警視庁アウトサイダー【原作ネタバレ結末】黒幕は小山内《5つの理由》

警視庁アウトサイダー【原作ネタバレ結末】黒幕は小山内《5つの理由》 ドラマ
このサイトで1分でわかること
・警視庁アウトサイダーあらすじ
・警視庁アウトサイダーのキャストや役柄
・【原作ネタバレ結末】黒幕は小山内《5つの理由》

警視庁アウトサイダーあらすじ

2023年1月5日から放送されている警視庁アウトサイダー!

 

その中で話題になっているのが

 

  1. 今回の作品のあらすじ
  2. 原作ネタバレ
  3. 黒幕

 

などについてですね。

そこで今回は詳しくこの三つの事について解説していきます。

西島秀俊や濱田岳など豪華なメンバーが連なっていることから注目されている作品ですが詳しくあらすじについて紹介していくと以下の通りとなっています。

1話あらすじ

桜町中央署刑事課のエース”架川英児”は不審な男が職務質問を振り切って逃走していたということを聞き現場に駆けつける人質を取って立てこもった男を冷静に落ち着かせて投降させてまで一息。

蓮見光輔:あなたも守るべき市民の一人です。
蓮見光輔:だからこれ以上事は大きくしたくない。

実際に”蓮見光輔”の言葉に犯人を心が揺らぎあと一息というところで突然スーツにサングラスという明らかに家からのようなファッションの男が乱入してくることに!

実際に冒頭の第一話5分ぐらいが公式で発表されているので詳しく見たい人はこちらをご覧ください。

鮮やかに不審者を取り押さえることに瞬時に歯を納めたこの男こそ刑事課に異動してきた”架川英児”

警視庁の犯罪組織部のエキスパートだった。

その矢先、大学教授の家でハウスキーパーをしていた人が殺害される事件が発生

”架川英児”と”蓮見光輔”がコンビを組み捜査を始めることに!

そして、そんな中、捜査を続けるうちに大学教授の家の住人にはひとりひとりそれぞれ裏の顔があった。

そして教授の息子は事件直後から何故か姿を消している事実も発覚することに

そんな中、二人は追い詰めていくもののあまりにも蓮見光輔”が冷静で完璧すぎたことから怪しく思う蓮見光輔”

そして”架川英児”は蓮見光輔”が笑顔の奥に冷たい闇を宿していることを見逃さなかった。

さらにどんな過去があったのかを暴く”架川英児”

二人は一緒な利害関係者となり”架川英児”は蓮見光輔”に対して組織犯罪対策部に戻すように手柄を渡すように話す。

そして”架川英児”は蓮見光輔”のウラの顔を離さないということで利害関係が一致し二人は活動していくことになります。

第二話あらすじ

桜町中央署刑事課の菊川英治、蓮見浩介、水木直央は、河川敷で若い女性の死体が発見されたと聞いて現場に向かった。

派手な格好をしたその死体を見て、直央は「どうやら『パリピ』のようだ……」と自然につぶやいた。

直央の推測通り被害者は松原ミチルという女性で、会社員の傍らキャバクラでアルバイトをしていた。

死亡当時、彼女は祖父が玩具の大企業を立ち上げた実業家でYouTuberの新美の誕生日祝いに出席していた。

豪華なタワーマンションの最上階で行われたその祝賀会には、ミチルさんがキャバクラ仲間のマイさん、アキさん、リエさんを連れてきていた。

有名になりたいという願望があるミチルは、新美の妻の座を狙いを定めていたようである。

やがて、その集まりでミチルたちがある時間、行方不明になったことが知らされた。

キャバクラを訪れた架川と光輔は、麻衣たち3人がみちるの死を嘆くふりをしているのを見て、もしかしたら彼女たちが犯人かもしれないと予想する。

それでは詳しく一人一人のキャラクターについてを解説していきます。

ネタバレの前に一人一人のキャラクターについて知っておくことによってより楽しむことができるでしょう。

警視庁アウトサイダーのキャストや役柄

架川 英児(かがわ えいじ)西島 秀俊

桜町中央署刑事課警部補の”架川英児”

警視庁組織犯罪対策部とかなりエリートの部隊に所属していたが刑事課に左遷されてしまった。

それはある事件のあるトラブルに巻き込まれたからであったサングラスにダブルのスーツを着こなし見た目は極道そのもの。

ただし見た目がこんなにもクールでかっこいいにもかかわらず実は血が苦手で意外な一面も持っている正義感が強すぎるゆえに組織としてはなかなか扱いづらく組織のルールも時には破り、グレーの手段も取ることを厭わない。

ただもともと犯罪組織対策部にいたこともあり事件解決のきっかけを次々と明かすことができる。

反社会的勢力を許す気はないがそこからはみ出した人間には更生の道を示すと言った人には優しい面もあり世話焼きな一面もあることから一部の人からは慕われる存在。

本部への復帰を強く望みそのために”架川英児”と手を組むことに。

蓮見 光輔(はすみ こうすけ) 濱田岳

桜町中央署刑事課のエース捜査力も、もちろんのこと人当たりも優しくいつも笑顔で冷静でまさに非の打ち所のない刑事として上司からも慕われる。

しかし実は彼が経営時になった背景には誰にも言えない秘密があった誰にも言えない秘密とは実はもともと父親が警察官を殺害したのではないかと疑われている事実だった

本来の人格を隠すために常に穏やかで笑みを浮かべているが実際は違った。

そんな中”蓮見光輔”の本性が”架川英児”にばれてしまう彼の上層部の点数稼ぎに協力するという交換条件をのみ二人でタッグを組むことに

とにかく推理力も高く刑事としての基礎に忠実で土壇場でのひらめきもできることから”蓮見光輔”のことを”架川英児”も一目おいている司令塔的な存在。

水木 直央(みずき なお)上白石 萌歌

桜町中央署刑事課に配属された新人刑事幼少期に両親が離婚し母と二人暮らしになっている有働 弘樹

実の父親は警視庁副総監だが有働 弘樹に独立し独り立ちして欲しいということから父親の意向でその事実は周囲には黙っている警察官になったのは安定した公務員になりたかっただけ

事務職希望の向上心のない人物。

そのため刑事課の仕事は乗り気ではなく能力以上の仕事をやらせるってパワハラだと思うとズバズバ遠慮なくものを言う裏表もなく感情が漏れてしまうが正直で素直な部分もあり徐々に停止としての使命に芽生え自分なりに事件を解決するように頑張って行くことに

有働 弘樹(うどう ひろき) ”有働 弘樹” 愛之助

警視庁副総監の”有働 弘樹”

”有働 弘樹”が有働 弘樹の父親でもある長野警察時代に同じ警察官だった人と結婚し有働 弘樹を授かれ若き日に棟梁を暴力団に殺された経験を持っていることから、

それ以来組織犯罪撲滅という思想に取り憑かれるようになっていた。

着々とキャリアを積み上げゆくゆくは警視総監になると言われるまでになったが志を持つ”架川英児”のことをかげなりにひたむきに支援している以上のような登場人物は会っていません。

物語の展開的に考えると最後にご紹介した”有働 弘樹”が明らかに怪しいようにも見えますね。

もともと実は困るもので徐々に徐々にキャリアを積み上げて行けたのは嫌味組織と繋がっているからという可能性も十分に考えられます。

実際にかなり登場人物の中では位の高い人物にもらっているのでそのことから考えてみても怪しいのは間違いありませんね。

しかしそれ以上に明らかに怪しい人物が存在します。

その怪しい人物について詳しく解説していきます。

まず怪しい人物というのは”小山内 雄一”についてです。

”小山内 雄一”、明らかに怪しい存在になっているので詳しく解説していきます。

 

警視庁アウトサイダー【原作ネタバレ結末】黒幕は小山内《5つの理由》

与党所属の国会議員である”小山内 雄一”反社会的勢力の撲滅をスローガンに掲げる若手のホープとして注目されている。

またそのビジュアルからも人を惹きつけるカリスマ性の持ち主として講演会を開けば女性ファンたちが満員になるほど人気な人物となっています。

2代続く国会議員の家に生まれ東京大学の法学部を卒業して警察庁に入ることに父親の勧めもあり地元長野警察の組織対策犯罪課で経験を積んだ後に政界に進出しました。

実はこの人物がかなり効いて今になっていて悪者だと考えられます。

それではその詳しい理由について解説していきます。

反社会勢力の撲滅をスローガンに掲げる若手のホープ

反社会的勢力を撲滅するということをスローガンにしていることから考えてみても反社会的勢力のことはよく知っているのは間違いありません。

そして反社会的勢力と一緒に組めばかなり儲かるという話もおそらく知っているのでそこからどんどん闇堕ちしていったのだと考えられますね。

このことから考えてみてもストーリー的には十分です。

最も出世している

そしてなんといっても警察から国会議員になっているということを考えてみても明らかに手術は一番若くしてしていません。

もちろん国会議員の家に生まれたということや東京大学卒業ということもあり経歴的に考えても凄い人物であることは間違いありませんが、

それでもこのように最も出席していることから考えても怪しいと思うのは当然ですね。

配役が豪華

そして明らかに配役としても斎藤工ということから怪しいことは間違いありません。

また実際にここまでの俳優さんは使っているということはやはりかなり重要な役割であることは間違いありませんね。

むしろ今回の物語の中で犯人役として納得できたり犯人役として演技が上手くできる人物といえば”有働 弘樹”か斎藤工ぐらいです。

そのことから考えてみても十分に配役が答えを言っているようにも思えますね。

人を惹きつけるカリスマ

そして人を惹きつけるカリスマでありたい人気なことから考えてみてもやはり怪しく感じてしまいます。

と言うのも人を惹きつけてカリスマ性があるからこそ悪いことをしている可能性が考えられますね。

誰しも二面性があり魅力的な一面がある反面でどこか悪いことをしているようなこともありません。

特に国会議員ということから考えてみてもいろんな悪いことをしていても仕方がありませんね。

そのことから考えてみてもかなり怪しい人物であることは間違いありません。

英児が桜町中央署に左遷されるきっかけ

さらに実は”架川英児”が桜町中央署に左遷されるきっかけともなったのが”小山内 雄一”であることが分かっています。

このことから考えてみても明らかに怪しいのは間違いありませんね。

実際に”架川英児”としてもこの人物をかなり恨んでいることでしょう。

そのことから考えてみてもこの人物が黒幕である可能性は高いです。

万が一黒幕ではなかったとしても黒幕に操られている操り人形などの可能性が高いです。

以上のように犯人の可能性については圧倒的に”小山内 雄一”が可能性としては高いと考えられます。

また実際の事件は以下の通りとなっています。

 

  1. 管内で松原みちるの他殺。幼稚園ママ友グループの確執
  2. 最上家の家政婦・永峰弓枝の撲殺事件
  3. 元本庁生安部参事官・首藤俊範警視正の自死。

 

それでは原作を観た人の感想やネタバレについてを見ていきましょう。

実際のネタバレ内容や読者の反応がこちらとなっています。

魅惑的だった。大満足!

本部から刑事のポストに移った菊川と、身分を偽って警視庁に潜入した蓮見。彼らの目的は、警視庁のマルボウ刑事の悪行を正すこと。

 

不純物が上層部にまで蔓延しているようなのだ。

 

最後の最後に援助が届くが、十分ではない。元マルボウの刑事、桔梗川刑事の人柄は賞賛に値する。

 

警視が彼らの活動を認めていることに驚かされる。これからの展開に期待する。魅惑的だった。大満足!

 絶対面白い

警務課の若井美奈巡査部長も捜査に加わる。

マル激から派遣された失脚した刑事と、彼を演じる刑事の魅力的な二人組は、多くの疑問点を残し、真相を知りたいと切望させるものであった。

 

このシリーズの主役は、警視庁桜町中央署刑事課の蓮見浩介巡査部長(27歳)と菊川英治警部補(52歳)

 

10年前に長野県で起きた殺人事件や、菊川が本人の意思に反して懲罰課に異動になったことなど、蓮見の家族をめぐる不可解な状況から、捜査が動き出すことになる。

 

警視総監の命により、警務課の若井美奈巡査部長も捜査に加わる。

 

それぞれ問題を抱えた3人は、

 

(1)地元での松原ミチル殺害事件

(2)最上家の家政婦・長峰由美江暗殺事件

(3)安全課の元婦警(現在は金庫会社勤務)

 

・須藤俊憲の自殺という複雑な3部作を明らかにしようと奮闘する。

 多くの方に見てもらいたい

こちらを見ていただいても分かる通りかなり魅力的に感じている人が多いようですね。

実際に今回の作品はかなり愛されている作品にもなっているのでこれからどのように作品を展開していくのか楽しみです。

また新しい情報がわかり次第記事を更新していきます。

 

>>>警視庁アウトサイダー架川英児が左遷された事件【小山内が黒幕】3つの理由

 

>>>近所に斎藤工と西島秀俊が!?警視庁アウトサイダー【ロケ地&撮影場所まとめ】警察署や商店街はどこ《エキストラや目撃情報も!》

ドラマ
ANSER
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました