本ページはプロモーションが含まれています。

呪術廻戦263話ネタバレ【確定速報】乙骨とリカとの融合

呪術廻戦263話ネタバレ【確定速報raw】乙骨とリカとの融合! 漫画

ついに呪術廻戦も最終局面になり、五条悟の体で乙骨が復活すると言う衝撃の展開にだっています!

そして今後この戦いに宿儺と虎杖悠二と東堂がどう関わっていくのか宿儺に勝利することはできるのが楽しみですね。

それでは、この記事では

呪術廻戦
・最新話の263話確定速報ネタバレ
・263話の考察
・感想
・休載情報&発売日はいつか

について詳しく解説していきます!

 

>>>呪術廻戦261話rawネタバレ最新話【確定速報】五条悟は復活しない

>>>呪術廻戦262ネタバレ【確定】六眼の制限時間は5分

呪術廻戦【263話ネタバレ】最新話確定振り返り!

最新話の263話「人外魔境新宿決戦35」の内容は262話の続きの内容になっているので、前回の振り返りからお話ししていきますね!

簡単な前回の振り返りは以下の通りとなっています。

・乙骨が五条悟の体に移る
・宿儺と乙骨五条が領域展開
・乙骨は五条悟と入れ替わり修行をして上達
・お互いに領域展開をして3分以内に相手を倒すことが目的
・乙骨が敗北して乙骨のことを抱き抱えるリカちゃん

このように、かなり衝撃な展開が続いていますが、それでは続いて263話以降のネタバレ考察について見ていきましょう!

呪術廻戦263話ネタバレ考察予想!

『呪術廻戦』第262話の最後で宿儺に敗北した乙骨が描かれていました。

この場面では乙骨が頭に斬り込みを受け、その後の展開が非常に気になるところです。

ここでは、いくつかの予想や考えられる展開について詳しく解説していきます。

まず、乙骨が頭に斬り込みを受けたことで、脳が損傷した状態であると考えられます。この状態で乙骨がどのように復活するかは、大きな謎の一つです。

しかし、呪術廻戦の世界では、呪力や術式によって奇跡的な回復が可能であることが度々示されています。

そのため、乙骨が何らかの方法で再生する可能性は高いと言えます。

乙骨とリカとの融合

一つの可能性として考えられるのは、リカとの融合です。

リカは乙骨の大好きなであり、乙骨の力の源でもあります。

乙骨がリカと再び繋がることで、リカの力を借りて復活する展開が考えられます。

この場合、乙骨とリカの魂が一体化し、新たな力を得ることができるでしょう。

リカは乙骨にとって非常に大きな存在であり、彼の力の根源でもあります。

したがって、リカとの再会は、乙骨にとって大きな転機となる可能性があります。

乙骨が自身の呪力を最大限に活用して自己修復

次に考えられるのは、乙骨が自身の呪力を最大限に活用して自己修復を行うことです。

乙骨は非常に強力な術師であり、自身の呪力を用いて自己修復を行うことができるかもしれません。

この場合、乙骨は自らの呪力を集中させ、頭部の損傷を修復する術式を発動することで、再び立ち上がることが可能です。

さらに、他のキャラクターが乙骨を救う展開も考えられます。

例えば、仲間である家入や禪院真希などが乙骨のもとに駆けつけ、彼を救うための術式を施す可能性があります。

特に五条悟は非常に強力な術師であり、彼の力を借りることで乙骨が再生することは十分に考えられます。

また、リカが乙骨に入るという超展開も十分に考えられます。

この場合、リカが乙骨の体内に入り込み、彼の力を補完する形で新たな能力を発揮することが予想されます。

リカは乙骨にとって特別な存在であり、その力を共有することで、彼はさらに強力な術師として蘇ることができるでしょう。

このような展開は、読者にとっても大きな驚きと興奮をもたらすものとなるでしょう。

乙骨とリカの夢の融合

さらに、乙骨とリカの夢の融合という展開も考えられます。この場合、乙骨とリカが精神的に一体化し、新たな力を得ることが予想されます。

リカは乙骨にとって非常に大きな影響を与える存在であり、その力を共有することで、彼は新たな境地に達することができるでしょう。

乙骨とリカが一体化することで、新たな能力や術式が発現する可能性も高いです。

このように、『呪術廻戦』第262話の続きについては、さまざまな展開が考えられます。乙骨がどのように復活し、宿儺との戦いにどのように立ち向かうのかは、非常に興味深いテーマです。読者としては、これからの展開を楽しみにしつつ、乙骨の復活と新たな力の発現に期待を寄せることができるでしょう。

最終的には、乙骨の運命がどのように描かれるかは、作者の芥見下々先生の手に委ねられています。

しかし、これまでのストーリーの展開やキャラクターの成長を考えると、乙骨が再び立ち上がり、強力な術師として宿儺に立ち向かう姿が描かれる可能性は非常に高いと言えます。

乙骨の成長と彼の新たな力の発現に期待しつつ、これからの展開を見守っていきましょう。

以上が、『呪術廻戦』第262話の続きについて考えられる展開の一部です。読者としては、乙骨の復活と新たな力の発現に期待を寄せながら、これからのストーリーを楽しみに待つことができるでしょう。

そして今後の展開として考えられるのは、五条悟の体をコントロールしきることができずに、乙骨が暴走することです。

実際に乙骨についてはポテンシャルだけで言うと五条悟と同じか、それ以上のポテンシャルを持っています。

当然六眼をコントロールするのであれば、乙骨以外には考えられません。

しかし、乙骨ですらも、おそらく六眼についてはコントロールはすぐにはできないと考えられます。

乙骨でも六眼の制御ができない理由

というのも、五条悟自身がすぐにコントロールできたわけではありません。

実際に紫についてもすぐに物心ついてコントロールして攻撃できたわけではありませんね。

年齢で言うと20歳以上になってからです。

(正確にいうと28歳です!)

つまり紫の力をコントロールするだけでも、20年以上の時間がかかります。

そうなってくると、乙骨が六眼をコントロールできるのにも限界があります

そして、中途半端な能力では、宿儺には勝てないことから考えてみても、乙骨の力と言うのは暴走していくのではないかと考えられます。

暴走していく内容についても見ていきましょう。

乙骨が無差別に虎杖や東堂までも攻撃

宿儺も含めすべての人物を攻撃してしまう最も可能性として高いのは、宿儺を攻撃するだけではなく、仲間の虎杖や東堂までも攻撃してしまう可能性が最も高いです。

しかし、この暴走を食い止める人物もおそらく今後出てくると考えられます。

もちろん虎杖と東堂も何とか暴走を止めようとすると考えられます。

しかし、膨大な力を持った乙骨を止めれるとは考えられます。

ただし、足止めをすることが得意の人物が1人存在します

そしてその人物はまだ戦える状況である可能性が高いです。

その人物がこちらです。

狗巻棘の登場!

狗巻棘についてはまだ今何をしているのかわかっていません。

そしてその最終決戦で出てきていないことから考えてみても乙骨が暴走したときのために狗巻棘が出てくる可能性が高そうですね。

 

狗巻棘が出てくれば一瞬だけでも暴走を止めることが可能です。

しかし五条悟の体を手に入れた乙骨は制御するには相当な力が必要だと考えられますね。

おそらく相当大きな代償をおうと考えられます。

乙骨の暴走の制御の大きな代償とは?

代償として考えられるのは、もう1本の腕がなくなると言うことや、目が見えなくなるなど、五感が消えるといった大きな代償を伴う可能性はかなりあると考えられます。

そしてその結果を乙骨は絶望するでしょう。

 

しかし、それでも絶望したことによって目が覚めてコントロールしなければいけないと言うふうにさらに重く考え、五条悟の力を狗巻棘のおかげでコントロールが徐々にできるようになっていくのではないかと考えられます。

実際にこのような大きなリスクの下、宿儺と復活した乙骨五条悟が戦うと言うことにしないと、読者としてもなかなか納得ができませんね。

リスクがある上での復活にしないと何でもありの展開が続いてしまいます。

そうならないように、このようなリスクによって乙骨自身が死んでしまうなど大きなデメリットが出てくるのではないかと考えられます。

それでは狗巻棘の腕を切断した犯人が明らかになりました。

これまで謎に包まれていた事件の真相を解き明かすとともに、狗巻棘の現状や今後の展開について考察していきます。

狗巻棘はどこにいる?

2021年28号の週刊少年ジャンプに掲載された呪術廻戦152話で、狗巻棘の腕が切断される描写がありました。

これまでにも、狗巻棘が腕を失う可能性が取りざたされていましたが、今回の描写でその事実が確定しました。

伏魔御廚子に巻き込まれた狗巻棘は片腕をなくしています。

また現在は上層部によって拘束されている可能性が高いと考えられます。

なぜ狗巻棘が拘束されているのか?

その理由は、乙骨を利用するためだと思われます。

乙骨と狗巻棘は同級生であり、乙骨は狗巻棘を利用して虎杖処刑の動機付けをしようとしたとされています。

しかし、乙骨は事前に五条から虎杖のことを聞いており、狗巻棘を救出するために演技をしていたことが明らかになっています。

そして表向きでは、乙骨はしっかりと責務を全うしたので、そのことから考えてみても狗巻棘を救出 することができたのではないかと考えられます!

乙骨五条の登場とその強さ

261話の展開では、羂索の肉体を渡る術式をコピーし、五条悟の死体を乗っ取った最強のキャラクター「乙骨五条」が登場しました。

五条の体をコントロールする乙骨を今後「乙骨五条」と書きますね!

この「乙骨五条」は現代の五条悟と乙骨優太が組み合わさった最強の存在であり、その力は圧倒的です。

しかし、5分後に彼がどうなるのかについては大きな議論が巻き起こっています。

 

術式をコピーする方法には2つあります。

1つは「領域展開」、もう1つは「完全権限」です。

「領域展開」では、術式がランダムに刀に宿り、それを手に取ることでコピーした術式を使用できます。

「完全権限」ではリカちゃんと接続し術式を使用できるだけでなくリカちゃんからの自力供給も可能になります。

しかし、この完全権限には5分というタイムリミットが存在し、時間が過ぎると術式が使用できなくなります。

5分後のシナリオと可能性

「乙骨五条」は完全権限によって術式を使用しており、そのタイムリミットが5分であるため、5分後には術式が使用できなくなり、羂索の肉体を渡る術式も使用不可になります。

このため、「乙骨五条」が解除される可能性があります。

ここで考えられるシナリオは以下の3つです:

  1. 即死:5分経った時点で「乙骨五条」が即死する可能性。
  2. 数分後に死亡:即死は免れるが、数分後に死亡する可能性。
  3. 五条悟の肉体で生き続ける:5分後も五条悟の肉体で生き続ける可能性。

今までの考察では、即死の可能性は低いと考えられていました。

その理由は、五条悟の領域展開後も術式が発動し続けるからです。

しかし、常時発動型の術式があるとすれば話は変わってきます。

たとえば、天元の不死の術式は常時発動型であり、そのおかげで何百年も生き続けることができています。

同じように、「羂索の肉体を渡る術式」も常時発動型である可能性があります。

5分後の暴走の可能性

漫画的にも、「乙骨五条」が5分後に自滅するという展開はつまらないため、肉体が暴走する可能性が高いと考えられます。

実際、過去の渋谷事変では、夏油の肉体が暴走するシーンが描かれました

五条悟の声を聞いた夏油が自分の首を握りしめ、羂索に攻撃しようとしました。

このシーンでは、肉体は魂であり、魂は肉体という概念が描かれていました。

リカちゃんの完全権限時間が切れ、術式が使えなくなったとしても、五条悟の肉体にはその魂が宿っているため、暴走する可能性があります。

5分後、「乙骨五条」が暴走し、周囲に甚大な被害をもたらす展開も十分に考えられます。

このような展開は、呪術廻戦のストーリーにおいて非常に魅力的であり、読者の期待を裏切らないものとなるでしょう。

乙骨が六眼を完璧に使いこなす

五条悟が持つ圧倒的な術式と戦闘経験は一朝一夕で習得できる価値があります。

そのため、乙骨の場合は術式の発動が許可されていることが多いです。

例えば、六眼の使用が 5 分程度で限界に達する、あるいは継続的に使用する際にクールダウンが生じる可能性があります。

こうした制限は、乙骨が五条の力を借りる中で成長し、徐々にその制限を克服していく過程を描くためのドラマティックな要素となります。

 

このようなピンチの場面で、五条の精神が乙骨に対して助言を与える場面が想像されます。

五条が乙骨をサポート!

五条が「死んだら好きにしていいって言ったのに全然使えてないじゃん!」と乙骨に問いかけることで、彼の存在が依然として乙骨を導いていることが示されます。

この瞬間、乙骨は五条によって完全に六眼の能力を得ると予想されます。

五条の精神が乙骨を導くという設定は、乙骨の成長物語において重要な情報を伝達するでしょう。

 

五条のアドバイスや指導を受けることで、乙骨は自身の限界を突破し、より強力な術者へと成長していく可能性があります。

これは、乙骨が自分自身の力を信じ、五条の影響から脱却して独自の術者の道を歩む過程を描く上で非常に効果的です。

乙骨が六眼を使いこなすための過程には、多くの試練や挑戦が待ち受けていると考えられます。

また、乙骨が五条の能力によってコピーされることによって、新たな展開が生まれる可能性があります。

五条の力を持つ乙骨が、他のキャラクターとの対立や協力を通じて、どのように物語を進めていくのか非常に興味深いポイントです。

彼らが敵対する呪術師や呪霊との戦いを通じて、どのように成長し、どのような新たな力を発揮するのかが期待されます。

さらに、乙骨の成長には彼自身の過去や人間関係にも大きく影響を与えるでしょう。

彼の友人や仲間たちとの絆が、彼との戦いに影響を与えるのかもしれない見逃せないポイントです。

五条の教えを受けながらも、自分自身の道を模索する乙骨の姿は、多くの読者に共感を呼ぶことが予想されます。

乙骨が真の術者としての自覚を持ち、独立した存在として成就するための重要なステップとなるでしょう。

五条の支えを受けながらも、自分自身の道を模索し、独自の力を発揮する乙骨の姿は、多くの読者に感動を与えることでしょう。

彼の成長物語は、今後の物語展開において重要な役割を果たすと予想されます。

乙骨は死亡する

そして今後の展開の中で気になるのがやはり乙骨が最終決戦で死亡してしまうのかどうかということについてです。

実際に乙骨が死亡するのかどうかと言うことについてですが、死亡してしまう可能性の方がかなり高いのではないかと予想します。

というのも、実際に乙骨については明らかにリスクを承知の上で五条悟と脳みそを入れ替えていることから、考えてみても生き残る事はかなり難しいと考えられますね。

しかし、乙骨が果たして本当に死亡したのか、それとも何かしらの方法で生き延びたのかについては、様々な観点から考察する必要があるでしょう。

まず、乙骨が五条悟と脳みそを入れ替えたという点ですが、この行動自体が非常に危険であり、リスクが高いことは言うまでもありません。

脳の入れ替えというのは、通常の医療技術では不可能に近いものであり、呪術の力を使っても完全に成功する保証はありません。

したがって、乙骨がこの行動を取った時点で、彼自身が非常に危険な状態にあった可能性が高いです。

さらに、五条悟は呪術界でも最強と称される人物であり、その力を継承するということは、それだけで乙骨にとって大きな負担となるでしょう。

五条の強大な呪力や術式を扱うことができるかどうかは疑問ですし、仮にそれができたとしても、体への負担は計り知れないものがあります。

脳みそ入れ替えの代償

したがって、乙骨が五条の力を完全に受け継ぐことができず、その結果として命を落とす可能性は十分に考えられます

一方で、乙骨が死亡するかどうかについては、まだ確定的な情報がないため、完全に死亡したとは言い切れません。

呪術廻戦の世界では、数々のキャラクターが生死を超越するような能力を持っているため、乙骨が何らかの方法で生き延びる可能性も考えられます。

例えば、乙骨が持つ特異な能力や呪力を利用して、自らの肉体を再生させる、あるいは別の存在として蘇ることができるかもしれません。

乙骨が死亡したと見せかけて実は生きている結末!

また、乙骨が死亡したと見せかけて実は生きているという展開も、呪術廻戦の物語においては十分にあり得るシナリオです。

これまでにも、物語の中で死亡したと思われたキャラクターが実は生存していたという例がいくつか見受けられます。

そのため、乙骨も同様に、何らかの理由で生存している可能性があるのではないかと考えられます。

また乙骨が死亡した場合でも、彼の遺志や力が何らかの形で後世に受け継がれる可能性があります。

呪術廻戦の物語においては、死者の意思や力が残存し、生者に影響を与えるというテーマが度々描かれています。

そのため、乙骨の力や遺志が他のキャラクターに影響を与える形で、物語が進行する可能性もあります。

乙骨の想いが 虎杖に繋がれると言う可能性も高そうですね!

このように、乙骨の死亡については様々な角度から考察することができ、その結果として彼が本当に死亡したのか、あるいは何らかの形で生存しているのかは、一概には言えないのです。

今後の展開によって明らかになる部分も多いでしょうし、読者としてはその行方を見守る必要があります。

いずれにせよ、乙骨の存在が呪術廻戦の物語に与える影響は非常に大きく、彼の生死が物語の今後にどう影響するのかは注目すべきポイントです。

乙骨の行動やその結果についての考察は、これで終わりではありません。

今後も新たな情報や展開が出てくる可能性が高いため、それに応じて再評価や新たな考察が必要となるでしょう。乙骨というキャラクターが持つ謎や魅力は尽きることがなく、それゆえに彼の運命についての議論は今後も続くことでしょう。

読者としては、彼の行動やその結果を見守りつつ、物語の展開を楽しむことが求められるのではないかと考えられます。

虎杖悠仁と東堂の覚醒

そして虎杖悠二と東堂はこれからさらに覚醒していくと考えられます!

実際に現段階ではそこまで彼らの全てを見せていませんね。

虎杖悠二についてはかなりの力を見せていますが、特に東堂に関してはまだ見せていない部分が多くあります。

そのことから考えてみてもこれからさらなる覚醒をして強烈なコンビとなり勝利していくのではないかと考えられます。

実際に2人は入れ替わりの達人でもあることから、考えてみても最強の2人だと言っても過言ではありません。

しかも宿儺が実際に1番やりにくい相手側東堂と言ってます!

このことから考えてみても、おそらく今後東堂がさらなる活性をして最終的に倒していくのではないかと考えられます!

虎杖悠仁が領域展開

もし虎杖悠仁が領域展開を行った場合、彼の掌印は「堅実心合掌」と考えられます。

これは、手のひらを合わせたポーズであり、羂索の「反叉合掌」と形が真逆でありながら、同じ十二合掌の一つです。

このポーズは、宿儺の「閻魔天印」とも形が似ており、さらに伏黒恵の「薬師如来印」とも同じように拝んでいるような姿勢です。

また、脹相の「穿血」や東堂葵の「不義遊戯」と同様に、手のひらを合わせることでその特徴が表れます。

堅実心合掌の意味!

この「堅実心合掌」という掌印には、いくつかの象徴的な意味が含まれている可能性があります。

まず、「堅実心」という言葉が示すように、虎杖の性格や価値観が反映されていると考えられます。彼は常に周囲の人々を守ろうとする堅実な心を持っており、その心の強さが領域展開の形として現れるのではないでしょうか。

また、手のひらを合わせる姿勢は、調和や統一を象徴しているとも言えます。虎杖は、様々な困難や試練に立ち向かいながらも、自分自身の内なる力を信じ続けることで、他者との調和を図ろうとしています。

これは、彼が持つ強い意志や信念を象徴しているとも考えられます。

さらに、この掌印が羂索や宿儺、伏黒の掌印と関連している点も注目すべきです。

羂索の「反叉合掌」は対立を象徴しており、宿儺の「閻魔天印」は裁きを、伏黒の「薬師如来印」は癒しをそれぞれ象徴しています。

これらの掌印と対比することで、虎杖の「堅実心合掌」は、対立や裁き、癒しを超越した新たな境地を示しているのではないでしょうか。

虎杖の領域展開がどのような力を持つかについても、いくつかの予想が立てられます。

彼の領域展開は、おそらく強力な防御力を備えている可能性が高いです。これは、彼の堅実な心や他者を守ろうとする意志が反映されているためです。

また、その防御力は単なる物理的な防御だけでなく、精神的な守護も含んでいるかもしれません。つまり、彼の領域内では、敵の攻撃だけでなく、精神的な攻撃や呪術的な干渉も防ぐことができるのではないでしょうか。

また、虎杖の領域展開は、味方を強化する効果も持っている可能性があります。彼の堅実な心が他者に影響を与え、領域内にいる味方の力を引き出すことで、彼らの能力を最大限に発揮させることができるのではないかと考えられます。

このような効果は、彼の仲間を大切にする姿勢や、常に他者のために戦おうとする彼の性格に基づいていると言えるでしょう。

さらに、虎杖の領域展開が持つ特殊な効果についても考察ができます。

彼の特異な体質や、宿儺との共生という状況を考慮すると、彼の領域展開には独自の呪力操作が含まれている可能性があります。

例えば、彼の領域内では、宿儺の力を部分的に解放することができるかもしれません。

この場合、宿儺の力を制御しつつ、その力を自分や味方のために活用することができるのではないでしょうか。

また、彼の領域展開が他者の呪力を吸収・転換する能力を持っている可能性もあります。

この能力は、敵の攻撃を吸収して自分の力に変えることができるため、防御と攻撃の両方において非常に有効です。さらに、吸収した呪力を味方に分け与えることで、彼の領域内にいる全員が強化されるという効果も考えられます。

このように、虎杖の領域展開「堅実心合掌」は、彼の性格や価値観を反映したものであり、その効果も多岐にわたる可能性があります。

領域展開の具体的な形や効果についてはまだ未知数ですが、彼の成長と共に明らかになっていくことでしょう。

これからの物語の展開において、虎杖の領域展開がどのような形で発揮されるのか、非常に楽しみです。

乙骨五条でも勝ち確定ではない!

まず、乙骨憂太が五条悟に次ぐ特級術師であることは確かです。

彼の才能や実力は疑いようがありませんが、だからといって宿儺との戦いにおいて勝利が確定するわけではありません。

乙骨の力は、外付けのコピー能力によって成り立っています

この能力は非常に強力ですが、リスクも伴います。乙骨のコピー能力には5分という制限があり、この間に勝利を収めなければならないというプレッシャーがかかります。

この5分という制限があるため、乙骨は一瞬の隙も見逃すことができません。

また、乙骨の無量空処が当たれば勝利の可能性が高まりますが、宿儺のような相手に対しては、それすらも確実ではありません。

宿儺はその圧倒的な呪術センスと即席の縛りを駆使して、多くの術師たちを圧倒してきました。彼の戦い方は非常に巧妙で、相手の動きを読み切る能力に長けています。

そのため、乙骨が無量空処を発動させたとしても、宿儺がそれに対応する方法を見つけ出す可能性は高いです。

さらに、領域展開に関しても考慮しなければなりません。

乙骨の領域展開は99秒しか持続しませんが、結界の強度を上げることで持続時間を延ばすこともできるでしょう。しかし、宿儺のような相手に対しては、それでも十分であるとは限りません。宿儺はその圧倒的な実力で乙骨の領域展開を突破する可能性が高いです。

フーガの問題

次に、フーガの問題があります。乙骨が領域展開を使用した後、フーガを凌げるかどうかが大きな問題となります。

フーガは非常に強力な技であり、乙骨がこれを凌ぐことができなければ、戦いは非常に厳しいものとなります。

宿儺は、東堂の不義遊戲に対しても対策を講じるでしょう。

彼の戦術は非常に緻密であり、乙骨がどんなに巧妙に戦おうとも、宿儺の予想外の動きに対応しなければならないのです。

また、術式が焼き切れる問題もあります。フーガを使用した後、乙骨の術式が焼き切れると、彼の戦闘能力は大きく低下します。

長期戦ができない上に、領域展開後とフーガ使用後という過酷な条件の中で、乙骨が宿儺に対して決定打を与えられるかどうかが鍵となります。

この条件下で乙骨が宿儺に勝利するためには、非常に高い戦術と判断力が求められます。

虎杖や東堂のサポート!

さらに、乙骨の戦術だけではなく、周囲の状況や他の術師たちの動きも考慮する必要があります。例えば、他の特級術師や仲間たちがどのように関与するかによって、戦況は大きく変わる可能性があります。

乙骨が単独で宿儺に挑むのではなく、他の術師たちと協力することで、勝利の可能性が高まるかもしれません。

最後に、精神的な要素も無視できません。

乙骨は非常に強い意志と覚悟を持っていますが、宿儺との戦いにおいては、その精神力が試されることになります。

宿儺の圧倒的な存在感と戦闘力に対して、乙骨がどれだけ冷さす。彼が失わず、最適な判断を下すことができれば、勝利の可能性も高まるでしょう。

以上のことから、乙骨憂太が宿儺に勝利する可能性は決して低くはありませんが、確定的ではありません。彼の才能と実力は確かですが、宿儺の圧倒的な実力と戦術に対しては、非常に高いリスクと困難が伴います。

この戦いは、乙骨の成長と戦術の巧妙さ、そして仲間たちとの連携が鍵となるでしょう。宿儺との戦いは非常に厳しいものとなりますが、乙骨がその困難を乗り越え、勝利を収めることができるかどうか、今後の展開に注目が集まります。

乙骨五条の更なる能力!

羂索の術式は非常に特殊であり、その複雑さと多機能性から多くの予測が立てられます。

まず、羂索が脳を入れ替える際にその脳に刻まれる術式が次の肉体にも付属するという点は非常に興味深いです。

これにより、羂索が持つ術式の範囲が非常に広がることになります。

そして、乙骨がコピーした羂索の術式にも同様の性質が付与されている可能性があります。つまり、羂索がこれまでに取得した術式が全て乙骨の脳に刻まれ、乙骨がそれらの術式を自由に使用できるという仮説が成り立ちます。

この仮説に基づけば、乙骨が使用できる術式は非常に多岐にわたります。

具体的には、以下のような術式が考えられます。

  1. コピー術式: 乙骨が元々持っているコピー能力は、非常に強力であり、他者の術式をそのまま複製することができます。これにより、羂索が使用していた多くの術式を乙骨も使用できる可能性があります。
  2. 呪言: 羂索が持っていた呪言の術式も乙骨が使用できる可能性があります。この術式は非常に強力であり、相手に命令を強制することができます。
  3. G戦杖: G戦杖も乙骨が利用できるかもしれません。(インクが満ちると数秒先の相手の未来が視えるようになるというもの。)
  4. 御厨子: 強力な防御術式である御厨子も乙骨が使える術式の一つに含まれる可能性があります。
  5. 外付け術式リカ: 乙骨のもう一つの強力な術式であるリカも、引き続き使用できるでしょう。
  6. 無下限呪術: 五条の術式である無下限呪術も、乙骨がコピーした場合には使用可能になるかもしれません。
  7. 反重力機構: 羂索の術式の一つである反重力機構も乙骨が使用できる可能性があります。

これらの術式が全て使用可能であると仮定すると、乙骨の戦闘能力は飛躍的に向上します。そして、その後の展開として期待されるのは、これらの術式がどのように物語に影響を与えるかということです。

例えば、反重力機構や呪霊操術は敵に対して使われることが多かったため、ネガティブなイメージが強いです。しかし、これらの術式を味方を助けるために使用することで、物語の展開は大きく変わる可能性があります。特に、一億人呪霊を反重力機構で止め、呪霊操術で操ることで、多くの人々が助かるという展開が考えられます。

これは、虎杖の母や夏油が少しでも報われることにつながり、読者にとっても感動的なシーンとなるでしょう。

さらに、正気に戻った伏黒と虎杖が並んで戦う姿は非常にエモーショナルな展開です。御厨子を使って協力し合う姿は、彼らの絆の深さを象徴します。

そして、復活した釘崎が再び戦闘に加わることで、チームの力はさらに強化されるでしょう。

以上のように、乙骨が羂索の術式を完全にコピーし、それを駆使することで物語は大きな転換を迎える可能性があります。この展開は非常に期待が高く、読者にとっても驚きと感動を与えるものとなるでしょう。

東堂の死亡!

今まで最強の人物だった東堂ですが、最後はブラザーである虎杖悠二のために死んでいってしまうのではないかと考えられます。

実際に彼の実力は圧倒的ではありますし、何よりも冷静で頭の賢い人物です。

しかし1つだけ弱点があるとすればそれはブラザーである虎杖悠二のことが大好きなことです。

本当の兄弟だと思っていることから考えてみても、最後の最後に減り、婿になることができずに、自分の兄弟同然の虎杖悠二を優先する可能性が考えられます!

なので、最終的には虎杖悠二のこと守って死んでいってしまうと言う可能性が高いのではないかと予想します!

そして東堂が殺されてしまったことによって、状況はかなり悪化していくのではないかと考えられます。

実際には全体的にかなりマイナスの展開になってしまいますが、それでもその後虎杖悠二が覚醒することによって、最終的には勝利していく展開になっていくのではないかと予想できます!

乙骨五条の死について

第262話で描かれた乙骨優太とリカの描写は、多くの読者に衝撃を与えました。特に、乙骨の遺体を抱えて泣き崩れるリカの姿は、非常に不穏なものでした。

この描写は、乙骨の死が確実であることを示唆しています。

乙骨は、脳を摘出された状態で描かれており、その額には一線の切り込みが入っています。

この描写は、五条悟が反転術式を使用して脳の一部を破壊した際の描写と非常に似ています。

乙骨の死が確実であるとすれば、その理由や背景についても考察が必要です。乙骨がなぜこのような最期を迎えたのか、そしてそれが物語全体にどのような影響を与えるのかを深く掘り下げていきます。

まず、乙骨の死が宿儺の手によるものである可能性が高いです。

宿儺は非常に強力な呪術師であり、その力をもってすれば、乙骨のような強力な呪術師でも簡単に倒すことができるでしょう。

しかし、乙骨の死には単なる戦闘以上の意味があるように思われます。リカが乙骨の遺体を抱きかかえて泣いているという描写からは、彼らの絆や関係性が強調されています。

この描写は、乙骨とリカの物語が今後どのように展開するのかを示唆しているのかもしれません。リカが今後どのような役割を果たすのか、そして乙骨の死が物語全体にどのような影響を与えるのかについて、さらなる考察が必要です。

リカの役割と今後の展開

第262話で描かれたリカの描写は、彼女が今後の物語で重要な役割を果たすことを示唆しています。

リカは、乙骨の遺体を抱きかかえて泣いているだけでなく、何かしらの力を乙骨に供給しているようにも見えます。

これは、リカが乙骨を生き返らせるために何かしらの方法を試みているのではないかという仮説を立てることができます。

リカが乙骨を生き返らせるために使用する可能性があるのは、「賢者の術式」です。

この術式は、自分の術式と乗り移った肉体が持つ術式の両方を保持することができるというもので、非常に強力です。賢者の術式を使用することで、リカは乙骨を生き返らせることができるのかもしれません。

しかし、この仮説が正しいとすれば、リカが乙骨を生き返らせるためには非常に困難なプロセスが必要となるでしょう。また、リカが乙骨を生き返らせるためにどのような犠牲を払うのか、そしてそれが物語全体にどのような影響を与えるのかについても考察が必要です。

さらに、リカが乙骨を生き返らせることができたとしても、乙骨が元の状態に戻るかどうかは不明です。彼が元の状態に戻ることができたとしても、その経験が彼にどのような影響を与えるのか、そしてそれが物語全体にどのように影響するのかについても考察が必要です。

宿儺の勝利と今後の展開

宿儺の勝利が確実視される中で、今後の物語がどのように展開するのかについても考察が必要です。宿儺は非常に強力な呪術師であり、その力をもってすれば、他のキャラクターたちがどのように対抗するのかについても疑問が生じます。

宿儺の勝利が確実であるとすれば、今後の物語は宿儺がどのようにしてその力をさらに強化していくのか、そして他のキャラクターたちがどのようにして宿儺に対抗するのかについて焦点が当てられるでしょう。

まず、宿儺の勝利が確実であるとすれば、他のキャラクターたちはその力に対抗するために新たな手段や方法を見つける必要があります。

 

例えば、他の強力な呪術師たちが協力して宿儺に対抗するための新たな戦術を考案するかもしれません。また、他のキャラクターたちが新たな力や能力を獲得するための訓練や修行を行うことも考えられます。

さらに、宿儺の勝利が確実であるとすれば、物語全体のトーンやテーマが変わる可能性もあります。

宿儺の力が絶対的であるとすれば、他のキャラクターたちがどのようにしてその力に対抗するのか、そしてその過程でどのような成長や変化が見られるのかについても考察が必要です。

最後に、宿儺の勝利が確実であるとすれば、今後の物語がどのように展開するのかについても読者の期待が高まります。

宿儺の力に対抗するために他のキャラクターたちがどのようにして新たな手段や方法を見つけるのか、そしてその過程でどのようなドラマや感動が生まれるのかについても考察が必要です。

特に今後考えられる見解としては、伏黒恵活躍していく展開が考えられます。このままではあまりにもメインキャラクターにもかかわらず、しっかりとした活躍がないまま物語が終わってしまうので、そうならないように今後活躍のする展開が出てくるとすれば、やはり宿儺を自由に動かせないで伏黒恵がコントロールしていく形になっていくのか、もしくは力を抑制させていく展開が1番可能性としては高そうですね。

これからどのように伏黒恵が活躍していくのかと言うところも、楽しみな展開の1つです。

それでは、読者の人たちは、実際に最新話の内容を見て、どのような感想を持っているのか詳しく見ていきます!

実際のネットの反応や視聴者の反応がこちらとなっています!

呪術廻戦最新話263話【ネットの考察・感想】

乙骨の血筋の話ってすごく気になるよね。五条が「僕より血筋は良い」って言ってたから、乙骨が五条を超える可能性もあるんじゃないかな。これは注目する価値がある話だよね。

乙骨の実力を考えると、現在の高専メンバーの中では五条くらいしか、彼と互角に修行できる相手がいないんじゃないかと思うんだ。もし五条が自分の負けを考えていなくても、実力を上げるための名目なら素直に協力してくれるだろうね。それに、五条の体の使い方を学べるなら、一石二鳥だしね。

「君は五条悟だから最強なのか?最強だから五条悟なのか?」って夏油の問いかけ、ここで回収されたりしないかな。乙骨の魂で五条の体を使いこなす姿が見られたら、すごく楽しみだよね。どうなるかワクワクするね。

こちらを見ていただいてもわかる通りネット上でも話題になっているようですね。

実際に今回の内容と言うのはかなり衝撃的な内容で

今まで繰り返し繰り返し同じ展開でしたが、久々に面白い展開になっていきました。

今後どのように結末が迎えられるかが楽しみです。

それでは続いて実際に最新話はいつ公開されるのかについて見ていきましょう。

呪術廻戦最新話263話いつ発売?

結論:7月1日の月曜日に呪術廻戦263話は週刊少年ジャンプで掲載

実際に呪術廻戦の262話が6月10日に掲載されることから、次は6月17日に263話が公開される事と言われていました。

実際に前回は休んでいる事から考えてみても、1週間おきに休むと言う事はまずありません

以上のことから考えてみても、ほぼ間違いなく 263話は6月17日の月曜日に週刊少年ジャンプで掲載されると考えられていました。

しかし、実際には今回作者の人が体調不良と言うこともあり、2週間お休みをもらうことがわかりました。

結果的に2週間お休みをもらって3週間後に連載されると言うことから7月1日までお預けと言う形になりました。

また新しい情報が分かり次第記事を更新していきますね。

 

漫画
ANSER
error: Content is protected !!