくれば当然ルフィたちも世界征服を戦はわざるえなくなるでしょう。

それだけでなく、革命軍がちょうど世界政府たちに宣戦布告しているので、革命軍と麦わらの一味連合が協力して世界政府と今後は戦っていくことになるのだと考えられます。

これからどのような戦いが始まり、どこまで大きくなっていくのかが本当に楽しみですね。

そしておそらくゾロだけではなく、ルフィもしっかりと五老星たちを倒すことができたり、ダメージを食らわせることができるような力を手に入れていくと考えられます。実際にルフィと五老星たちはこれからも戦う立場にあります。

そのことから考えてみても、なぜダメージが食らわなかったのか?そしてなぜゾロの攻撃を食らったのか?等について研究していき、また攻略していくのではないかと考えられます。

イム様の真実と黄猿の衝撃的な裏切り

ワンピースの世界では、常に何か新しい謎や驚きが待ち受けていますが、今回の話題は特に興味深いものです。

イム様の正体についての様々な推測がされている中、予想もしなかった人物、シャンクスとのつながりが浮上しました。

これは読者にとって大きな驚きとなり、物語の新たな展開への期待が高まっています。

さらに、黄猿の行動も注目されています。彼の裏切りが明らかになり、その動機や背後にある真実が何かという点が、今後の展開を大きく左右することでしょう。

五老星の命運とエッグヘッド島の戦い

五老星という存在は、ワンピースの中でも特に神秘的で力強いキャラクター群です。しかし、彼らが全滅するという情報が流れた時、それがどのような影響を物語に与えるのか、ファンなら誰もが気になるところです。

エッグヘッド島での戦いは、この全滅事件と密接に関連しているようで、イム様の力がどのように発揮されるのかが鍵を握っています。

島がどのように形作られ、どのような戦略が展開されるのか、これからのエピソードで明らかになることでしょう。

新たな力として現れる巨人族との関連性

巨人族の動きも今回の話題からは外せません。彼らがどのようにしてこの戦いに関与しているのか、また、彼らが新たな力としてどのように扱われるのかが興味深いです。

特に、彼らがイム様や五老星とどのように対峙するのか、その結果がどのような新たなバランスを生み出すのか、読者としては目が離せません。

実際に五老星は巨人族の孤島とルフィの太陽の神の状態になった。2人を見たとき

因縁、深き者たち

と言うふうに話していました。

このことから考えてみてもわかりますが、おそらくこれは五老星たちと巨人族、太陽の神ニカが因縁部会関係にあるのだと考えられます!

そして結果的には、今世界で最も偉い人物になっているのが五老星なので五老星が勝利して世界を支配したと言う形になっているのではないかと予想することができますね!

この巨人族との新たな関係が、物語に新しい風を吹き込むことは間違いないでしょう。

以上のように、ワンピースの最新話における考察は、多くの謎と予想外の展開が交錯する壮大なものとなっています。

イム様の正体がシャンクスであるという驚きや、黄猿の裏切り、五老星の全滅など、これまでの話とは異なる新しい要素が多く含まれており、ファンならずともその続きが気になるところです。

これからも、この壮大な海賊たちの冒険がどのように展開していくのか、目が離せません。

シャンクスの謎に包まれた出生とフィガーランド家の影

シャンクスがワンピースの世界で如何に特別な存在であるかは、彼の出生と背景からも明らかです。

シャンクスはただの海賊ではなく、その血筋には天竜人であるフィガーランド家の可能性が指摘されています。

これは彼が持つ異常な力や政府内での影響力、そして彼の行動の背後にある謎を解き明かす手がかりとなるでしょう。

さらに、ロジャー海賊団に拾われた経緯やゴッドバレー事件での彼の存在が示されていることも、彼の重要性を強調しています。

フィガーランド家はどのような役割を果たしており、シャンクスの行動が彼らの目的にどう結びついているのかが重要な鍵を握ると考えられます。

フィガーランド家は神を捌ける唯一無二の存在!

フィガーランド家は神を捌ける唯一無二の存在 なのだと考えられます。実際に天竜人であれば何でも良いと言うわけではありません。

おそらく天竜人でも裏切り者や天竜人の地位や名誉を危うくしたものに対してはしっかりと制裁を加えると言う人物が必要です。

それがおそらくフィガーランド家なのだと考えられます。

いわば世界政府の中でも最も権力があり、実行力のある人物だと言う事ですね。だからこそ、五老星たちもシャンクスの話す事については、耳を貸すのだと考えられます。

シャンクスが知る”ワンピース”とロジャーの遺言

シャンクスがロジャーから直接聞いたとされる「ワンピース」の秘密とは何か、その言葉がシャンクスの行動をどのように形作っているのかが注目されます。

ロジャーが彼に託した思いは、シャンクスがどのような行動を取るかに大きな影響を与えていると見られています。

また、シャンクスはルフィに対して特別な感情を抱いており、彼の成長を見守る理由もロジャーの言葉に由来している可能性があります。

この部分は、彼がなぜ現在に至るまでワンピースを追求しつつも独自の道を歩んでいるのかを理解するための重要な要素です。

実際にシャンクスワンピースを手に入れることを諦めていません。

ベンベックマンに対してもワンピースを奪いに行くことを宣言していましたね。そのことから考えてみてもわかりますが、まず間違いなく、これからはシャンクスも大きな動きをしていくのではないかと予想できます。

神と対極を成す存在としてのシャンクス

最後に、シャンクスが「ニカ」とどのように関わりを持ち、また神の対極としてどのような存在であるのかに焦点を当てます。

シャンクスの行動や選択が、単なる海賊のそれとは異なり、より大きな世界の均衡を保つため、または破壊するために計算されているのかもしれません。

特に彼が示す覇気の使い方や、全世界に与える影響が彼がただの四皇ではなく、より神話的な役割を担っていることを示唆しています。

シャンクスとニカ、そして彼が目指す「正義」の形がこれからの物語でどのように描かれるかが、ファンにとって大きな関心事となっています。

そして、シャンクスに関しては、実際にただ単に実力があると言うだけではなく、未来を見通す力があります!

これはあまりにも強すぎる能力ですね。今までワンピースの世界では、確かに未来を少し見れる人物もいました。

フリー画像

しかし、シャンクスの場合はおそらく未来の見える範囲というのが、極端に長く多くの未来を見ることができるのだと予想することができますね。

実際に黒ひげとエースが戦いそうになる時も止めてほしいと言うことでかなり先の話をしていました。

そのことから考えてみても分かる通り、本当に遠い未来まで未来を見ることができるのだということが確定しました。

シャンクスがどれだけ特別な存在なのかがこれでも理解することができますね。

おそらくあれだけ強い五老星たちが手に生えないと言っていることから、考えてみても、その実力と言うのはまだまだ明かされておらず、最強の力を持っているのだと考えられます!

以上の点から、シャンクスのキャラクターは単なる海賊以上の深い背景と多層的な目的を持っていることが窺えます。

彼の真の目的や、フィガーランド家との関係、さらにはロジャーの遺言といった要素が絡み合い、シャンクスの全貌が徐々に明らかになっていく過程は、ワンピースの物語をより豊かで複雑なものにしています。

ワンピースにおけるルフィとビビの関係性

ルフィとビビの関係性は非常に深いものがあります。

ビビはプリンセスたちの要素を色濃く受け継いでおり、彼女には白雪姫やシンデレラ、リトルマーメイド、ジャスミンまでの特徴が詰め込まれています。

これらの物語のプリンセスたちは、多くの困難を乗り越え、最終的には幸せな結末を迎えることが多いです。ビビもまた、多くの試練を経てルフィと結ばれることで、彼女自身の物語に幸福な結末を迎えることになるのかもしれません。

バッカニア族と悪魔の実の秘密

バッカニア族についての議論は、彼らが過去に大罪を犯したとされる点に集中します。この大罪とは、悪魔の実を生み出したことに他なりません。

バッカニア族の体の強さが特性とされていましたが、実際のところは彼らの思いの強さが真の特性であると解説されています。

科学者ベガパンクによると、この思いの強さが彼らの真の力であり、それが悪魔の実の誕生に深く関与しているとのことです。

この点については、今後の展開でさらに詳しい説明が加えられる可能性が高いです。

そしてワンピースの中では、おそらく重要となってくるのが魂の強さです。

実際に魂の強さによって、覇王色の覇気などがありますね。覇王色の覇気などは、その思いの強さや意思の強さというのが関わっています!

そしてそれが強ければ強いほど現実にできたりすると言うことです。特に 現実にできるのが、このバッカニア族と言う種族なのだと考えられます!

そしてベガパンクがかつてバッカニア族のバーソロミューくまに初めて会ったときかなり衝撃的なリアクションをしていましたね。

それだけおそらくバッカニア族が 重要な役割を担っているのだと考えられます。

そして実際にベガパンクが最も詳しいのは 悪魔の実の能力についてなので、その能力を下下を作り出した人物ということで衝撃を受けていたとか言う可能性が高いと予想できます!

世界政府と悪魔の実の結びつき

最後に、世界政府と悪魔の実との関連に焦点を当てたいと思います。

世界政府は、悪魔の実がこの世に存在する理由や、それがどのようにして生み出されたかについて、長い間秘密を保ってきました。

しかし、バッカニア族やルナーリア族といった、過去に迫害された種族の歴史が明らかになるにつれ、その秘密も徐々に解明されつつあります。

特に、陽樹イヴという植物が悪魔の実を生み出したとされる木であり、この木がマリージョアにあるという事実は、世界政府がどれほどの力を持っているかを示すものです。

この動画の解析からは、ルフィとビビの関係、バッカニア族の真実、そして世界政府の悪魔の実に対する関与がクローズアップされています。これらの要素がどのように絡み合い、物語がどのように展開していくのか、ファンならずとも注目せずにはいられないでしょう。

それでは続いて、実際に最新話のワンピースを見た人たちの感想を見ていきましょう。

実際の読書の感想がこちらとなっています。

ワンピース1112話感想評判まとめ

『少しピンチを作らなきゃいけないから』

エッグヘッド編では、クマさんとボニーのちょっと切ない過去や、どっしり構える五老星のサプライズ登場、さらにはベガパンクの衝撃的な暴露話と、話題がジェットコースターみたいに盛りだくさんだったよね。ルッチのあんまりピンとこない戦い、実はただ時間を稼ぐためだけに引っ張ってたって感じがしない?忘れちゃったのかもね。ルフィが突然老けちゃったのも、まあ、ストーリーを盛り上げるためだよね。ベガパンクを倒すためには、少しピンチを作らなきゃいけない。そうすると、秘密もバッチリ暴けなくなるわけ。

『ゾロの覇王色の覇気』

そしてね、ゾロの覇王色の覇気、あれってどうやったら出るのかな?絶対負けん気がキーになってると思うんだ・・・彼が目指してるのは、まさに剣豪の頂点。ルフィの覇王色の覇気とは、なんだかニオイが違う気がするんだよね。見聞色の覇気には色んなタイプがあるみたいに、覇王色にだってバリエーションがあってもいいよね。それが、みんなのキャラをより深く、面白くしてくれるんじゃない?

『急速回復できる奴しか相手にならん』

最後に、ゾロの最大のパワーアップ、ちょっとやり過ぎちゃった感じがしてる。フィジカルが最強クラスのカイドウとの戦いでは、もう暴れまわりすぎだよね。これからの敵は、急速回復できる奴しか相手にならん。戦い方も、ぐっと戦略的になっていくと面白いよね。

こちらを見ていただいてもわかる通り、多くの謎が解決できていたり明らかになっていることから、本当に面白さがどんどん増しています!

特に今回ルッチのことをゾロが倒したことにより、ゾロの強さというのがかなり際立ちましたね。

ゾロは五老星を倒すことができる!

すでに実力で言えば百獣海賊団の右腕であるキングを倒しているので、当然それだけ強くて当たり前ですね。

おそらくゾロと相手ができる人物というのは既にかなり少なくなっていると考えられます。例えば海軍大将やそれこそ五老星についてです。

実際に五老星を倒すことが、泥には可能になっているのだと考えられます!実際にキングと戦っていた時も、覇王色の覇気を閻魔を使うときに出していましたが、キングがそれを見て

神でも殺すつもりか

と話していましたね。

これがどういうことなのかと言うと、おそらくルフィーやー巨人たちがどれだけ攻撃しても五老星たちにダメージがないのは、覇王色の覇気でしか攻撃が食らわないからだと考えられます!

実際にこの世界で神と言うのは天竜人であり、天竜人の中でも最も権力がある人物については、間違いなく五老星ですね。

つまり、キングが話していたのは、覇王色の覇気を出して、五老星たちでも倒すつもりなのかと言うことを伝えていたのではないかと考えられます。

そして実際にゾロは倒すことやダメージを与えることができるのだと予想できます。

しかし、実際にダメージを与えることができる人物についてですが、それはゾロだけではありません。おそらくゾロ以外についてもしっかりとダメージを与えられると考えられます!

実際にルフィもその1人です。

というのも、現段階ではまだ覇王色の覇気の力を使いこなせていないので、残念ながらダメージを食らわせられていませんが、これがしっかりとコントロールできるようになれば、おそらくしっかりとダメージを与えて10分に倒すこともできると予想します。

実際に五老星たちも無敵と言うわけではありません!

必ず弱点があると考えられます。

これからどのようにその弱点が明らかになっていくのか楽しみですね。

呪術廻戦ももちろん面白いですが、どちらかと言うと呪術廻戦は最終局面で宿儺との戦いばかり描かれていて、少しだけ物足りなさや新鮮さを感じない部分があるので、そういった部分が完全に解決されているワンピースの新しさや、今までの謎が解き明かされ点と点がつながる感じが本当に面白いですね!

これからの展開についてもまた注目して見ていきましょう。

>>>ワンピース覇王色の咆哮とは?効果や能力・誰が使える【五老星全員とシャンクス】

 
 
ONE PIECE
ANSER
error: Content is protected !!