本ページはプロモーションが含まれています。

呪術廻戦264話ネタバレ考察!紫の不発と狗巻棘が完全戦闘不能!

呪術廻戦264話ネタバレ考察!紫の不発と狗巻棘が完全戦闘不能! 漫画

「呪術廻戦」第264話rawのネタバレ考察をお届けしますが、みなさんは最近の展開にどう感じていますか?

特に狗巻棘の動向や紫の不発について、さまざまな疑問や不安を抱えているのではないでしょうか。

このような展開が物語にどのような影響を及ぼすのか、深く掘り下げて考察してみましょう。

この記事を読むことで、狗巻棘の今後の展開や紫技の不発がどのようにストーリーに影響するのか、より深く理解することができます。

そして、次の話がどのように進むのか、より一層楽しみに待つことができるようになります。

ファンの皆様が抱く疑問や不安を解消し、一緒に「呪術廻戦」の魅力を再発見していきましょう!

>>>夏油の実写化イケメンは誰【村田凪wiki】身長や年齢・インスタ画像12選!

>>>呪術廻戦262ネタバレ【確定】六眼の制限時間は5分

>>>呪術廻戦263話ネタバレ最新話【確定考察】狗巻棘が乙骨の暴走を止める

呪術廻戦264話ネタバレ考察!乙骨五条が「蒼」を使った理由!

第263話では、乙骨五条が宿儺との戦いの中で「蒼」を使うシーンが描かれました。

この「蒼」とは、無下限呪術の吸い寄せる力をさらに強化したもので、ブラックホールのような強力な吸引力を発生させる技です。

この技の使用と、狗巻棘の声がボイスレコーダーから聞こえてくる場面について、考えられるシナリオを詳しく解説します。

まず、「蒼」を使う理由について考察します。

乙骨五条は戦闘中に時間を稼ぐ必要がありました。

これは「紫」を使うための準備時間を確保するためです。

「紫」は「蒼」と「赫」を組み合わせた技であり、強力ですが、その発動には時間がかかることが知られています。

乙骨五条は宿儺との戦いの中で、「蒼」を使って一時的に宿儺の動きを封じ、その間に「紫」を準備するという作戦を考えていた可能性が高いです。

次に、ボイスレコーダーの使用について考察します。

蒼→狗巻棘の「動くな」→紫

ボイスレコーダーには狗巻棘の「動くな」という言葉が録音されていました。

この言葉は狗巻の呪言であり、聞いた者の動きを強制的に止める力を持ちます。

乙骨五条はこのボイスレコーダーを戦略的に利用した可能性が高いです。

具体的には、ボイスレコーダーを事前に用意し、再生ボタンを押して一定時間後に狗巻の声が再生されるように設定したのではないかと考えられます。

このボイスレコーダーの配置についても考えてみます。

乙骨五条は戦闘開始前に、ボイスレコーダーを宿儺の近くに隠しておく必要がありました。

例えば、戦闘エリア内の目立たない場所に設置し、乙骨五条自身が動きながら宿儺をその位置に誘導するという戦術が考えられます。

再生タイミングについては、乙骨五条が宿儺と接触してから10秒後に狗巻の声が再生されるように計算していた可能性が高いです。

実際に、ボイスレコーダーには「10秒」という表示がされていたと記されています。

戦闘中に乙骨五条が「蒼」を使ったタイミングも重要です。

乙骨五条が「蒼」を発動させることで、宿儺の動きを一瞬止め、その間にボイスレコーダーから狗巻の「動くな」が再生されました。

これにより、宿儺の動きが完全に封じられた可能性があります。

乙骨五条はこの瞬間を利用して、「紫」を放とうとしました。

これは、敵の動きを封じると同時に、自分自身の攻撃の準備を整えるための完璧なタイミングだったと言えます。

この一連の流れから考えると、乙骨五条の戦術は非常に計画的であり、綿密な準備がなされていたことが分かります。

ボイスレコーダーの利用方法や、「蒼」と「紫」の使い分けに関する知識と戦術が見事に融合した結果、宿儺を一時的にでも封じることに成功したと考えられます。

このような戦略は、乙骨五条の知識と経験、そして状況判断能力の高さを物語っていると言えるでしょう。

今後の展開として、乙骨五条が「紫」を発動させた後、宿儺がどのように対処するのか、そしてこの戦術が最終的にどのような結果をもたらすのかが注目されます。

宿儺が完全に封じられる可能性は低いですが、この一瞬の隙を利用して乙骨五条がどのように戦況を有利に進めるのか、引き続き目が離せません。

しかし「紫」は成功しない可能性が高いです・・・

「紫」は成功しない理由

第263話では、乙骨五条が宿儺との戦いで「蒼」を使用し、その後「紫」を放とうとするシーンが描かれました。

しかし、この「紫」は成功せず、宿儺に大きなダメージを与えることができないと予想されます。理由について詳しく解説します。

まず、「紫」という技について考えます。

「紫」は無下限呪術の中でも特に高難易度の術式であり、五条悟が20年以上の歳月をかけて習得したものであることが知られています。

この技は、「蒼」と「赫」という二つの術式を組み合わせたもので、圧倒的な破壊力を持つ反面、その発動には高度な技術と緻密なコントロールが必要です。

乙骨五条は五条悟との一時的な入れ替わりによってこの技を使おうとしましたが、その成功には疑問が残ります。

乙骨五条が「紫」を発動することができないと考える理由の一つは、その技術的な難易度です。

一度の入れ替わり「紫」を習得できるはずがない!

五条悟は20年以上かけて「紫」を習得しましたが、それは単に時間の問題だけでなく、彼の才能と訓練の賜物です。

乙骨五条が一度の入れ替わりでその技術を完全にマスターすることは、極めて困難です。

もし一時的に技をコピーできたとしても、その精度や威力が五条悟と同等であるとは考えにくいでしょう。

さらに、乙骨五条が「紫」を発動できたとしても、その攻撃力や殺傷能力についても疑問が残ります。

五条悟の「紫」は、彼の膨大な呪力と精緻な制御によって初めて成り立つものであり、その破壊力は並外れています。

しかし、乙骨五条が同じレベルの威力を持つ「紫」を放つことができるかどうかは不確実です。五条悟の経験と技術があってこその威力であり、乙骨五条がそれを完全に再現することは難しいと考えられます。

また、宿儺の耐久力と戦闘能力も考慮する必要があります。

乙骨五条で宿儺を倒すことはできない…

宿儺は並の術式では倒すことができないほどの強さを持っており、多少のダメージでは致命傷にはならないでしょう。

乙骨五条が「紫」を放ったとしても、その威力が十分でなければ、宿儺に大きなダメージを与えることはできず、結果的に決定打にはならない可能性が高いです。

このような状況から、乙骨五条が「紫」を発動しようとする試みは、戦術的には理解できるものの、その効果は限定的であると予想されます。

宿儺を倒すには、さらなる工夫や別の戦略が必要になるでしょう。乙骨五条がどのように戦術を展開し、宿儺との戦いを続けるのかが今後の注目点です。

次に、乙骨五条が「紫」を発動しようとした意図について考察します。

乙骨五条は宿儺との戦いにおいて、自分の持てる全ての力を尽くして挑んでいることは明らかです。

「紫」を使うことは、宿儺に対する最後の切り札としての意味を持っています。

しかし、この試みが失敗した場合、乙骨五条は次の一手を考えなければなりません。彼の戦術的な柔軟性と即興的な判断力が試される場面です。

乙骨五条が「紫」を発動し、宿儺に対して効果を発揮できなかった場合、彼の次の戦略は何になるのでしょうか。乙骨五条は多様な術式と高度な戦闘技術を持っているため、他の手段を模索することが考えられます。

例えば、宿儺の弱点を探りながら戦いを続ける、仲間と協力して戦術を練り直す、あるいは時間を稼いで他の有力な術師の援護を待つなどの方法が考えられます。

また、乙骨五条の心情や決意についても触れておきます。彼は五条悟の代わりとして戦う重責を担っており、そのプレッシャーは計り知れません。

五条悟の技を完全に再現することができなかったとしても、彼の戦いは続きます。乙骨五条の強さは単に技術や呪力だけでなく、その精神的な強さや決意にもあります。

彼がどのようにして戦いを続け、宿儺に対抗していくのか、その過程で彼が成長し、新たな力を発揮する可能性も十分に考えられます。

以上の考察から、乙骨五条の「紫」が宿儺に対して効果を発揮しない可能性が高いと予想されます。しかし、それが彼の敗北を意味するわけではありません。

乙骨五条は次の手段を講じ、戦い続けるでしょう。彼の戦術的な柔軟性と精神的な強さが、今後の戦いの鍵となることは間違いありません。宿儺との戦いの行方はまだ未知数ですが、乙骨五条の成長と戦術の進化が期待されるところです。

釘崎の復活!

釘崎が渋谷地変での戦闘後、行方不明になってから数か月が経ちました。その後、彼女の消息についてはほとんど情報がありませんでしたが、最近の展開から、彼女の復活の可能性が高いことが示唆されています。

まず、渋谷地変における釘崎の戦いについて考察します。ジレマヒとの激しい戦闘の中で、釘崎は特殊な術式を使用していました。

この術式は、魂に直接影響を与えることができ、相手の肉体を破壊することなく魂そのものにダメージを与えることが可能でした。しかし、釘崎自身も重傷を負い、特に左目の部分が吹き飛ぶほどの大きなダメージを受けました。

その後、日田によって応急処置が施され、釘崎の傷は一時的に固定されました。

日田の術式によって傷口が固定されることで、釘崎の生命が救われたと言えます。しかし、その後の釘崎の動向については作中で明確に語られておらず、未だに彼女の行方は不明のままです。

次に考察するのは、釘崎の復活に関する可能性です。

 

作者である先生の発言からも、日の術式による処置を受けている段階では、釘崎は既に死亡していた可能性があります。

しかし、このような状態であれば、適切な蘇生処置が施されれば釘崎の復活が可能であるという考え方もあります。

さらに、日の術式がどのように釘崎の傷を処理したのかについても注目すべき点です。釘崎の傷は顔の一部にとどまっており、特に左目が欠損しているため、再生することは容易ではありません。

しかし、反転術式によって他の部分の傷を修復できる可能性があるため、釘崎が復活した際には左目に代わる何らかの補助が必要となるでしょう。

最後に、釘崎が宿儺との戦いに再び参戦する可能性について考察します。

乙骨との戦いで示した実力から、釘崎が復活後に宿儺との直接対決に勝利するシナリオはあり得ると言えます。

彼女の戦闘スタイルと特殊な術式を活かした戦略によって、宿儺との戦いを有利に進めることができるでしょう。

以上の考察から、釘崎の復活は物語にとって重要な展開となることが予想されます。

その過程で反転術式の役割が大きくなることは間違いありません。

読者としては、今後の作品展開に期待が高まるばかりです。

『天元=本物の宿儺』の可能性

『天元=本物の宿儺』の可能性について考察していきたいと思います。

まず、芥見下々先生のファンブックのQAにおいて、宿儺が「見た目も強さも宿儺っぽいから宿儺と呼ばれていた人」という回答がありました。

この点から考えると、現在の宿儺は本物の宿儺ではなく、単なる称号や名前を受け継いだ者である可能性が考えられます。

この場合、本物の宿儺は別に存在し、その正体がまだ明らかにされていないと考えられます。

さらに、宿儺の着物が女性の着物に近いことについても言及されています。日本の伝統的な文化において、着物のデザインやスタイルは男女で異なるため、この点は非常に興味深いです。

宿儺の着物が女性のものに似ているということは、本物の宿儺が女性であった可能性を示唆しています。

この仮説に基づくと、現在の宿儺は本物の宿儺とは異なる性別であるか、または本物の宿儺を模倣しているだけである可能性が高いです。

次に、『天元=本物の宿儺』という仮説について考えてみましょう。

天元は『呪術廻戦』の世界における重要なキャラクターであり、その能力や役割は非常に特殊です。天元は不老不死であり、長い年月を生き続けてきた存在であるため、その過去には多くの秘密が隠されていると考えられます。

もし天元が本物の宿儺であったとしたら、宿儺の力や知識を持つだけでなく、その正体を隠すために長い間別の姿を取っていた可能性が高いです。

また、天元の能力は結界術に関するものであり、非常に強力です。この能力が宿儺の力と関連している可能性も考えられます。

もし天元が本物の宿儺であるならば、宿儺の力を利用して自らの不老不死の状態を維持しつつ、世界のバランスを保つために活動していたのかもしれません。

このような仮説は、天元の行動や目的を説明する一つの手段となるでしょう。

さらに、宿儺と天元の関係についても考察してみます。

宿儺が「見た目も強さも宿儺っぽいから宿儺と呼ばれていた人」であるならば、本物の宿儺である天元は、自らの存在を隠しながら、宿儺の名を継ぐ者たちを観察してきたのではないかと考えられます。

天元は、自らの正体を明かさずに影から世界を見守りつつ、宿儺の名を受け継ぐ者たちに影響を与え続けてきたのかもしれません。

最後に、『呪術廻戦』の物語において、この仮説がどのように展開される可能性があるかについて考えてみます。

もし天元が本物の宿儺であるという仮説が正しいならば、物語の中でその正体が明かされる瞬間は非常にドラマチックであり、読者や視聴者に大きな衝撃を与えることでしょう。

さらに、天元の正体が明かされることで、物語の根幹に関わる重要な謎が解き明かされ、新たな展開が生まれる可能性があります。

以上の考察を基に、『天元=本物の宿儺』の可能性について詳しく解説しました。この仮説は、あくまでも予想や推測の範囲内であり、今後の物語の展開によって明らかになることを楽しみにしています。

それではもう一つの可能性の『宿儺=裏梅』の可能性も見ていきましょう!

『宿儺=裏梅』の可能性

『宿儺=裏梅』の可能性について詳しく考察してみたいと思います。

まず、現在の宿儺が本物の宿儺ではなく、裏梅が本物の宿儺である可能性を考えるために、いくつかのポイントに注目してみます。『呪術廻戦』の物語において、裏梅は宿儺に対して非常に忠誠心を持っているキャラクターとして描かれています。

彼の行動や言動から、宿儺との関係が非常に深いことが伺えます。ここで考えられるのは、裏梅が単なる忠実な部下ではなく、本物の宿儺自身である可能性です。

次に、裏梅の能力について考えてみましょう。

裏梅の能力

裏梅は氷を操る術式を持つ強力な呪術師であり、その力は非常に高いレベルにあります。もし裏梅が本物の宿儺であるならば、この能力は宿儺の一部として彼自身が持つ力の一端である可能性があります。また、裏梅が宿儺の力を保持していることで、現在の宿儺が彼を利用して自らの力を補完していると考えられます。

さらに、裏梅の見た目や性格についても考察してみます。裏梅は非常に冷静で知的な人物として描かれており、宿儺に対しても一歩引いた立場から助言やサポートを行っています。

これは、本物の宿儺が自らの正体を隠しながら、影から現状をコントロールしていると考えると合致します。裏梅が宿儺自身であるならば、自らの存在を隠しつつ、現在の宿儺を通じて目的を達成しようとしているのではないでしょうか。

また、宿儺の「見た目も強さも宿儺っぽいから宿儺と呼ばれていた人」という芥見下々先生のファンブックでの回答も重要な手がかりです。

この回答から、現在の宿儺が本物ではないことが示唆されています。裏梅が本物の宿儺であるならば、現在の宿儺は単なる代理人であり、裏梅が本物の力を持つ者として背後で操っている可能性が高いです。

この仮説に基づくと、裏梅が宿儺の名を隠して活動している理由についても考えられます。

例えば、宿儺としての真の力を秘めておくことで、敵に対する戦略的優位性を保つためや、自らの真の目的を達成するために裏梅という別の姿を利用していると考えられます。

これは、物語の展開上非常に興味深い要素となり、読者にとって大きな驚きとなることでしょう。

最後に、今後の『呪術廻戦』の物語において、この仮説がどのように展開される可能性があるかについて考えてみます。

もし裏梅が本物の宿儺であるという仮説が正しいならば、その正体が明らかになる瞬間は非常に劇的であり、物語の大きな転換点となるでしょう。さらに、裏梅の正体が明かされることで、宿儺の真の目的や彼の過去、そして現在の宿儺との関係が明らかになり、新たな展開が生まれる可能性があります。

以上の考察を基に、『宿儺=裏梅』の可能性について詳しく解説しました。この仮説はあくまでも予想や推測の範囲内であり、今後の物語の展開によって明らかになることを楽しみにしています。

虎杖が宿儺のトドメを刺す

やはり考えられるのは、虎杖が宿儺のトドメを刺すと言う事についてです。

実際乙骨が構様に対して大きなダメージを与えられる事は考えられますが、それでも完全に倒しきる事はできないと予想します。

実際に乙骨の力と言うのはつよいことは間違いありませんが、それでも五条悟とは比べてしまったときにまだまだであることも間違いありません。

五条悟の力を伝えると言うメリットはあるかもしれませんが、大きなデメリットはやはりそれをコントロールしきることが難しいと言うことです。

長い期間をかけたり、何度も練習すれば、もしかするとコントロールすることができる場合もありますが基本的には難しいと予想します。

おそらく現段階での未完成な状態の乙骨では、宿儺を倒す事はできず、ダメージを喰らわせて虎杖と東堂につなげるので、精一杯になっているのではないかと予想します!

虎杖の領域展開

そして今後考えられるのは虎杖も領域展開をしていくのではないかと言う事についてですが、実際に虎杖についても領域展開をする可能性は十分に考えられます。

というのも、虎杖は世界最強歴代最強の宿儺と魂を一緒にしていました。

そのことによって術式の理解度というのが圧倒的に上手になっています。

このことから考えてみてもわかりますが、確実に領域展開なども他とは違う魅力があるのは間違いありません。

なのでおそらく今後領域展開も何もしないで終わると言う事はないと考えられるので、今後領域展開などもできるようになっていくのではないかと考えられます。

現段階でも虎杖については充分つよい能力を持っていますがそれでもすべての能力を出しているようには思えません。

ここから更なる能力を覚醒していくのではないかと予想できます!

そしてそこで気になるのが虎杖の領域展開とは、どのような術式になっているのか、どのような能力になっているのかというところについてです。実際にその能力のポイントについては、どのようなものなのか、考察していくと、以下のような能力になっているのではないかと予想します!

すべての術式を無力化、今までにありそうで、最もなかった術式や能力の1つでもありますが術式や、その世界のありとあらゆる能力と言うものを無効化する力がある可能性も十分に考えられます。

実際にそのような能力があれば、宿儺を十分に倒せると言う可能性も考えられますね。実際に虎杖の場合、黒センを何度も宿儺に当てています。

この世界の中へ狙って出せるような人物というのがいないにもかかわらず、あまりにも狙って出していることから考えてみてもどれだけ虎杖が覚醒しているのかと言うところは理解できますね。

おそらく虎杖自身相当なポテンシャルがあるのももちろんですが、今法に載っていることから考えてみても、この段階で出してくる領域展開と言うのは最強の領域展開を行う可能性も考えられます。

虎杖がそんな最強な領域展開を炸裂していくのかも。楽しみなポイントでもありますね。

呪術廻戦264話の読者の反応

狗巻棘が ここで登場してくるのはテンション上がるな。ただこれだけの相手に相手の動きを止めるような能力を使ってしまうと相当ダメージがでかいと思う。おそらくこの力は2回使えるって言う事はないんじゃないかな?

なんでこんなに この戦いで決着がつくとは思えないんだろう。 絶対これでも倒せないと思うけど、これで倒せない ならもう無理じゃない・・・

乙骨と狗巻棘の コンビは、個人的にはかなり嬉しいけど、ずっと「虎杖」と「東堂」は?ってなってるから ストーリーの内容が頭に入ってこない・・・

このように様々な意見があるようですね。

実際に今回の作品に対してかなり魅力に感じているものの、違和感を感じている人も多いようです。

それでは今回の記事の内容についてもまとめていくと良いな通りとなっています。

呪術廻戦264話はいつ発売日で休載はあるの?

264話は7月22日に発売される可能性が高い

『呪術廻戦』は、週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画で、多くのファンが毎週新しい章を楽しみにしています。現在、多くのファンが気にしているのが、第264話の発売日と休載の有無です。以下に、その詳細について詳しく説明します。

まず、最新の263話は7月15日に発売される予定です。これは通常の連載スケジュールに従ったものであり、この流れが続けば、次の264話は7月22日に発売される可能性が高いです。週刊少年ジャンプは通常、一週間ごとに新しい章を発行しますが、時折休載があります。このため、休載の情報も重要です。

過去の例を振り返ると、時折予告なしに休載が発表されることがあります。

例えば、263話が発売されると思いきや、262話の後半が描かれたこともありました。

このような予期しない休載や特別編の発行は、ファンにとってはサプライズであり、時には待ち遠しいものです。しかし、通常の連載スケジュールに従うと、第264話は7月22日に発売される可能性が高いです。

一方で、もし休載が発表された場合、次の発売日は7月29日になる可能性があります。週刊少年ジャンプは、連載作家の健康や作品のクオリティを保つために、時折休載を挟むことがあります。

特に人気作品である『呪術廻戦』の場合、作者の芥見下々先生が体調を整えるために休むこともあるでしょう。

ファンとしては、休載があったとしても、次の章を楽しみに待つことが大切です。『呪術廻戦』は、その緻密なストーリー展開と魅力的なキャラクターで多くの読者を引きつけています。次の264話では、どのような展開が待っているのか、期待が高まります。

まとめると、現在のところ『呪術廻戦』第264話の発売日は7月22日の月曜日が有力です。

しかし、休載がある場合は、7月29日に連載が再開される可能性があります。ファンとしては、最新情報を週刊少年ジャンプの公式サイトやSNSでチェックしながら、次の展開を楽しみに待ちましょう。

これからも『呪術廻戦』の世界を楽しみながら、作者や編集部が最高の作品を届けてくれることを信じて待ちたいものです。

それでは続いて、実際に今回の記事についてまとめた内容を見ていきましょう。今回の記事のまとめがこちらとなっています。

 

まとめ

  • 乙骨五条が「蒼」を使った理由は、「紫」を発動するための時間稼ぎです。
  • 「蒼」は無下限呪術の強化版で、ブラックホールのような吸引力を持ちます。
  • 狗巻棘の「動くな」という呪言をボイスレコーダーで再生し、宿儺の動きを封じる作戦でした。
  • ボイスレコーダーは事前に宿儺の近くに隠し、戦闘中に再生されるように設定されていたと考えられます。
  • 乙骨五条は「蒼」で宿儺を一瞬止め、その間に「紫」を準備する戦術を立てていた可能性が高いです。

今後どのような展開になっていくのか、本当に楽しみですね。また新しい情報等分かり次第、記事を更新していきます。

>>>夏油の実写化イケメンは誰【村田凪wiki】身長や年齢・インスタ画像12選!

>>>呪術廻戦262ネタバレ【確定】六眼の制限時間は5分

>>>呪術廻戦263話ネタバレ最新話【確定考察】狗巻棘が乙骨の暴走を止める

漫画
ANSER
error: Content is protected !!